Yahoo! JAPAN

「ずっと自分より上手でした」現在は美容師の兄からも声援を受けるロッテ3年目の快足外野手とは?【ラブすぽ独占インタビュー】

ラブすぽ

「ずっと自分より上手でした」現在は美容師の兄からも声援を受けるロッテ3年目の快足外野手とは?【ラブすぽ独占インタビュー】

盗塁数は現在リーグトップ

野球の魅力の一つに「盗塁」がある。ひとたび出塁すると常に次の塁を狙い続け、相手投手への大きな脅威となる。今季パ・リーグの盗塁王争いでトップに立つのが髙部瑛斗。千葉ロッテマリーンズ3年目の外野手だ。

昨シーズンまでは1軍試合出場は2年間で38試合にとどまっていたが、今シーズンは6月21日時点で全試合にスタメン出場。盗塁数22個は2位の16個を大きく上回り、千葉ロッテマリーンズからは昨シーズンの荻野貴司、和田康士朗に続く盗塁王の最右翼だ。打率の.268もパ・リーグ全体で9位。千葉ロッテマリーンズ内では堂々のチームトップだ。

1歳年上の実兄の応援ツイートも話題の髙部瑛斗。美容師をしている兄とは仲が良く、髪も切ってもらっている。そんな兄は「ずっと自分より上手で、今も野球を好きでいてくれている」そうだ。

最後に、もしオールスターに選出されたら、全力で頑張りたいと語る。一日一日、少しでも良いものを見せたい。そう思っているのだ。

【ラブすぽ】髙部瑛斗選手独占インタビュー
協力:千葉ロッテマリーンズ
22年6月9日実施 インタビュアー=花田雪

【関連記事】

おすすめの記事