Yahoo! JAPAN

祝・映画化!スラムダンク人気キャラランキング…流川楓、桜木花道、三井寿のうち1位は!?

ランキングー!

アニメSLAM DUNK(スラムダンク)人気キャラランキング

日本中にバスケットブームを巻き起こすキッカケとなり、バスケ漫画史上最大のヒット作となったのが週刊少年ジャンプ連載の「SLAM DUNK」(スラムダンク)。その人気は、原作漫画が完結して長い時間が経った現在も変わることはありません!

そして、連載完結25周年となった2021年、「SLAM DUNK」のアニメ映画化というビッグニュースが作者である井上雄彦さんから発表され、スラダンファンは沸きに沸きました!
今回はそんな賑わいを見せる「SLAM DUNK」(アニメ版登場キャラに限定)でキャラクター人気投票を実施!あのイケメンキャラは何位なのか?主人公・桜木花道は何位なのか!?スラダンファン注目のランキングです!
1位に輝いたのは…!

※記事中の人物・製品・サービスに関する情報等は、記事掲載当時のものです。

【アニメSLAM DUNK(スラムダンク)人気キャラランキング】

第1位 桜木花道(さくらぎはなみち)
第2位 流川楓(るかわかえで)
第3位 三井寿(みついひさし)
(4位以下は『ランキングー!』サイトに掲載中)

調査方法:10~60代の男女(性別回答しないを含む)9235人を対象に、株式会社CMサイトが行ったインターネットリサーチ結果を集計。


初心者からのし上がったリバウンド王!1位は桜木花道(さくらぎはなみち)!

<投票者のコメント>
「スラムダンクを通してバスケットが大好きになった。 桜木花道のような考え方に憧れる」

「やる時はやる男らしさ最高でしょ」

「無茶苦茶なようでこれ以上できないくらいの努力をしているから」

見事1位に輝いたのは湘北高校バスケット部1年生・桜木花道。ヒロインの赤木晴子に振り向いてもらいたい、との理由で全くの未経験からバスケットを始め、湘北バスケ部になくてはならない重要戦力へと成長していった主人公です!超高校生級のスタミナとジャンプ力を誇り、189cmの体格を駆使したリバウンド能力は作中トップクラス!また、その身体能力だけに頼ることなく、地道な基礎練習でバスケットプレイヤーとしての地力をつけていき、わずか4ヶ月の間に全国区のプレイヤーへ急成長……自身も言っていますが、間違いなく天才です!アニメ版では描かれませんでしたが、最後の山王戦で決めたのが身体能力を活かした豪快なダンクではなく、練習に練習を積み重ねてきたジャンプシュートだった、という点も最高ですね!2度の公式人気投票ではどちらも1位選出でしたが、本ランキングでもぶっちぎりの1位となり、その圧倒的な人気は今も変わらないようです!


女性ファンから圧倒的支持を受けて2位選出!2位は流川楓(るかわかえで)!

<投票者のコメント>
「流川君のカッコよさはSLAM DUNKの虜になった始まりです」

「格好いい、タイプ、昔から大好きでした」

「流し目の寡黙でクールなイケメン」

2位は湘北高校バスケット部1年生・流川楓。中学時代からその名を知られた存在であり、高校1年生ながら陵南の仙道、山王の沢北といったエースプレイヤー相手に一歩も引かない戦いぶりを見せたオフェンスの鬼です!高身長なイケメンで選手としても一流、さらにアニメ版ではイケボ声優である緑川光さんが声を担当して様々な人気要素が積み重なったキャラとなり、彼にガチ恋したファンも多いのではないでしょうか?ただ、能力は誰もが認める所ですが、味方にあまりパスを出さない、40分間スタミナが持続しないなど、ちょっとした欠点もある模様。コミュニケーション能力にもやや難ありですが、そのクールな性格(そして超強気な一面もあり)は彼の大きな魅力でしょう!今回の調査では流川への女性ファンの投票が非常に多く、時代は変わってもやっぱり人気キャラということが改めて証明されました!


絶望から這い上がった燃える男!3位は三井寿(みついひさし)!

<投票者のコメント>
「挫折を乗り越え復活したから」

「『この音が オレを甦らせる。何度でもよ』は鳥肌!」

「三井がいなければ話が成り立たない」

3位は湘北高校バスケット部3年生・三井寿。当初は湘北バスケ部を絶望に陥れた不良キャラとして登場しましたが、実は湘北バスケ部所属メンバーであり後に改心して部へ復帰。中学時代に神奈川県大会でMVPを獲得した実績は伊達ではなく、得意のスリーポイントシュートをぽんぽん決める「湘北屈指の飛び道具」として必要不可欠な戦力となりました!シューターとしての才能に秀でるだけでなく、基本的なバスケセンスの高さも認められていますが、如何せんブランクがあったためスタミナ面には大きな不安も……。どこか超人揃いなキャラクター達の中で、挫折からの復活を遂げたり、緊張してトイレに籠もったりとやたら人間っぽく描かれたのも彼の魅力ですね!


4位以下は木暮公延(メガネ君)や、彩子、藤真健司、鉄男などがランクイン!

4位以下のランキング結果もぜひご覧ください!

【関連記事】

おすすめの記事