Yahoo! JAPAN

サイズは? 音は? 設定は? アップルの「AirTag」を速攻で試してみた

価格.comマガジン

サイズは? 音は? 設定は? アップルの「AirTag」を速攻で試してみた

アップルの紛失防止タグ「AirTag(エアタグ)」が2021年4月30日に発売されます。ひと足早く実機を入手できたので、さっそく使ってみました。

アップルのAirTag。アップルストア価格は1個が3800円(税込)、4個セットが12800円(税込)

アップルユーザーみんなで紛失物を探す。「AirTag」の仕組み

AirTagは、Bluetooth通信を使ってAirTagを付けたモノをトラッキングするIoTデバイス。カバンや鍵、お財布などのモノに取り付けて使います。万一、AirTagを付けたモノを紛失した場合、iPhoneやiPad、Macの「探す」アプリを使って、紛失物の位置がわかるという便利なアイテムです。

紛失防止タグは、TileやMAMORINOなどから発売されており、AirTagが初めての製品ではありません。どちらかと言うと後発と言えますが、後発だからこそしっかりと作り込まれています。

仕組み自体は、ほかの紛失防止タグとほぼ同じ。ペアリングしたiPhoneとBluetooth通信をすることで、AirTagの場所をトラッキングします。ただ、Bluetoothの通信距離はGPSや携帯通信のように広くないなので、離れた場所で紛失したモノを見つけることはできません。

そこで、AirTagおよび「探す」アプリでは、全世界で10億台のアップル製品を使います。たとえば、AirTagを付けているカバンを会社に忘れたとしましょう。自宅からではBluetoothがつながらないので、会社にカバンがあることはわかりません。ですが、同僚にiPhoneユーザーがいて、AirTagとBluetoothで通信できる距離にいると、AirTagの位置情報をクラウドにアップし、その位置情報をカバンの持ち主に知らせてくれるのです。

「探す」ネットワークのイメージ図

万一、AirTagを付けたモノを紛失した場合は、iPhoneをなくしたときと同じように「紛失モード」にしましょう。「探す」ネットワークを使って、紛失した場所まで行って見つかればベストですが、誰かが見つけて拾っている可能性もあります。紛失モードにしておけば、見つけた人が、iPhoneやNFC搭載AndroidスマホをAirTagにかざすと、事前に登録した電話番号やメッセージが表示されます。拾ってくれた人が、もしかしたら連絡してきてくれて、紛失物が手元に戻ってくるかもしれません。

紛失モードを有効にすると、検出時に通知してくれたり、拾った人に対して電話番号とメッセージを知らせたりできます

ここで重要になるのがデバイスの数です。AirTagと通信する機器が多ければ多いほど、見つかる可能性が高まるのです。アップル製品のユーザーみんなで紛失物を探すというイメージです。世界でiPhoneやiPad 、Macは10億台以上あると言われているので、戻ってくるかどうかは別にして、海外で紛失しても日本で見つけられるかもしれません。

家の中での紛失物も見つけてくれる

モノを紛失するのは何も外出先だけではありません。家やオフィス、学校など身近な場所で、鍵や交通系ICカード、お財布が見つからないということのほうが多いと思います。そんなときもAirTagは便利に使えます。

AirTagには、U1チップという超広帯域無線(UWB)を使った「正確な場所を見つける」機能が搭載されています。これは、文字通り、紛失物の正確な位置情報を把握できる機能で、同じくU1チップを搭載した「iPhone 11シリーズ/12シリーズ」で使えます。古めのiPhoneだと使えないので注意してください。

実際にやってみると、少し時間はかかりましたが、目当ての紛失物の方向を矢印と距離で教えてくれます。今のところ高さの情報はわかりませんが、家の中であれば、これだけで見つかる可能性がぐっと高まるでしょう。暗ければiPhoneのライトも点けられるので、夜の探し物もはかどりそうです。位置情報とともに音を鳴らすこともできるので、本棚の後ろやソファーの隙間、ベッドの裏など見つけにくい場所にあっても、見つけることができそうです。音は高音のクリアで耳に届く音でした。それほど大きな音は鳴りませんが、耳に残る音です。

「正確な場所を見つける」機能を使うと、AirTagの場所までの距離や方角がわかります。家の中でのなくし物発見に大いに役に立ってくれそうです

バッテリーは交換式で1年以上使える

AirTagのハードウェア部分を見ていきましょう。直径は31.9mmで身近なものだと500円玉より少しだけ大きいサイズです。重量は11g。厚みは8mmで、スリムなお財布に入れると厚みがでてしまうでしょう。

