Yahoo! JAPAN

投げカレイ釣りで43cmマコガレイ堂々浮上 潮の動き始めにヒット

TSURINEWS

43cmのマコガレイをキャッチ(提供:TSURINEWSライター杉浦剛)

青森県で投げカレイ釣行に出かけた筆者。開始直後からアタリがなくエサだけ取られる、なんとも煮え切らない状況。潮が動き始めると釣り方や仕掛けを微修正。その甲斐あって、見事に43cmマコガレイを釣り上げた釣行をお届けします。

青森で投げカレイ釣り

陸っぱり投げカレイ釣り入門というテーマで筆者の見解やコツなどを解説して参りましたが、これから始められる方々にとって本当に役に立つ情報であるのだろうかという不安な思いに駆られ、自身の記事を元にした内容で釣行してみようと決め、GWを目前に控えた4月後半、実釣して参りました。

当日の状況

4月26日(火)小潮。釣行当日、朝からどんよりとした空模様で、夕方ごろから夜間にかけては降雨の予報でした。干潮満潮を確認して、満潮時刻の11時20分ごろには現場に到着するように準備を済ませ、釣り場は青森県八戸市にある、日曜朝市で有名な舘鼻漁港に決めて向かいました。

こちらの漁港には漁港ストアという飲食スペース、トイレがあり、コンビニも近いため、ファミリーフィッシングにも最適なポイントです。

ファミリーフィッシングにも最適な舘鼻漁港(提供:TSURINEWSライター杉浦剛)

当日のポイントと作戦

漁港最奥部の堤防先端を狙っていましたが、やはり人気スポットともあり既に先行者様が複数おられました。先端付近は諦め、比較的潮通しのいいポイントに釣り座を構えました。北風で向かい風でしたが、風速1~2m程度で、気にならない程度でした。

雨が降ってくるまでの短時間勝負だと思い、エサのアオイソメは300円分にしました。タックルは遠近に投げ分けられるように2つ用意し、底が泥地で根掛りの心配も少ないため、遊動式の2本バリ仕掛けにオモリ10号で挑んでみることにしました。アオイソメ一本掛けです。満潮から潮が下げ始めるタイミングから狙っていくことにしました。

満潮という事もあり、カレイが岸に寄ってきている可能性も考慮し、片方のタックルは手前10m程の地点に仕掛けを投げ入れ、もう片方は目測40~50mほどの地点に仕掛けを投げ入れ、それぞれカケアガリ付近に仕掛けが来るように微調整をしました。あとは三脚にロッドを2本立て掛けて、置きザオにして待つことにしました。

短時間勝負のためエサは300円分(提供:TSURINEWSライター杉浦剛)

エサだけ取られる状況

仕掛けを投入してからしばらく何も反応がなく、1時間ほどしてようやく、手前に投げ込んでいたロッドにアタリがありました。プルプルッとした、ハゼのようなアタリ方です。エサのアオイソメ一本丸々はハゼに対しては少し大きく、ハリ掛かりするまでしばらく時間がかかりそうだと思い待っていたのですが、その後反応がなくなり、一度仕掛けを回収してみることにしました。するとエサがなくなっていました。

一向に音沙汰がないもう片方の仕掛けも回収してみると、2本バリの両方とも、エサが綺麗サッパリなくなっておりました。4月はトゲクリガニのシーズンでもあるため、きっとカニの仕業だと思います。最初にアタリのあった手前のエサも、ハゼが最初に食いつき、ちょうどそこにカニが寄ってきたためにハゼが退散してしまったのではないかと思いました。

あくまで推測の域ですが、このように水中の様子を想像するのもまた面白いところです。

潮が動き始める

それからも何度か同じように仕掛けを投入して待ってみますが、音沙汰なく、一時間もすると大体エサがなくなった状態の仕掛けが戻ってきます。結構な数のトゲクリガニがいるようです。運よくハリに掛かって釣れてくれると嬉しいのですが、あくまでカレイ釣行ということで、気を引き締め直しました。周りでも魚が釣れている雰囲気や様子はありません。

