Yahoo! JAPAN

ボートエギングで1.1kg頭にキロ級アオリ2匹 浅場の海藻エリアでヒット

TSURINEWS

心地いいジェット噴射を堪能(提供:TSURINEWSライター檜垣修平)

桜が散り、水温が上がってアオリイカの適性水温に近づいてきた。今回はスタート秒読みのボートエギングにトライ。

春のボートエギング

船からのアオリイカ狙いと言えばティップランを思い浮かべる方も居るかもしれないが、今回は浅場でのボートエギングだ。ボート、とは言っても使う道具は陸っぱりと何もかわらない。

春用の3~3.5号エギを扱えるエギングロッドで構わない。飛距離が釣果に関わるので、一般的な8ftクラスの長さがいいだろう。リール、ラインも陸っぱり用そのままでいい。

下関「じらまる」に乗船

利用した「じらまる」(提供:TSURINEWSライター檜垣修平)

今回は山口県下関豊浦町から出る「じらまる」に乗船。アオリイカに限らずSLJ、タイラバ、イカメタル、ジギング等マルチに楽しませてくれる釣り船だ。

釣行は4月17日(日) 、潮は大潮で、満潮は4時ごろだった。5時30分ごろに港に到着し、6時に出船した。

朝イチはシャローで

当日の水温は14.5度で、ようやく数日前にアオリイカの適水温になったらしい。とりあえず朝マヅメでシャローに入ってくる個体を狙う。見えている海藻帯よりも奥に投げて、海藻に着いているであろうイカを探していく。

水深は船の真下で6mほどで、1m海藻が伸びている。岸に近いほど水深も浅くなるので、それらも考慮しながらキャスト後のフォールカウントは調整する。

開始から15分ほどで待望のアタリがあったが、フックアップせず。投げ直した次のキャストでサオ先をグーンと持っていかれた。

1杯目の930g(提供:TSURINEWSライター檜垣修平)

ゲットしたのは930gの良型。惜しくもキロには少し足りなかったが、いい引きを味わった。エギはピンクカラーの赤テープ、ラトル入りの3.0号だった。アピールの高いエギで活性の高い個体を狙い撃ちする作戦がハマったようだ。

移動先でキロアップ

その後はポイントを移動。陸からは届かない水深7mの海藻帯エリアを攻める。ここでも朝イチ同様に高活性のイカを狙っていく。

しばらくすると、ラインがスーッと引かれていった。2杯目は1100gでサイズアップに成功。こちらも一杯目と同様のエギでヒットした。

2杯目はキロアップ(提供:TSURINEWSライター檜垣修平)

その後は少し沖の6~10mの海藻帯を流すも中々反応が得られず苦戦。日も高くなり諦めムードの中、船長がサオを出すとなんと1投目で1300gをヒットさせた。イカはいるのだが……修行不足である。

今後の展開

当日はまだアオリイカの適水温にようやくなったばかりで、大きな群れはまだ入ってきていない様子だった。例年通りだと5月頭から本格始動するそうなので、GWあたりからが狙い目だろう。

陸からは狙えないポイントを狙い打つボートエギング。陸からでは難しい春イカの数釣りも期待できるので、是非挑戦してみてほしい。

<檜垣修平/TSURINEWSライター>

The postボートエギングで1.1kg頭にキロ級アオリ2匹 浅場の海藻エリアでヒットfirst appeared onTSURINEWS.

おすすめの記事