Yahoo! JAPAN

映像、音楽、アートが交差 三の丸ホールで「コネクションズ」〈小田原市・箱根町・湯河原町・真鶴町〉

タウンニュース

彫刻、写真、映像、音などで表現された展示中の作品

小田原にアトリエを構える彫刻家の三沢厚彦さんを中心に、浅田政志さん(写真)、志村信裕さん(映像)、八木良太さん(音)のアーティスト4人が参加する「コネクションズ―さまざまな交差展―」が2月2日(水)まで、小田原三の丸ホールで開催されている。午前10時〜午後6時。一般300円(高校生以下、障害者手帳を持つ人無料)。

展示室では、三沢さんのくまの立体彫刻を志村さんによる木漏れ日の映像で照らし、八木さんの真鍮で作られた蝉の抜け殻とその鳴き声がイヤホンから漏れ出る3作品を融合した共作『ConnectionsI』をはじめ、円形に配置された音響装置から順に流れる時を聞く『TimeSignal』、かまぼこができるまでを動くポートレートで表現した『OdawaraKamaboko』などユーモラスな作品を展示。また回廊に飾られている絵巻物をイメージした『小田原町人写巻』には、小田原の町や暮らし、さまざまな文化、活躍する人々が活写されている。来館者は「見るたびに新しい発見がある。1度だけでなく何度も巡りたい」と感想を話していた。

1月22日(土)と23日(日)には、ダンスと映像、トークなどが楽しめる「アートコンプレックス」を開催。各日一般2000円(展覧会料金含む・高校生以下、障害者手帳を持つ人500円)。チケットはウェブ、窓口で販売中。(問)同ホール【電話】0465・20・4152

【関連記事】

おすすめの記事