Yahoo! JAPAN

TechnicsプレミアムクラスのネットワークCDレシーバー「SA-C600」とブックシェルフ「SB-C600」

価格.comマガジン

TechnicsプレミアムクラスのネットワークCDレシーバー「SA-C600」とブックシェルフ「SB-C600」

パナソニックが展開するTechnics(テクニクス)ブランドから、Hi-Fiオーディオ新モデル「C600」シリーズが発表された。ラインアップは、ネットワークCDレシーバー「SA-C600」と、ブックシェルフスピーカー「SB-C600」(2本ペア)。いずれも、同ブランドのエントリークラスにあたる“プレミアムクラス”で展開される。発売日は2月25日で、価格はそれぞれ11万円だ。

Technics「C600」シリーズ

「SA-C600」は、フルデジタルアンプ「JENO Engine」を搭載した高さ85mmの薄型コンパクトなボディ一体型オーディオ。USBデジタル入力(前面Type A×1、背面Type B×1)、同軸デジタル入力、光デジタル入力(角形)、ライン入力、フォノ入力に加え、Bluetooth、有線/無線LANを備え、これ1台でPCやUSBメモリーからのハイレゾ音源再生、CD再生、ラジオ再生、ネットワーク経由のストリーミング再生、スマートフォンなどからのBluetooth再生など、さまざまな音楽ソースに幅広く楽しめるのが特徴だ。スピーカー出力は60W×2chで、サブウーハー出力、ヘッドホン出力も備えている。

ネットワークCDレシーバー「SA-C600」。フロントには、ヘッドホン出力、USBデジタル入力(Type A)を備える

ネットワーク機能は、AirPlay 2、chromecast built in、Spotify Connect、Deezer、Amazon Music、インターネットラジオなどに対応。なお、ネットワーク経由の再生はCDクオリティまでとなっており、ハイレゾ再生には非対応となっている。Bluetoothは、SBCコーデックとAACコーデックをサポート。MQAのデコーダー機能も搭載しており、音楽配信サービスからダウンロードしたMQAファイルはもちろん、天面に搭載されたCDプレーヤーを使ったMQA-CD再生も可能となっている。

デジタル・アナログ含めて多彩な入出力端子を搭載。有線LAN/無線LANを使ったネットワーク機能、Bluetooth受信機能なども備えており、これ1台でさまざまなソースの音源を楽しめる
CDプレーヤーは天面に搭載。MQA-CDの再生にも対応
「SA-C600」の付属リモコン

音質面では、クロック精度を高めるためにクロック回路専用のローノイズ電源を採用するなど、フルデジタルアンプ「JENO Engine」のパフォーマンスを最大化する方向性で回路設計を最適化。デジタル音源の高解像度な音だけでなく、アナログ音源のやわらかな質感まで豊かに再現できるという。また、専用アプリ「Technics Audio Center」経由で、スピーカーの位置に合わせて最適な音質に調整できる「Space Tune」も利用可能。iOSデバイス版では、スマートフォンの内蔵マイクを使った周波数特性の測定・補正も利用することができる。

専用アプリ経由で自動音場調整機能「Space Tune」も利用できる。4種類のプリセットから選択できるほか、iOSデバイスと連携すれば、マイクを使った測定・補正も可能となっている

「SB-C600」は、15cmコーン型ウーハーと2.5cmドーム型ツイーターを組み合わせた同軸2ウェイスピーカーユニットを搭載するブックシェルフスピーカー。スピーカーユニットをマウントバッフルに重心位置で固定し、必要な音だけを正確に再生する「重心マウント構造」をブックシェルフ型として初めて採用したモデルとなる。昨年9月に発表された「SB-G90M2」同様、新開発の同軸2ウェイドライバー「Advanced Phase Precision Driver」を搭載し、明瞭な音像定位と広大なサウンドステージを実現するとともに、流体解析に基づく新設計のフロントポート「Smooth Flow Port」を搭載することで、レスポンスにすぐれた低域再生を実現するという。

ブックシェルフスピーカー「SB-C600」
同軸2ウェイドライバー「Advanced Phase Precision Driver」。ツイーター先端部にツイーター部には高域の位相特性を整える真ちゅう製の「Linear Phase Plug」を搭載
スピーカーユニットをマウントバッフルに重心位置で固定する「重心マウント構造」をブックシェルフ型として初めて採用
フレア形状のポートと内部フィンで風切り音対策を施した新設計のフロントポート「Smooth Flow Port」を採用

なお、今回発表された「SA-C600」と「SB-C600」を組み合わせることで、コンパクトなオーディオシステムが構築できるようになっている。今後、本格的なサウンドを楽しめるコンパクトなオーディオ入門セットとして展開していくそうだ。

「C600」シリーズは、本格的なサウンドを楽しめるコンパクトなオーディオ入門セットとして展開

【関連記事】

おすすめの記事