Yahoo! JAPAN

空き家活用など要望 商議所南部支部が区に〈横浜市南区〉

タウンニュース

松山区長(中央左)と富井孝副区長(左)に要望書を手渡す笠原支部長(中央右)、斎藤副支部長

横浜商工会議所南部支部の笠原節夫支部長(株式会社八千代ポートリー)と斎藤隆正副支部長(共同写真株式会社)が10月7日、南区役所を訪れ、市政に関する要望書を松山弘子区長に手渡した。要望活動は地元の意向を市の来年度予算策定に反映させようと毎年行っているもの。

提出した要望は▽高齢化および人口密集地域に対応した住環境整備および防災対策の強化▽ヒートアイランドに対応した緑化拡充▽回遊性のある大岡川プロムナードの再整備の一層の促進▽商店街の再整備(空き家・空き店舗の活用等)・活性化への一層の支援▽区内観光資源を活用した国内外観光客の誘致支援――の5項目。

商議所は商店街活性化へ向けて弘明寺商店街をモデルにしており、笠原支部長は「支部と商店街が連携して何ができるかを探りたい」と取り組みを進める意向を示した。

【関連記事】

おすすめの記事