Yahoo! JAPAN

GENERATIONS片寄涼太の“王子力”に絶賛の声「ド直球」「心臓にエグい」

ドワンゴジェイピー

GENERATIONS片寄涼太の“王子力”に絶賛の声「ド直球」「心臓にエグい」

GENERATIONS from EXILE TRIBEのABEMAで放送中のレギュラー番組『GENERATIONS高校TV』の特別編『リモート生放送SP!GENEがあなたの願い叶えます★』が、9月6日に放送された。

リモート生放送が先週に引き続き2回目となる今回は、GENERATIONSのメンバーが「夏祭り彼氏代行メッセージ」に全力で挑戦。自粛生活が続き、この夏に恋ができなかった人のために、メンバーたちが事前に募集していた「好きな人から言って欲しい胸キュンワード」を彼氏になりきってお届けした。


“花火を楽しんでいるカップル”という設定の中、それぞれクジ引きで引いた胸キュンワードを披露することになると、1番手の小森隼は「やっぱ2人で花火するのって楽しいね…」とカメラに優しい微笑みを向ける。その後、上空を見つめ「あ、流れ星!」と子供の様にはしゃぐと、次の瞬間、再度カメラ目線になり「僕の星み~つけた!」ととびきりの笑顔を炸裂。視聴者は「可愛すぎる!」「きゅんした!」「ずっきゅん…」と絶賛の声を上げました。



続いて、白濱亜嵐が、番組ではお馴染みとなった名物キャラクターの“YouTuberあらっぴー”に扮し胸キュンセリフを披露するものの、途中でセリフを噛んでしまい不完全燃焼に…。その後、佐野玲於から「亜嵐くん、自分の需要をわかってないですね(笑)」と愛あるダメ出しが入ると、数原龍友からも「ガッカリしてるファンの子いっぱいおると思う」と諭され、反省した様子の白濱は「芸能界入るところからやり直さなきゃな…」と返答し、メンバーから笑いを誘った。こうした中で、いよいよ大本命の片寄涼太の番になると、花火終了後という設定の片寄は「花火終わっちゃったね…。一気に暗くなって…」と切ない表情を見せながら徐々にカメラに近付いていき、満面の微笑みで「ねぇ…キスしよっか♡」を投下。さすがの王子力を見せつけ、視聴者からは「さすが王子!」「ド直球」「心臓にエグい」と絶賛の声が寄せられた。


続いて、メンバーがそれぞれ自信のあるコスプレに生着替えする企画「コスジェネ」では、小森が大人気YouTuberのヒカキンさん、数原がGENERATIONS『DREAMERS』のMVからメンディーマン、佐野がX JAPANのToshl、メンディーがお笑い芸人のワタリ119に変身する中、片寄は以前番組で披露したことのある、韓国ドラマ『梨泰院クラス』の主人公パク・セロイに扮して登場。そして、ドラマさながらの口調で「チョヌン、ヨセ・セロイ イムニダ(私はヨセ・セロイです)」と自己紹介すると、変わらぬクオリティーの高さにメンバーからは笑いが巻き起った。また、再度パク・セロイを披露した経緯について説明すると、「ありがたいことに結構反響が凄くて…。幅広く色んな方から、『あれ面白かった』ってお声を頂きました!」と前回の反響を語った。

続いて、中務裕太が音楽プロデューサーのJ.Y.Parkに扮して登場すると、意表をついた姿にメンバーは大爆笑。さらに、「世界的プロデューサーのY.T.Parkです。世界に通用するガールズグループを作りたいと思ってます」とアレンジを効かせたセリフを披露した中務に、視聴者からは「ユウタパークww」「似てるし、じわる…」「レベル高い最高ww」「くっそおもろいw」と絶賛の声が寄せられました。



また、最後に、アニメやミュージカルで大人気となっている『刀剣乱舞』の人気キャラクター“三日月宗近”に扮した白濱が登場すると、服装のみならず髪型や武器まで完全に再現されたレベル違いのコスプレ姿に、メンバーからは「ガチやん!」「すげぇな…」と驚愕の声が上がっていた。

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 細川直美、油断して“失敗”してしまった弁当「そんな日もあるさ~~」

    アメーバニュース
  2. 人気でもう完売間近!! 吉野家の「黒毛和牛すき鍋膳」、気になる人は超急いで。

    東京バーゲンマニア
  3. 『亜人』三浦追儺×『ボックス!』大羽隆廣による狂気のグロ死(デス)ゲーム漫画「天空侵犯」 Netflixでアニメ化決定

    SPICE
  4. 筋肉ラブ芸人が「最強の栄養食」と愛食する食べ物とは?

    特選街web
  5. 待ってました!セブンに「ザッハトルテ」が再登場 「あんずジャムと濃厚チョコが激ウマ」

    東京バーゲンマニア
  6. 森七菜「恋あた」のベタな手法に賛否 来年は恋愛ドラマブームの再燃なるか?

    日刊ゲンダイDIGITAL
  7. 森七菜「恋あた」でラブコメ新女王の有力候補に “井上真央似”も追い風

    日刊ゲンダイDIGITAL
  8. 伝説のジャズ喫茶「ベイシー」に迫ったドキュメンタリー 日本ならではの文化を映し出す

    日刊ゲンダイDIGITAL
  9. 昭和の芸能人は震え上がった…「トップ屋」と呼ばれたフリー記者の存在【芸能記者稼業 血風録】

    日刊ゲンダイDIGITAL
  10. 田中みな実“低身長”発言が物議…153cmは女優の武器になるの?

    日刊ゲンダイDIGITAL