Yahoo! JAPAN

メバル用ライトタックルで60cm頭シーバス連発 チヌも浮上【博多湾奥】

TSURINEWS

キャッチしたシーバス(提供:週刊つりニュース西部版APC・鈴木泰也)

近年はライトタックルでスリリングなシーバスゲームを楽しんでいる。福岡県の博多湾・西戸崎で良型をキャッチした釣行をレポートしたい。

博多湾奥でシーバスゲーム

7月上旬、仕事を終え天気予報を見ると今夜は風雨もない。久々にシーバスを楽しもうと、午後10時すぎに家を出て博多湾奥の西戸崎の護岸の釣り場に向かった。

西戸崎周辺広域略図(作図:週刊つりニュース西部版 APC・鈴木泰也)

西戸崎の護岸は、昔から通っている知ったポイント。この日は先行者が1人いるだけだ。中潮の満潮で、私は苦手な月夜であるが、夜風も気持ち良く、釣れなくてもよしという気構えで挑む。

沖に瀬が続くポイントのため、潮位が低いと根掛かりに注意しなければならないが、ちょうど満潮からの下げ始めという、いい潮位である。実績十分のレッドヘッドのスリムミノーをキャスト。メバルタックルで遊ぶため、とてもスリリングで楽しみな時間。潮の流れは良い様子だ。

ライトタックルで引き楽しむ

そして3投目、手前でグンッとロッドティップが持っていかれると同時に、ジーッとラインが出される。ライトロッドは胴から曲がり、重量感は十分。

瀬にラインが擦れながら、かわして砂地へと誘導するが、ジーッとラインが出される。シーバスタックルであれば強引に頭を向かせることができるが、シーバスのサイズよりも、ライトタックルでスリリングなゲームをここ数年楽しんでいる。そして月夜の海面に何度もエラ洗いするシーバス。見ていて楽しい。

ミノーでシーバス60cm

サーフに誘導し、釣り上げたサイズは60cm。がっつりとミノーを横向きにくわえていた。

本命は元気な60cm(提供:週刊つりニュース西部版 APC・鈴木泰也)

次はピックアップ寸前にバシャッと背中を出してミノーを急襲!これも同サイズ。細軸のフックは2本曲がっていた。次は80mmのシンキングペンシルに替えると、これも好反応。50cm台後半がアタックしてくる。

シンペンでチヌを一閃

反応があるうちに手早くルアーを替えて反応を見る。今度はクリアカラーのシンペン。よたよたと海面を引いてくると、ガツッと金属的なアタック!その後、トルクある良い引き。シーバスのように水面に飛び出さないので、ヘッドライトをともすと体が扁平。お、これはチヌでは?

寄せてくると、テールフック1本のみフッキング。「バラすなよ」と自分に言い聞かせ、慎重に寄せる。

ネットに入れた後、フックが外れた。サイズは40cmに届かなかったが、このポイントで長年釣りをして初めてのチヌなのでうれしい。

チヌ39㎝にニヤリ(提供:週刊つりニュース西部版 APC・鈴木泰也)

最終釣果

釣り開始から2時間、ずっとヒットが続くので楽しくてしょうがない。シーバスをバラシ交えて5~6尾ほど釣ったころに潮が緩くなり、アタリも止まったので、久しぶりの魚の手応えを堪能して帰宅した。

<週刊つりニュース西部版 APC・鈴木泰也/TSURINEWS編>

この記事は『週刊つりニュース西部版』2020年7月31日号に掲載された記事を再編集したものになります。

【関連記事】

おすすめの記事