Yahoo! JAPAN

猫の『睡眠妨害』になってしまう飼い主のNG行為5選

ねこちゃんホンポ

1.大きな音を立てる

睡眠中は無防備な状態であるのに、大きな音が鳴り響いたらどうでしょう?ただでさえ大きな音が嫌いな猫です。目が覚めてしまうのはもちろん、ストレスを感じてしまうでしょう。

もちろん生活している上で完全に音を消すことはできません。ただなるべく、大きな音は立てないように注意してあげる配慮が必要です。静かな環境を好むので、快適に寝られるようにしてあげましょう。

2.しつこく構う

睡眠中の猫はとてもかわいらしいです。思わずかまいたくなってしまうのはわかるのですが…。飼い主さんもぐっすり眠っているときに顔や体をいじられたら、嫌な気分になると思います。

それは猫も同じです。大切な睡眠をとっているのに、触れられて目が覚めてしまったらどうでしょう?ちょっとイライラしてしまうでしょう。

猫の睡眠中は構いたくなってしまいますが、なるべくそっとしておいてあげてください。

3.明るすぎる

明るすぎる環境も、猫の睡眠を妨害してしまいます。ずっと電気をつけていると、ぐっすりとは眠れないでしょう。猫が寝ている場所は暗くするなどしてあげてください。

猫が顔を前足で覆って寝ているときは「まぶしい」と思っているサインです。気をつけてあげましょう。

4.安眠できる場所がない

ゆっくりと休める場所がないのは問題です。落ち着いて眠れなければ、寝不足になってしまうでしょう。それはさまざまな健康への悪影響を及ぼすかもしれません。

猫は自分が快適に過ごせる場所を探すのが得意ですが、飼い主さんがそのような環境を整えてあげることも大切です。薄暗くて屋根がある場所が落ち着くよう。逆に、昼間は日向ぼっこをしながらウトウトしたい場合や、高い場所で寝ることを好む場合も。

何も高価なベッドではなくてもよいので、段ボールなどにクッションや毛布を敷いたり、キャットタワーを窓の近くに置いたりして、愛猫の好みに合う寝場所を作ってあげましょう。

5.暑すぎる、寒すぎる

安眠には気温も大切です。暑すぎる、寒すぎる環境では安眠妨害になってしまうでしょう。室温を整えてあげてください。

夏はエアコンやサーキュレーターなどをうまく取り入れ、猫用のひんやりグッズも活用するとよいですね。冬はもしかしたら飼い主さんの布団が最適な寝場所になるかもしれません。

愛猫の好みもあるでしょうから、それに合った寝場所を用意しましょう。

まとめ

一日のほとんどを寝てすごす猫ですが、そのうちの数時間は熟睡タイムです。特にその時間にぐっすり眠れないと、寝不足になってしまうかも。愛猫の快適な睡眠を守るため、できることはしていきましょう!


(獣医師監修:唐野智美)

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 何この光景…我が子のために立ったまま授乳するママダックス。辛くても頑張る姿に涙が止まらないよ!【動画】

    ダックスフンドライフ
  2. 薬を飲まされたショックでありえない程の猫背に…超ションボリ中の柴犬さん【動画】

    柴犬ライフ
  3. 「ちょ黙っといて。」ロープ取り合い中なのに、噛める範囲で黙々と遊び続けるフレブル。【動画】

    French Bulldog Life
  4. 太田基裕、阪本奨悟らオールメイル出演の演劇調異譚「xxxHOLiC」が開幕 舞台写真&コメント到着

    SPICE
  5. 【南禅寺】緑の絶景。京都唯一、鎌倉時代の名勝庭園「南禅院」参道の青もみじと縁結びの松「最勝院」【京都庭園めぐり】

    キョウトピ
  6. TVアニメ第3シリーズ「キングダム」第22話の先行カットが到着。とうとう蕞の士気が限界に!

    WebNewtype
  7. 「本当に通れません」 過去の不届き者の存在を感じてしまう看板が話題→設置者に経緯を聞いた

    Jタウンネット
  8. 日清カップヌードルとのコラボで「ジャーナルスタンダード」がラフォーレ原宿に初出店  ノベルティで限定アイテムも

    SEVENTIE TWO
  9. 【コメダ珈琲店】秋冬のケーキ4種がズラリ!知れば全部食べたくなるよ~。

    東京バーゲンマニア
  10. 結木滉星、野島伸司作品で挑む新境地 初のベッドシーンも「反応が楽しみ」

    ドワンゴジェイピー news