Yahoo! JAPAN

横浜港 海中ソーラー 実証実験へ 神大と市が連携〈横浜市中区・横浜市西区〉

タウンニュース

海中ソーラー発電システムを前に話し合う由井教授(写真右)と学生

海の中に沈めたソーラーパネルによる太陽光発電システムの実用化を目指し、横浜港で実証実験が検討されている。

神奈川大学の由井明紀教授と学生らが実用化に取り組んでいる。ソーラーパネルは地上に設置するのと比べて広大な土地を必要とせず、海水による冷却効果で発電効率も高いなどメリットが多いという。昨年12月に同大と横浜市で海中ソーラー発電システムを含む臨海部での研究などに関する協定を締結した。

由井教授は、以前勤めていた防衛大学校が所有する海上訓練場=横須賀市=で行った実験では、フレームで補強したソーラーパネルを水面から数cm〜数十cmの深さに沈めて設置。乱反射や水質の影響を受けたとしても海水で冷却されるメリットは大きく、地上と比べて高い発電効率が得られた。

「いつか世界の海で」

横浜市との協定により、今後は横浜港内の一角で実証実験を行う。2m四方の発電設備を用いて地上や海上、海中の深度など設置条件による比較や気温、海水の濁度が及ぼす影響などを調べる。市内臨海部の脱炭素化に向け、海中ソーラーで発電した電力を使った停泊船舶への電源供給なども検討していく。

由井教授は「世界中が再生可能エネルギーに注目する中で、今後柱となるのはソーラー発電。地上では設置場所が限られる中で、海に注目していくのは自然な方向ではないかと思う」と話す。

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 陸上競技で好記録をだす色ってどんな色?【決定版 色彩心理図鑑】

    ラブすぽ
  2. 【五泉市】『ごせん桜フェイスソープ』は五泉市の八重桜を贅沢に使用した優しい手作り石鹸です

    日刊にいがたWEBタウン情報
  3. ソファでリラックスするワンコがどう見ても裏社会のボスにしか見えない

    おたくま経済新聞
  4. とっておきの時間を!クルージングをしながら優雅にティータイム コンチェルト「船上のアフタヌーンティーセット」夏メニュー 神戸市中央区

    Kiss PRESS
  5. <稼ぐ方がエラい>「協力して」「お前だけが楽になって不公平」#ダメパパ図鑑99人目【まんが】

    ママスタセレクト
  6. 片岡鶴太郎、次男・荻野綱久との親子ショットを公開「カッコいい」「とっても素敵」の声

    Ameba News
  7. 冨岡健翔(ジャニーズJr.)主演 ジェットラグプロデュース『通りすがりのYouTuber』開幕(コメントあり)

    SPICE
  8. 北斗晶、長男の妻・門倉凛と買い物へ「娘が欲しいと思ってた」

    Ameba News
  9. 研ナオコ、焼き鳥を堪能する姿を公開「豪快な食べっぷり」「最高のショット」の声

    Ameba News
  10. アレク、子ども達との入浴ショットを公開「まじで疲れた」

    Ameba News