満潮から始めて約2時間が経ったころ、やや潮の流れが効いてきたようで、仕掛けを投げ入れた地点と底に着く地点が少しズレるようになってきました。

当日のポイント(提供:TSURINEWSライター杉浦剛)

作戦変更

いつ雨が降ってくるかわからないような空模様だったので、この潮の流れがやや強くなった今が勝負と思い、オモリの重さを10号から15号に変更し、着水点と着底点のズレをなくしてピンポイントに投げ入れられるようにします。そしてカニをかわしつつ、より強くアピールするために、片方のタックルではオモリで底を小突いてみることにしました。

唯一魚の反応があったのが手前10m付近だったため、片方のタックルは同じように手前のカケアガリに仕掛けを位置させて置きザオにしました。そしてもう片方のタックルはできるだけ遠くに投げ入れ、底をオモリで小突きながら寄せてきて、手前まで戻ってきたら仕掛けを回収し、エサに問題がなければまた同様に底を小突いてみました。

カレイらしいアタリ到来

底を小突き寄せながら置きザオにしている方のロッドを何気なく見ていたら、ラインが突然フッとたるみました。風の影響はほぼなく、仕掛けが流されるほどの潮の強さでもないため、これは本命のアタリだと確信しました。

小突いていたタックルを三脚にそっと立て掛け、ラインがたるんだタックルに集中してラインを注視します。このじれったいような時間がカレイ釣りで筆者が最も好む場面です。たるんでいたラインが徐々に張ってきたかと思うと、またたるみます。なかなかじらしてくれます。

置きザオにイトふけが出た(提供:TSURINEWSライター杉浦剛)

43cmマコガレイ登場!

この時点でハリ掛かり、またはハリを飲み込んでいる可能性は高いのですが、勝負時だと決めていましたので、慎重に、じっくり待ちました。ロッドの側で、今か今かと待ち構えていました。そして数分後、ラインが一気にピンと張り、ロッドが大きくしなりました。待ちに待った瞬間です。同時にロッドをしっかり立て、アワセも決まりました。想像していた以上の重量感です。

海底に向かってグイグイと突っ込むカレイ独特の引きが、何度もロッドを絞り込みます。堤防際まで寄せてきても尚、下へ下へと突っ込んで抵抗します。徐々に海面へ浮かび上がってきたシルエットは紛れもなく本命、カレイでした。

浮かび上がったカレイ(提供:TSURINEWSライター杉浦剛)

どうやらハリはしっかり飲み込んでいるようでしたが、万が一のすっぽ抜けを回避するため、ランディングネットを使用して確実なキャッチを試みました。そして、無事に釣り上げることに成功しました。とても肉厚な、43cmの立派なマコガレイでした。

その後は続かず、エサもなくなったところ早めの15時に釣行終了と致しました。

43cmのマコガレイ(提供:TSURINEWSライター杉浦剛)

釣果グルメを堪能

自身の記事を元にした実釣ということで、少しばかり疑心暗鬼に陥っての釣行でしたが、狙い通りカレイを釣り上げることができました。数は出ませんでしたが、限られた時間で本命を手堅くキャッチできたことはとても嬉しく思っております。

帰宅して、新鮮なうちにさばき、エラや内蔵の一部以外、可食部は全て貴重な食材とさせて頂きました。カレイの釣りたての刺し身、一晩二晩寝かせた刺し身、頭や肝の煮付け、残りのヒレや骨身から出汁をとったアラ汁などと、どのように調理しても美味しい魚であると改めて感じました。

刺し身などで余さず頂いた(提供:TSURINEWSライター杉浦剛)

青森県でのカレイのシーズンは一年中であり、これから季節がかわっても手の届く範囲のポイントで狙うことができます。釣れたら嬉しい、食べても美味しい。そんなカレイという魚の魅力を、是非、多くの方に味わって頂けたらと思う次第です。

<杉浦剛/TSURINEWSライター>

The post投げカレイ釣りで43cmマコガレイ堂々浮上 潮の動き始めにヒットfirst appeared onTSURINEWS.

【関連記事】

おすすめの記事