Yahoo! JAPAN

さまぁ~ず大竹、連続ドラマ初主演に苦悩 現場で「誰とも仲良くなれない」

Techinsight

NGは「200回ぐらい出してる」と大竹一樹

さまぁ~ず・大竹一樹が主演ドラマ『よだれもん家族』(テレビ東京系、4月10日スタート)の舞台裏をラジオ番組で明かした。お笑い芸人だけに本来ならばギャグで撮影現場を和ませたいところだが、ドラマ初主演ということもあって勝手が違ったようである。ジョークを飛ばすどころか自己嫌悪に陥ってしまい、キャストとおしゃべりする余裕さえなかったという。

『よだれもん家族』は団地に住む「お取り寄せ」が大好きな家族・間野家を描いたコメディーで、父親・間野啓太役を大竹一樹、母親・絵理子役を宮澤エマ、娘・そら役を長谷川百々花、居候している絵理子の兄・久慈元役を松尾諭が演じる。初回スタートの前日、9日放送の『さまぁ~ずのさまラジ』(ニッポン放送)で大竹が「大変です。慣れないね」と心境を話した。

これまで『和田アキ子殺人事件』(TBS系、2007年2月)や『さまぁ~ずハウス』(Amazon Prime、2018年3月)などで演じてきたが、相方の三村マサカズの方がセリフを覚えられず大竹がそれをいじる立場にあった。しかし『よだれもん家族』では俳優たちがNGを出さないのに、大竹は緊張してしまい「この時点で200回ぐらい出してる」という。自信喪失してしまったようで「プロの役者の本物の世界に入ったら、俺が三村さんになっちゃった」とたとえていた。

申し訳ないという気持ちが強くなり、「誰とも仲良くなれない」と悩みを明かした大竹。本当は談笑したいのに、心の中で「セリフも覚えてないくせに、台本見とけバカヤロウ」と自分を責めてしまい周りと打ち解けきれないそうだ。ただ「お取り寄せ」がテーマなので食べるシーンが多いのには救われているらしい。「食べるのはおいしい。セリフがないから生き生きしてる」と希望の光を見出していた。

アイドルグループの総合プロデュースで知られる秋元康が企画・原案・監修を手掛けるだけに若者言葉も飛び出し、大竹演じる父親・間野啓太は今どきの若者文化に詳しいという役どころだ。 2クールの長丁場なので、キャラクターを通じていずれ共演者と仲良くなれることを期待したい。

画像2、3枚目は『よだれもん家族【テレビ東京】 2022年4月4日付Instagram「#よだれもん家族」、2022年3月16日付Instagram「企画・原案・監修 秋元康が仕掛けるお取り寄せホームドラマ「よだれもん家族」が放送決定」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)

【関連記事】

おすすめの記事