サイズは500円玉よりも一回り大きい

サウンドを鳴らす機能がありますが、どこにも穴はなく、白い面から音がなります。穴がないのは、穴をふさいでしまって音が鳴りにくくなるのを防ぐためでしょう。

白い面は艶々の仕上げ。銀色のほうは金属らしい光沢感がある。どちらが表というわけではなく、アクセサリーはどちらを見せてもOK

アップルストア限定ですが、白い面には刻印が可能です。31種類の絵文字から選べるほか、最大4文字まで刻印して、パーソナライズができます。水深1mに最大30分間つかっても大丈夫な耐水性能を備えているので、雨に濡れても大丈夫でしょう。バッテリーはコンビニなどで入手しやすいCR2032コイン型バッテリー。1年以上使えて、バッテリーはユーザーが自分で交換できます。バッテリーがなくなってきたら、ペアリングしているiPhoneに知らせる親切設計。

AirTagには穴などはなく、そのままカバンや鍵に取り付けるのは無理です。そこで別売のアクセサリーが必須となるのですが、キーリングやループ、さらにHermesのものまで多彩なアクセサリーが用意されています。純正アクセサリーは安くてもAirTagと同じくらいの価格ですが、サードパーティー製のものなら安いものもあります。

左から「AirTagレザーキーリング - サドルブラウン」(4500円)、「AirTagループ - ディープネイビー」(3800円)、「AirTagレザーループ - (PRODUCT)RED」(5500円)※アップルストアの税込価格

設定は「AirPods」や「HomePod」と同じで、ペアリングしたいiPhoneを近づけるだけ。これでApple IDに紐付けされます。バックパックやカメラ、鍵など何に付けるかの名前も選べます。カスタムで自由に名前を付けることも可能。ペアリング作業自体は1分もかかりません。

ペアリングはAirPodsなどと同じで、iPhoneに近づけるだけ。AirTagの名称も設定できます。ひとつのApple IDに紐付けられるAirTagは16個まで
「探す」アプリではサウンドを再生したり、「正確な場所を見つける」機能を使ったりできます。Siriにお願いしてサウンドを鳴らすことも可能

柔軟かつ鉄壁の安全性とプライバシー

多くのアップル機器を組み合わせて、位置情報をトラッキングするとなると、悪意のある人がAirTagを悪用する危険性もあるかもしれません。たとえば、誰かが知らぬ間にあなたのバッグにAirTagを忍ばせてどこにいるのかを監視する、誰かがあなたのAirTagを盗んで位置情報を解析するなどなど、いろいろ考えられます。

もちろん、アップルはその辺の対策をしっかりとしています。まず、AirTagには履歴を含めた位置情報が保存されないので、誰かのAirTagを盗んで解析して位置情報を入手することはできません。また、「探す」アプリのネットワークでの位置情報のやり取りは、エンドツーエンドで暗号化されており、誰がどこでAirTagと通信したかは、アップルでもわからないようになっています。Bluetoothの識別子も1日に何度も変更するなど、プライバシーへの配慮は万全と言えるでしょう。

誰かがあなたのバッグにAirTagを勝手に入れて、位置をトラッキングされている場合はどうでしょう? この場合、自分のものではないAirTagと一緒に動いていると、AirTagが通知してくれます。もしも、持ち主が紛失して「探すモード」にしてれば、連絡を取るなどして返却できますが、悪意のあるものであれば、iPhoneをかざすとAirTagを無効化する方法が表示され、バッテリーを抜いて無効化できます。iPhoneだけでなく、NFC対応のAndroidでもOKです。

家族と共有しているもの、たとえば鍵などを持ち出して、通知が来た場合、ファミリー共有している家族のAirTagであれば通知を1日切るといったことができるなど、柔軟に使えるように設計されています。

また、AirTagはモノを探すアイテムであって、人やペットに持たせて、位置情報をトラッキングするという使い方は想定していません。AirTagと紐付けされていないiPhoneなどが近くにない場合、しばらく時間が経つと音が鳴る仕組みがあるためです。子どものランドセルに付けておくと、AirTagが教室でピーピー鳴ってしまうのです。

まとめ

紛失防止タグは保険みたいな商品で、いつ活躍してくれるかわかりませんが、家の中で大事なモノが見つからないことは多いと思います。そんなときにAirTagがあれば、紛失物を探す時間を短くすることができ、これだけでもかなり便利なアイテムだと個人的には思っています。

以前、iPhoneを落として、「iPhoneを探す」で見つけたことのある筆者としては、この機能がほかの大事なモノでも使えるようになったのは本当に心強いというか安心できると感じました。まだ短時間しか試していないので未知の部分が多いAirTagですが、もう少し使い込んで、いろいろレポートできればと思います。

【関連記事】

おすすめの記事