Yahoo! JAPAN

【最近10年の名作で】戦争映画おすすめ名作ランキング…この世界の片隅に、永遠の0、日本のいちばん長い日がTOP3に

ランキングー!

 戦争映画おすすめ名作ランキング

地球に国という概念が誕生して以降、様々な国家間で行なわれてきたのが戦争という行為。現在までにありとあらゆる時代と場所で人は争いを繰り広げ、その到達点となった2度の世界大戦は国土と人類の記憶に深い傷跡を残しました。そんな中、「過去の忌まわしき出来事を忘れない」という意味も込めて制作されるのが戦争映画。今回は「2010年以降に公開された戦争映画で名作だと思う作品は?」という内容で調査を実施。第二次世界大戦だけでなく、様々な時代の戦争映画が登場する注目ランキングです!


1位に輝いたのは…!

※記事中の人物・製品・サービスに関する情報等は、記事掲載当時のものです。

【最近10年の作品限定!戦争映画おすすめ名作ランキング】

第1位 永遠の0(2013年)
第2位 この世界の片隅に(2016年)
第3位 日本のいちばん長い日(2015年)
(4位~20位は『ランキングー!』サイトに掲載中)

「どんな苦しいことがあっても 生き延びる努力をしろ!」という普遍的なメッセージの重み……!第1位は永遠の0(2013年)!

<投票者のコメント>
「岡田准一がとても良かった」

「特攻隊員の願い、思いに感動」

「戦場へ向かう兵士と家族の絆が、すごく良かった」

見事1位に輝いたのは戦争・ドラマ映画「永遠の0」。百田尚樹さんの手掛けた同名小説の映画化作品であり、太平洋戦争中に海軍航空隊の一員として戦った零戦パイロット・宮部久蔵の生き様を追った物語となっています。臆病者と罵られながらも、他の誰よりも生き残ることに固執したベテランの天才パイロットがなぜ最後に特攻兵として出撃したのか?宮部久蔵を演じた俳優・岡田准一さんの鬼気迫る演技に称賛の声が多数上がり、またCGによって描かれた臨場感のある戦闘シーンも本作を見応えあるモノにしました。重い爆弾を積載した戦闘機や爆撃機で敵艦に突っ込む「特攻」とは何だったのか、駆り出された若き特攻隊員は何を思っていたのか。兵士としての葛藤、家族愛、命の重みなど、深く考えさせられることばかりの一作です。


普通の市民が広島で体験した太平洋戦争……!第2位はこの世界の片隅に(2016年)!

<投票者のコメント>
「映像がとてもきれい。当時の暮らしぶりが丁寧に描かれていて、何度も見ました」

「日本の一般人の日常を描いていたのが印象的でした。他の映画は、アクションとか映像のスケールに重点が置かれてたりしてるので、選ぶならこの作品かな」

「印象的な被爆体験の描写 」

2位はドラマ・アニメ映画「この世界の片隅に」。本作の主な舞台となるのは太平洋戦争中の広島。広島市に生まれ、呉市に住む北條周作に嫁いだ浦野すずの日常が描かれた「戦中の日常アニメ」であり、また夫婦のラブコメとしても見どころのある一作です。戦時下の料理描写や家族の暮らしぶりなど、物語前半は穏やかなテイストでストーリーが展開しますが、緻密な作画と考証によって描かれた戦艦・大和の入港シーンや、リアルな音と描写で迫るアメリカ軍艦上戦闘機の機銃掃射、大規模な空襲等もあって次第に緊張感は高まり……。映画では時系列が進むごとに年月日が表示されますが、日本人なら誰もが知る「昭和20年(1945年)8月6日」に近づくほどに心苦しさが増していき、終盤の被爆描写も観た人に大きな衝撃を与えました。

【配信中サイト】Netflix、U-NEXTなど

1945年8月15日、日本が迎えた「一番長い日」を描く!第3位は日本のいちばん長い日(2015年)!

<投票者のコメント>
「終戦記念日の天皇を初め軍隊の状況が如実に表されており、勉強になった」

「最後が凄かった。戦争って改めて怖いと感じた作品」

「終戦の裏側を見た気がした」

3位は歴史・ドラマ映画「日本のいちばん長い日」。かつて岡本喜八監督によって製作された「日本のいちばん長い日」(1967)のリメイク版であり、太平洋戦争が終結へと向かう中で混乱を極める日本政府、終戦間近となって暴走する一部陸軍将兵の動きが描かれた歴史映画です。1967年版では昭和天皇(を演じた役者)を真正面から撮影しない、顔すら映さないという配慮がありましたが、本作では俳優・本木雅弘さんがその大役を担い、威厳を感じさせる立ち居振る舞いや表情を見せ、さらには作中で下した決断も印象的でした。そして、観た人の記憶に刻まれる陸軍大将・阿南惟幾の割腹自決シーン……役所広司さんの迫真の演技は、1967年版で同じシーンを演じた三船敏郎さんに劣らぬ一幕です!!

【配信中サイト】Netflix、U-NEXTなど

4位以下は、彼らは生きていた(2020年)や、ジョジョ・ラビット(2020年)、アイアン・ソルジャー(米公開2014年、日本劇場未公開)などがランクイン!あなたの胸に残る戦争映画は何位?

以上、10~60代の男女(性別回答しないを含む)10213名が選んだ「最近10年の作品限定!戦争映画おすすめ名作ランキング」でした。

4位以下のランキング結果もぜひご覧ください!

調査方法:10~60代の男女(性別回答しないを含む)10213人を対象に、株式会社CMサイトが行ったインターネットリサーチ結果を集計。

【関連記事】

おすすめの記事