Yahoo! JAPAN

御前崎沖タイラバ&SLJゲームでマダイ・アマダイ・ハタ【静岡・波丸】

TSURINEWS

御前崎沖で釣れたアカハタ(提供:週刊つりニュース中部版編集部・五井貴矢)

魚種、魚影が豊富な御前崎沖は、タイラバやSLJがおもしろいフィールドだ。8月18日、静岡県御前崎港の波丸に乗り、夏のライトゲームの様子を取材した。

御前崎沖でタイラバ&SLJ

午前5時過ぎ、波丸に乗り、御前崎港を出港。当日は東京の藤川さんらのチャーターで、藤川忍さんと息子の莉輝君、そして莉輝君の友人らで、タイラバ&SLJでライトに遊ぶ予定だ。

午前6時にサオ入れ開始。最初に入ったのは水深50mのポイント。各自、120gのタイラバで攻めると、開始直後から右舷後部の橋本君が30cm級のビッグなアヤメカサゴをゲット。

40cm級マダイをゲット

さらに、続いて藤川莉輝君に、良いアタリ。やり取り中にサオをたたく仕草から、「もしや?」と思っていると、海面に現れたのは40cm級のマダイ。いきなり主役のお出ましだ。

大本命のマダイをキャッチ(提供:週刊つりニュース中部版 編集部・五井貴矢)

このあと、カサゴなどを追加して、船は少し深場に移動。潮がゆるいため、タイラバのウェイトはそのままで釣りを再開した。

高級魚アマダイ50cm浮上!

ここでも開始早々にアタリ。ヒットを得たのは右舷前部の山崎君で、50cm近い大きなアマダイをキャッチした。

ビッグなアマダイ(提供:週刊つりニュース中部版 編集部・五井貴矢)

しかし、深場はあまり食いが良くないようで、船長は早めに見切りをつけ、ぐっと岸よりの30m以浅のポイントに向かった。

オオモンハタ50cm級が登場

引き続き、タイラバで攻めていると、開口一番に良型のアヤメカサゴを上げた橋本君に、当日一番の大物がヒット。時折スプールを逆転させつつ浮上したのは、50cm近い見事なオオモンハタ。ロックフィッシュハンター憧れのナイスフィッシュだ。

オオモンハタをゲット!(提供:週刊つりニュース中部版 編集部・五井貴矢)

良型アカハタが顔見せ

このあとも、型の良いアカハタが立て続けに上がった。なかでも、山崎君、藤川莉輝君は、獅子奮迅の釣りっぷりで、二人ともタイラバは初めてなのだが、センス抜群でヒットを連発している。

大人チームも良型アカハタ(提供:週刊つりニュース中部版 編集部・五井貴矢)

エサラバで連発劇

一方で、なかなかヒットを得られない子たちもおり、苦戦していた。

ここで、船から秘密兵器が支給される。それは、新鮮なカツオのハラモ。伊村船長が、ツテでゲットしてきたものなのだが、刺身でいけそうなほど新鮮そのもので、脂の乗りも抜群。魚にあげるくらいなら、私がつまみたいほどだ。

このハラモを幅1.5cm、長さ15cmほどに切り、釣果の振るわない子たちのタイラバにセットする。いわゆるエサラバ作戦だ。はたしてその効果はいかに。

すると、待つ間もなく各メンバーのロッドにアタリが来て、立派なサイズのアカハタやアヤメカサゴの連発となった。

アヤメカサゴもでかいっ!(提供:週刊つりニュース中部版 編集部・五井貴矢)

潮も風も止まってしまい、なかなか厳しい条件だったが、秘密兵器のおかげでメンバー全員多くの魚の引きを味わい、沖上りを迎えることができた。

秋がハイシーズン

さて、今回のんびりペースで楽しんだ御前崎沖のライトゲームだが、これから秋にかけてハイシーズンを迎える。定番のマダイや各種ハタ類、シオのほか、メイチダイやクエの若魚(2~4kg)など当地ならではの魚が楽しませてくれる。

タイラバとSLJの両タックルを持ちこみ、対象魚に合わせて楽しむこともできるので、ぜひチャレンジしてみよう。

思い出のスナップ(提供:週刊つりニュース中部版 編集部・五井貴矢)

<週刊つりニュース中部版 五井貴矢/TSURINEWS編>

この記事は『週刊つりニュース中部版』2020年9月11日号に掲載された記事を再編集したものになります。

The post御前崎沖タイラバ&SLJゲームでマダイ・アマダイ・ハタ【静岡・波丸】first appeared onTSURINEWS.

【関連記事】

おすすめの記事