Yahoo! JAPAN

【桃鉄スイッチ】マイレージ:シーズン冬まとめ<2021.12.2~2022.1.21>【桃太郎電鉄 ~昭和 平成 令和も定番!〜 2020】

攻略大百科

『桃太郎電鉄 ~昭和 平成 令和も定番!~』のマイレージサービス「シーズン冬」について特徴をまとめました。

マイレージ:シーズン冬

Ver1.4.0アップデート後より「シーズン冬」が開催されています。マイレージサービスの詳細は以下をご覧ください。

関連記事

マイレージサービスまとめ

開催期間

Ver1.4.0アップデート後(2021年12月2日)~ 2022年1月21日(金)15:59まで

マイルの獲得について

マイルは、「ネットで桃鉄」または「桃鉄10年トライアル!」 を最後までプレイするとプレイ年数に応じたマイルが貯まります。

※筆者は「桃鉄10年トライアル!」を1回プレイして 1万2000マイル 獲得しました。1か月=100マイル(1年=1200マイル)ではないかと思われます(2021.4)。

マイル交換ショップの内容

マイル交換ショップでは、集めたマイルを「役職」「キャラクタースタンプ」「SL」等と交換できます。

シーズン冬(2021年12月2日~2022年1月21日)では、全部で21コの交換アイテムが追加されました。鍵がかかった部分を解放すると、その先のアイテムがわかるようになります。

※過去に開催された「シーズン春」「シーズン夏」のアイテムも交換できます。

シーズン冬・交換アイテム

種類

交換アイテム

必要マイル


役職

団長

100


キャラスタンプ

ウソでしょ!?

220


役職

王子

400


キャラスタンプ

すばらしい!

600


SL

清少納言列車

900


キャラスタンプ

当たれ!!

1350


役職

1950


キャラスタンプ

出発進行!

2300


SL

ポコン列車

2980


役職

師範

4400


SL

武田信玄列車

5200


キャラスタンプ

ヤバイデース!

6200


役職

法師

7600


SL

平賀源内列車

9000


(確認中)

(確認中)

(確認中)


各都道府県のランドマークや特産品

マイルを寄付する事ができる、各都道府県のランドマークや特産品は以下になります。

地方

都道府県

ランドマークや特産品


北海道

北海道

美瑛の青い池 ※ランドマーク更新


東北

青森県

ねぶた祭りの灯篭山車 ※前回入賞したため今回は寄付不可能


岩手県

石割桜


宮城県

政宗公の銅像


秋田県

土崎港ポートタワー


山形県

皮の近くまで甘いスイカ


福島県

鶴ヶ城


関東

茨城県

筑波スペースセンター


栃木県

宇都宮の餃子


群馬県

世界遺産の製糸工場


埼玉県

ゼリーフライ ※ランドマーク更新


千葉県

幕張イベント会場 ※前回入賞したため今回は寄付不可能


東京都

神宮前の都市計画公園


神奈川県

小田原のかまぼこ ※前回入賞したため今回は寄付不可能


中部

新潟県

野生のトキ


富山県

富山城


石川県

漆塗りのお椀


福井県

恐竜の化石


山梨県

信玄公の銅像


長野県

安曇野の本わさび


岐阜県

飛騨の赤いカブ


静岡県

浜名湖のウナギ ※前回入賞したため今回は寄付不可能


愛知県

やきもの遊歩道 ※ランドマーク更新


近畿

三重県

伊賀の忍者


滋賀県

まぼろしの安土城


京都府

京漬物


大阪府

巨大な前方後円墳 ※前回入賞したため今回は寄付不可能


兵庫県

六甲山 ※ランドマーク更新


奈良県

平城宮跡


和歌山県

ジャイアントパンダ


中国

鳥取県

松葉ガニ


島根県

松江城


岡山県

岡山城


広島県

軍艦ミュージアム


山口県

錦帯橋


四国

徳島県

伝統芸能ホール


香川県

丸亀城


愛媛県

三色団子


高知県

坂本龍馬の像


九州・沖縄

福岡県

焼きカレー屋 ※ランドマーク更新


佐賀県

唐津城


長崎県

グラバー公園


熊本県

イルカウォッチング


大分県

地獄めぐりの赤鬼


宮崎県

木崎浜のサーファー


鹿児島県

西郷隆盛の像


沖縄県

守礼門


マイレージサービスまとめ

マイレージサービスまとめ

©さくまあきら ©Konami Digital Entertainment
JR東日本商品化許諾済 JR東海協力
Nintendo Switchのロゴ・Nintendo Switchは任天堂の商標です。
本記事の内容は攻略大百科編集部が独自に調査し作成したものです。
記事内で引用しているゲームの名称、画像、文章の著作権や商標その他の知的財産権は、各ゲームの提供元企業に帰属します。

【関連記事】

おすすめの記事