Yahoo! JAPAN

ドイツで公共交通機関が「月1,200円で乗り放題」に エネルギー削減対策

ELEMINIST

ドイツで、2022年の夏休みは月額9ユーロ(約1,200円)で公共交通機関が乗り放題になる。これは、ドイツ政府がエネルギー削減対策の一環として実施するもので、人々に公共交通機関の利用を促進する狙いがある。

公共交通機関の利用を促進

Norbert Braun on Unsplash

ドイツでは、2022年6月から8月の夏休み期間、公共交通機関が乗り放題になる。料金は月額9ユーロ(約1200円)という破格だ。

これは、ウクライナ危機による燃料価格高騰を受けたエネルギー削減対策の一環で、ドイツ連邦議会で承認されたものだ。これを機会に、ふだんは自動車を使う人も含め、人々に公共交通機関の利用を促す狙いがある。政府はこの施策に25億ユーロ(約3400億円)の予算を投じる。

対象となるのは、ドイツ全土の鉄道、地下鉄、バスなど。都市間をむすぶ高速鉄道(ICE)は対象外だが、ローカル線を乗り継げばドイツ全土をめぐることも可能だという。この乗り放題チケットは、ドイツ国民はもちろん、観光客も利用できる。

鉄道・バスの魅力を再認識するきっかけに

ドイツ政府による大胆なエネルギー対策は、早速世界中で注目を集めている。

ただ、旅行や帰省など人々が移動する夏休み期間に設定されたことで、期間中は「鉄道などがどこも混雑するのでは」と懸念する声が上がっていることも事実だ。

乗り放題が終了する2022年9月以降は、通常の料金体系に戻るとみられ、しかもエネルギー価格上昇により運賃が上がることも考えられる。そのため、今回の施策を気候変動対策と結びつけることはできないかもしれない。

しかし環境への負荷が大きい自動車ではなく、公共交通機関の選択肢をあらためて人々に提供するいいきっかけになることは間違いないだろう。気候変動対策など、国が主導するこのような大規模な取り組みが、今後も各国で進められていくことが大切になっていくのではないだろうか。

※参考
You can get unlimited summer travel for $9.50 a month in this European country|CNN

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 7戦連続0封で2軍防御率0.00!疲労の色見える阪神投手陣の救世主として矢野監督が1軍復帰期待する左腕とは!?

    ラブすぽ
  2. プラスチックごみが環境に及ぼす影響/インターナショナル教育とSDGs 第5回

    ソトコトオンライン
  3. 【便利な夏の新アイテム】真夏でも最高の快適を…装着したまま心地よい風を浴びれる新感覚首掛け扇風機

    ソトコトオンライン
  4. 【Excel】選択範囲に合わせて見切れている範囲も表示させる方法

    特選街web
  5. 前島亜美、MCを務めるポッドキャスト番組 第2弾配信スタート!

    Pop’n’Roll
  6. HKT48、<阿蘇フェスティバケーション>出演決定! 田中美久「地元・熊本でのイベントに出演できてとっても嬉しい」

    Pop’n’Roll
  7. 沖縄のおすすめのパフェ店6選 地元民も観光客も通う人気店

    まっぷるトラベルガイド
  8. 自然派ワインに合わせてしっかり食事ができるワインバー《福岡市中央区》

    UMAGA
  9. 紺野まひる、山崎静代(南海キャンディーズ)らジュニアファイブ新作公演『白が染まる』メインビジュアル&作演出・小野健太郎のコメントが公開

    SPICE
  10. 懐かしさを感じる美味しさ!中洲のど真ん中にある「精肉店のコロッケ」

    UMAGA