Yahoo! JAPAN

【買ってよかった、私のキャンプギア】誰もが憧れ!コールマンのヴィンテージ ランタンを偏愛する!

.HYAKKEI

【買ってよかった、私のキャンプギア】誰もが憧れ!コールマンのヴィンテージ ランタンを偏愛する!

キャンプや登山……。否、カテゴリーに限らず好きな趣味を突き詰めれば「本当に買ってよかった」、「この道具に憧れていた」など、そんなアイテムの一つや二つきっとあるに違いないでしょう。

レジェンド級のアイテムから新作まで、その人なりの愛がたっぷり詰まったギアを紹介します。

偶然手に入れた、キャンプ好きなら憧れる一台

コールマン マーケティング本部 本田 圭悟さん

春にはエントリー層に向け、ソロキャンプアイテムが一式揃った「ソロキャンプスタートパッケージ」を提案するコールマン。そこの社員とくれば、何かとアウトドアに造詣の深い人が多いのは間違いありません。

キャンプやトレイルランを趣味に持つマーケティング部の本田さんもそのひとり。数々のギアをプロデュースしてきた彼が、「本当に買ってよかった」と言えるキャンプ道具がブランドの象徴ともいうべきアイテムであるランタンです。

本田さんが手に入れた偏愛ギアは、1972年製のコールマン[200A]ヴィンテージランタン。しかもこちらの製品は、“The Red”ことオールドコールマンの中でも人気の高いガソリン仕様のシングルマントルです。50年前の製品なのでディスプレイ用かなと思いきや、メンテナンスを経て実際に使っているとのこと。

「形が圧倒的にかっこいいんですよねー。このランタンを使いたいからキャンプに行くといっても過言じゃありません!」と笑いながら話す本田さん。

コールマン[200A]ヴィンテージランタンとの出会いは、キャンプが今ほど盛り上がる前。アメリカの本社(カンザス州)に仕事で行ったときだったと言います。

「直営店でもアウトドアショップでもなくて、スリフトショップで偶然発見したんです。ちょっと値段は内緒にしておきますが、びっくりするくらいお手頃価格でした。ヴィンテージのコールマンランタンは世界中にコレクターが多く、年々数が減っていっているので大切に使いたいですね。もちろん弊社にあるようなLEDを使った最新のものは便利です。でも僕はあえてこの“不自由さ”を楽しんでいます」。

ヴィンテージだからといって必ずしも良いというわけではない。しかし不自由さがあるからこそ、オトコ心がくすぐられるというものではないでしょうか。まさに一期一会だった本田さんと偏愛ギアとの出会い。偏愛ギアには愛用者の歴史が詰まっているんです!

写真:石井誠也

改めて考える、コールマンのガソリンランタンを所持する魅力|コールマンランタンの歴史は、今「あなた」が創っている(前編)

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. なんしよん?シャボンちゃんの北九州弁バージョン LINEスタンプ第3弾で登場

    おたくま経済新聞
  2. 《福岡の至宝と呼びたい老舗飲食店》フランス料理の文化を広めた「創業54年のビストロ」

    UMAGA
  3. 【古代米やこはく糖が購入できる自販機】看板型デザイン自動販売機「ボードステーション」

    ソトコトオンライン
  4. 〈ここは寺院? それとも魔宮?〉コーヒー好きを名乗るなら絶対いっとくべき場所|このミュージアムがすごい②

    特選街web
  5. 【ディズニー×レッセパッセ】新作アパレルはキュートなミニーの限定Tシャツ♪ カラバリは3色展開

    ウレぴあ総研
  6. 【ダイソー・セリア】100均の「ワイヤーネット」で超カンタン!収納UP&家事時短テク6つ

    ウレぴあ総研
  7. 甲子園への吹奏楽部動員はパワハラ?教員のツイートに共感の声「なぜ野球部だけ応援しないといけないのか」

    New's Vision
  8. 慶應義塾「幼稚舎」出身の意外な芸能人TOP10

    ランキングー!
  9. 夏バテ防止に!スパイスのきいたネパールカレーが美味しいお店【旭川】

    asatan
  10. 将来の夢が見つからなくても焦らないで!沼田晶弘先生がアドバイス

    フジテレビュー!!