Yahoo! JAPAN

港南区・栄区 市民の森 新緑の中、散策を 〈横浜市港南区・横浜市栄区〉

タウンニュース

瀬上市民の森で新緑を楽しむ地域住民=4月21日撮影

コロナ禍で迎える2回目のゴールデンウイークを新緑が映える「市民の森」を散策してみてはいかがだろう。

市民の森は、横浜市独自の緑地を保存する制度で、山林所有者らの協力により、市民の憩いの場となっている。2020年4月付で市内に47カ所(約550ヘクタール)が指定されている。港南区は下永谷市民の森、栄区は飯島市民の森、上郷市民の森、瀬上市民の森、荒井沢市民の森、鍛冶ケ谷市民の森の計6カ所がある。

横浜市内で3番目の面積を持つ、瀬上市民の森は48・2ヘクタールで東京ドーム(4・67ヘクタール)10個分の広さだ。4月21日、同エリアには好天の中、ウォーキングを楽しむ地域住民の姿が見られた。

各市民の森へのアクセスはスマートフォンやパソコンで「横浜市市民の森・ふれあい樹林ガイドマップ」と検索し確認を。また、市民の森には駐車場がないため、市は公共交通機関の利用を促している。

【関連記事】

おすすめの記事