Yahoo! JAPAN

ダイコン畑一面に草原 害虫駆除に緑肥が一役〈三浦市〉

タウンニュース

三戸の農地に広がる「エバーグリーン畑」

かつては三浦の夏の風物詩だった黄色のじゅうたんが、今は大草原に変身。その正体は、青々と茂った花の咲かないマリーゴールドだった--。

毎冬、一斉にダイコン栽培が行われる初声町三戸の畑。その農地の一角では、ダイコン栽培に欠くことのできない害虫駆除を目的に、「エバーグリーン」という品種のマリーゴールドが育てられている。

もともと、ダイコンに加害するキタネグサレセンチュウに対する抑制効果が高いことから、三浦半島では1985年頃から夏の休閑期に「アフリカントール」というマリーゴールドの栽培が普及した。畑にすき込むことで効果を発揮し、黄色やオレンジ色の花が咲いて景観用としても活用されていたが、今度はその花にオオタバコガの幼虫が卵を産みつけて新たな食害が発生。次第に栽培する畑が減っていったという。

その後、神奈川県農業技術センター三浦半島地区事務所が、2010年度からエバーグリーンの試験栽培を行い、抑制効果の高さを確認。さらに、茎や葉が柔らかいためすき込み後の分解が早く、花が咲かないことでオオタバコガの発生も防げるなど、利点が多いことから新たな緑肥として広まり始めた。

市内でいち早く試験導入したのが、生産者グループ「味菜研究会」。そのうちの1人、三戸の三上幸一さんは自身の畑で6年ほど前から栽培している。三上さんによると、センチュウ被害は一度発生すれば深刻で、「その年、その畑のダイコンは出荷できない。一発で全部廃棄」とため息をつく。

生産者は播種前に防除のための農薬を散布するのが通例だが、近年は薬剤の価格値上がりや消費者の減農薬志向の高まりもあって、エバーグリーン栽培に切り替える生産者も増加。三浦市農協営農部の岩崎隆幸さんによると、休閑畑に植栽することで大雨で土が流出したり、強風で砂ぼこりが立ちにくいといったメリットもあり、今年から組合員に手押し播種機の貸し出しを始めたという。

ダイコンの播種はおおむね8月頃から始まり、まもなくすき込み作業が行われる。「もうすぐ見られなくなる今だけの草原を知ってもらえたら」と三上さんは話している。

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 冷蔵庫でレタスを長持ち保存 いつでもシャキシャキなライフハック

    おたくま経済新聞
  2. <キーワードは年齢>周囲の目が気になる。おひとりさまでどこでも行ける?

    ママスタセレクト
  3. トルコリラ、下落リスク再燃か!? エルドアン大統領の「利下げ圧力」に耐えるTCMB総裁の頑張り(志摩力男)

    J-CAST会社ウォッチ
  4. 室龍太、麻央侑希、高田翔出演『春風外伝2021』色鮮やかなオールキャスト扮装ビジュアルが完成

    SPICE
  5. 炒めた「冬瓜」と材料をお米と炊くだけ!野菜の旨味たっぷり“冬瓜とまいたけの炊き込みごはん”レシピ

    saita
  6. 繊研バイヤーズ賞で感じた百貨店という存在の耐えられない軽さ

    SEVENTIE TWO
  7. グランドピアノ2台で行う『2PIANO4HANDS』小室響と草田一駿が出演する“打ち上げセッションイベント”の開催が決定

    SPICE
  8. 伊豆急8000系が可愛い「ぽすくまのラッピング電車」に 原画展にあわせ来年3月まで運行

    鉄道チャンネル
  9. 【BT21グッズ情報】イオンに限定グッズが登場!Tシャツ、トレーナー...全部で13種、どれも可愛い。

    東京バーゲンマニア
  10. 小倉井筒屋「カフェコムサ」に新潟県産フルーツを使った限定ケーキ2種登場

    北九州ノコト