Yahoo! JAPAN

【ピクサー最新作】人間の女の子が“モフモフ”に変身!『私ときどきレッサーパンダ』来年3月公開【動画あり】

ウレぴあ総研

©2021 Disney/Pixar. All Rights Reserved.

ディズニー&ピクサー最新作『私ときどきレッサーパンダ』(原題:Turning RED)が2022年3月11日(金) 公開決定!

特報も解禁されました。

ピクサー2年ぶりの映画館公開

ディズニー&ピクサーの新作長編アニメーションが映画館に帰ってきます。

最近の2作品『ソウルフル・ワールド』『あの夏のルカ』はディズニープラスで配信公開されました。

ディズニー&ピクサー最新作が映画館で公開されるのは、『2分の1の魔法』以来2年ぶりです。

そんな最新作『私ときどきレッサーパンダ』。

邦題も今回解禁。

原題は「Turning RED」が、邦題『私ときどきレッサーパンダ』になりました。

監督は、ピクサーの短編アニメーション『Bao』で第91回アカデミー賞短編アニメーション賞をアジア系女性として初めて受賞したドミー・シー。

命が宿った“中華まん”を息子として育てていくコミカルかつ奇想天外なストーリーの中で、親子のほろ苦い真実と深い愛という普遍的なテーマを描き人々を魅了しました。

突然レッサーパンダに変身!?

『私ときどきレッサーパンダ』の主人公メイは、伝統を重んじる家庭に生まれ、両親を敬い、母親の期待に応えようと頑張るティーンエイジャーの女の子。

しかし公開された特報では、「私はマジメ・・・私は素直・・・私は頑張り屋・・・」とコミカルな表情で自分自身に言い聞せるメイが描かれています。

フラストレーション全開のメイは次の瞬間、大爆発。

ピンク色の煙とともに、なんとモフモフのレッサーパンダになってしまいます。

レッサーパンダは英語で「Red Panda」ということで、まさに“Turning RED”してしまうメイ。

一体どんな物語になるのでしょうか?

突然レッサーパンダになってしまう女の子が探す「本当の自分」

ポスターにも描かれているように、主人公のメイは中学生の女の子。

母親の前ではいつも“マジメで頑張り屋”のメイですが、実はアイドルや流行りの音楽も大好きで、恋をしたり、友達とハメを外して遊んだり、やりたいことがたくさんあるのです。

そんな彼女は、ある出来事をきっかけに本当の自分を見失い、感情をコントロールできなくなってしまいます。

悩み込んだまま眠りについたメイが翌朝に目を覚ますと…

レッサーパンダの姿に!

なぜメイはレッサーパンダになってしまうのか?

そこに隠されたメイも知らない驚きの秘密とは…。

ありのままの自分を受け入れてくれる友人。

メイを愛しているのに、その思いがうまく伝わらずお互いの心がすれ違う母親。

様々な人との関係を通してメイが見つけた、本当の自分とは――。

予告編では、ふわふわで大きなレッサーパンダに変身してしまう姿が見られます。

20年前、『モンスターズ・インク』のサリーの毛並みを見事にCGで作り上げたピクサーが、もっとふわふわで愛らしい毛並みを見せてくれます。

そして実写と見間違うような風景描写を得意とするピクサーですが、今回はアニメっぽい空の映像も気になるところ。

普通のティーンエイジャーが突然レッサーパンダになるという奇想天外な状況が、絵のような背景も相まってコミカルさを増しています。

愉快なタッチのアニメーションながら、描かれるテーマは実にピクサーらしいもの。

本当の自分を見つけようとするメイの姿に、自分らしさはひとつではなく、どんな自分でも好きになってもいのだと背中を押してもらえる作品になりそうです。

私ときどきレッサーパンダ
2022年3月11日(金) 全国ロードショー

(ディズニー特集 -ウレぴあ総研/林田 周也)

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 2号店オープン!『元祖仙台ひとくち餃子 あずま 一番町店』でランチを食べてきました。~一番町四丁目商店街~

    宮城仙台散策マガジン せんだいマチプラ
  2. カミングフレーバー[ライブレポート]強い誇りを胸に1st SG発売記念ツアー開幕!「どんどんどんどん強いグループになっていると思います」

    Pop’n’Roll
  3. 2022年1月11日オープン 麺匠 一粒万倍(いちりゅうまんばい) 寺町店

    京都速報
  4. 櫻井翔 “人生の二者択一を迫られたこと”を聞かれデビュー当時を回顧「嵐にならないという選択肢はなかった」

    フジテレビュー!!
  5. <知りたくなかった>旦那が帰ってこない……不審に思い確認すると「33万の借金明細」【まんが】

    ママスタセレクト
  6. 世界3例目の顔面移植を受けた男性、事故から20年「手術、ドナーに感謝」(米)

    Techinsight
  7. <義妹の出産>非常識?私の両親が出産祝いを贈ったのに義妹からお礼の言葉がない

    ママスタセレクト
  8. 「学習院」に通っていた意外な有名人TOP10

    ランキングー!
  9. 志尊淳がグッチのグローバル・ブランドアンバサダーに就任 Ariaコレクションを華麗に着こなす姿を公開

    SPICE
  10. 【東北初出店!】バターの香りがたまらない!ジェラートピケのカフェがオープン!~三井アウトレットパーク仙台港~

    宮城仙台散策マガジン せんだいマチプラ