Yahoo! JAPAN

ロッチ・中岡 10年彼女への塩対応でイメージ崩壊!?指原も「謝ってよ!」

フジテレビュー!!

ロッチの中岡創一さんが、10年付き合う彼女との私生活を明かしました。

最強女子軍団“トークィーンズ”が待つスタジオに、たった一人の男性ゲストが招かれるトークバラエティ『トークィーンズ』。

5月12日(木)放送は、ロッチの中岡創一さんが登場しました。

スタジオには、指原莉乃さん、いとうあさこさん、アンミカさん、若槻千夏さん、ファーストサマーウイカさん、池田美優さん、生見愛瑠さん、3時のヒロイン(福田麻貴さん、かなでさん)、山﨑夕貴フジテレビアナウンサーが、最強女子軍団“トークィーンズ”として参加。

収録数日前、ロケにて1対1の事前取材を行った福田さんは、10年付き合っている彼女がいるという中岡さんの私生活を深掘り。

ところが、長きにわたる交際ながらも、「“好き”って言えない」「外で手をつながない」「彼女を呼び捨てにできない」など、驚きの事実が次々と発覚。

トークィーンズが余計なお世話ながらも、中岡さんと彼女が、今よりもっと幸せになるための提案をしました。

10年間、1度も「好き」と伝えたことがない

まずは、彼女との運命的な出会いについて。彼女は一般の方で、10年前、いとうさんも同席したという、元ザブングルの松尾陽介さんとの食事会で、同じ店に居合わせたお客さんだったそう。

酔った松尾さんが店に忘れた携帯を取りに戻ったところ、まだ店にいた彼女が一緒に探してくれ、そこから付き合うことになったといいます。「素敵~!」と女性陣が盛り上がるなか、中岡さんも「ええやろ」とご満悦。

ところが、福田さんの取材が進むうち、雲行きが怪しくなっていきます。

バラエティ番組などで見せる優しいイメージと違い、「10年も付き合っているのに“好き”と伝えていない」など、ドライな対応が判明。

「なぜ“好き”と言えないの?」と福田さんが追及すると「恥ずかしい」の一言。「“好き”の気持ちをどう伝えている?」と聞くと「(彼女が)ブランドものが好きなので、買ってあげる」とニヤリ。

この、“愛情表現をまったくしない問題”に、スタジオのトークィーンズもヒートアップしていきます。

「“好き”なんて言わなくても伝わるじゃん!」という中岡さんに、アンミカさんは「言わな伝わらん!」とご立腹。

実際、過去に一度、彼女から「“好き”って言わないよね」と指摘されたことがあるそう。それを聞いた生見さんは、彼女の気持ちになり代わり「言ってよ!」、指原さんは過去に同様のタイプの男性と付き合いさびしい思いをしたそうで、それを思い出し「謝ってよ!」と感情をあらわに。

前列左から)いとうあさこ、中岡創一(ロッチ)、指原莉乃
後列左から)かなで(3時のヒロイン)、池田美優、若槻千夏

さらに、「彼女に甘えることがない」「自ら手をつないだこともない」という中岡さん。

「手をつないで歩く心地よさがわからない」そうで、彼女の方からつないできた場合でも、「“離しどき”を考えてしまう」と、かなりの“こじらせっぷり”。

さらに、年齢を問わず「女性を呼び捨てができない」と明かし、彼女のことは6つ年下にもかかわらず「〇〇姉」と呼んでいるとも明かしました。

10年愛に別れの危機!?

「彼女の前だけでみせる顔はない?」との質問には、「彼女がしゃべりかけても聞いていない…」と、彼女との時間を軽んじているような発言まで。

続けて、「女性とデートスポットに行って楽しいと思ったことがない」「(求めているのは楽しさではなく)一緒に行く達成感だけじゃない?」などと持論を展開。

「彼女を連れて行ったら喜ぶだろうとは思うけど、実際には(そういった場所に男性の)後輩と行っている」と苦笑しました。

中岡創一

大方の予想通り、結婚も切り出せないという中岡さんに「(10年の間に)別れの危機はなかったの?」と聞くと、「コロナ禍でずっと一緒にいたら、価値観の違いから、お互いにしんどくなったときが…」とこれまたネガティブな回答。

それでも、「(コロナ禍で)初めて一緒の家で暮らして嫌なところもあるかもしれないけど、長いこと続けていくと、なくなっていくかもしれないから、今は別れるのはやめようか」と自ら切り出し関係を修復したそう。

最後に、彼女とのこれからについて聞かれると、結婚の可能性はあると認めつつも、「しないかもしれないし、どこかでするかもしない」と中岡節を貫いていました。

【関連記事】

おすすめの記事