Yahoo! JAPAN

「介護大賞」支援で感謝状 神奈川福祉事業協会などに〈横浜市神奈川区〉

タウンニュース

伊坂会長(左)と黒岩知事

神奈川福祉事業協会(伊坂重憲会長)と県遊技場協同組合(同理事長)は、県の事業である「かながわ感動介護大賞」に今年度50万円を寄付。このほど県庁で開催された同表彰式典の中で、伊坂会長は黒岩祐治県知事から感謝状を受け取った。

感動介護大賞は県が2012年度から取り組んでいるもので、介護の感動的なエピソードを表彰するもの。高齢化社会が進み介護ニーズが高まる一方で職員の人材確保が難しい状況を受け、仕事にやりがいや誇りを持てるよう、介護職の魅力をアピールする目的で実施されている。今年度は最優秀賞に2作品、優秀賞には10作品が選ばれた。

同協会・組合は介護現場に光を当てるこの活動に賛同し、大賞が創設された当初から支援を続けている。

【関連記事】

おすすめの記事