Yahoo! JAPAN

犬の寿命を縮めてしまう『絶対NG行為』4選

わんちゃんホンポ

犬の寿命を縮めてしまう絶対NG行為1:多くのストレスを与えてしまっている

犬の寿命を縮めてしまう絶対NG行為としてまず紹介するのが「多くのストレスを与えてしまっている」です。

犬にとってもストレスは健康的に生きていく上で天敵となり、多く受けることにより寿命に影響することもあります。そのためストレスをなるべく与えない環境作りが大切です。

愛犬のストレスを発散させる方法としてまずあげられるのは、運動です。性格によっては日常的にストレスを感じやすい個体もいるため、散歩に行く習慣や一緒に遊ぶことによってストレス発散を心がけましょう。

犬の寿命を縮めてしまう絶対NG行為2:体調管理を怠る

次に紹介する犬の寿命を縮めてしまう絶対NG行為は「体調管理を怠る」です。

あからさまに体調が悪い時はもちろんのこと、体調不良が軽度のうちに気付いてなるべく早く対応することが大切です。

初期症状が少なく緩やかに進行していく疾患では早期発見が要となることも多く、たとえ突発的に起きた症状であっても早期に処置を受けることで身体への負担を減らすことができます。日常的に様子を見ることや、定期的な健康診断を受けることにより、体調の異変にいち早く気付けるよう心がけましょう。

犬の寿命を縮めてしまう絶対NG行為3:適切な食事を与えていない

また、「適切な食事を与えていない」も犬の寿命を縮めてしまう絶対NG行為の一つです。

人間でも同じことが言えますが、脂っこいものや穀物が多く含まれているものよりも、タンパク質やミネラルが多く含まれているものを与えた方が健康には良いとされています。

フードを選ぶ際も、犬の身体には不必要である着色料などの添加物が多く含まれているものはなるべく避けることをおすすめします。

犬の寿命を縮めてしまう絶対NG行為4:暮らしている環境が悪い

最後に紹介する犬の寿命を縮めてしまう絶対NG行為は「暮らしている環境が悪い」です。

生活する環境が不衛生である場合、ホコリやカビなどが愛犬の身体に悪影響を与えてしまうことがあります。

そのため、家の中でも特に愛犬が居る場所は掃除を怠らないようにしてください。人間であればいざ掃除しようと思えば自分で自分の生活空間を綺麗にすることが出来ますが、愛犬にはそれが出来ませんし、自分で掃除をしようとしても限界があるからです。

まとめ

このように飼い主さんの不注意や日常の習慣といった身近なことで愛犬の寿命を縮めてしまうということが分かりました。

ワンちゃんは話すことが出来ないので自分から不満を伝えることが中々出来ません。

また、これらの行為が習慣になっているとワンちゃん自身もそれが当たり前だと思ってしまい、気づかないうちに害を受け本来は長く生きる可能性があったとしても寿命が短くなってしまうこともあるかもしれません。

ワンちゃんたちは飼い主さんが提供した環境の中で生きていきます。自分で選ぶことができません。

私たちが準備できる最大限の環境を提供し、のびのびと健康的な日々を過ごせるようにしてあげるとワンちゃんも長い間楽しい時間を過ごせるのではないでしょうか。


(獣医師監修:平松育子)

【関連記事】

おすすめの記事