Yahoo! JAPAN

【大里公園/門司区】迫力満点の大型遊具が多数! すべり台&船型・汽車型遊具

北九州ノコト

(アイキャッチ画像:幼児用の汽車型遊具)

戸ノ上山のふもとに位置する「大里(だいり)公園」。リニューアルしたばかりの遊具広場が人気だという情報が複数寄せられたので、さっそく編集部も行ってきました。

旧門司競輪場跡地を有効活用し、新たに整備された「遊具広場」

旧門司競輪場跡地を有効活用し、大里公園を拡張する形で公園整備が続けられていますが、今回紹介する「遊具広場」もその一部です。

門司球場・大里プールを過ぎたところにある駐車場に車を停め、門司球場の近くにある階段を上ると、その先に遊具広場が広がります。

手前が遊具広場、奥が斜面遊具広場。複数の大型遊具が設置されており、休日には多くの子どもたちでにぎわっているといいます。

幼児用遊具ともう少し大きな子ども向けの遊具をそれぞれ設置

遊具広場には、3~6歳向けの幼児用遊具と、6~12歳のもう少し大きな子ども向けの遊具がそれぞれ設置されています。

中でも目を引くのが、「船」をイメージした6~12歳向けの複合遊具。

舵もきちんとあるので、自分が操船しているかのような気分も味わえます。「たこさんはどれかな?」といったクイズもありましたよ。

それに対し、幼児用の複合遊具は「汽車型」。

汽車の先頭部分にも子どもたちが入って遊べるようなスペースもあったので、ちびっ子たちも喜びそう。

ブランコも、普通のブランコと幼児向けのかご型の2種類が設置されています。

大きな子どもたちと小さな子どもたちに分かれて遊ぶことができるので、親も安心して子どもを遊ばせることができますね。

スイング遊具はカエルと自転車。やはり競輪場の跡地ということで、自転車は外せないということでしょうか。

迫力満点のすべり台や草そり場などがある「斜面遊具広場」

斜面遊具広場には、約7メートルという高低差を活かした遊具が設置されています。

一番右にあるのは「グリッサンドすべり台」。6歳~12歳が対象で、手すりにつかまらずに足をのばしてすべります。スピード調整は足で行い、その際手は添える程度でいいそう。

この遊具広場内で一番高い場所が、グリッサンドすべり台をのぼったところ。門司球場や大里の街並みの向こうには、関門海峡や小倉の街並みなどが広がるので、すべる前には眺めも楽しんでみてください。。

真ん中の遊具では、ボルダリングなどを楽しむことができます。一気に上りきるのではなく、途中に平らなスペースもあるので、適度に休みつつ、てっぺんを目指しましょう。半分はロープで上って、残り半分はボルダリングで上っていくというのもいいかもしれませんね。

一番左にあるのは「草そり場」。取材に訪れた日は、お父さんと一緒に遊びに来た女の子が、自宅から持参したそりで楽しそうに下まで滑り下りていました。

遊具広場の上にも基本的な遊具が揃う広場あり

また、花見の名所でもあり、桜の時季は多くの人でにぎわう大里公園。ちょうど今の時季は緑が美しく、森林浴気分が味わえるほか、アジサイも咲いていました。

遊具広場の上にも広場があり、そちらにはすべり台や鉄棒、ジャングルジム、ブランコといった、これぞ公園!という遊具が設置されていますが、こちらの既存公園部分もいずれリニューアルされる予定となっています。

駐車場のそばにはバスケットコートもありました。

北九州ノコトでは北九州市内の公園情報を発信しています。少し変わった遊具がある公園や、面白い名前の公園など情報提供をお待ちしています。

■所在地/北九州市門司区不老町1丁目

※2022年6月26日現在の情報です

(北九州ノコト編集部)

【関連記事】

おすすめの記事