Yahoo! JAPAN

芥川賞を受賞した今話題の作家、宇佐見りんのデビュー作「かか」をご紹介!

広島のタウン情報webマガジン ペコマガ

芥川賞を受賞した今話題の作家、宇佐見りんのデビュー作「かか」をご紹介!

こんにちは。
広島蔦屋書店の河賀です。

節分も過ぎて暦の上では春ですね。
今年の節分は124年ぶりに2月2日でした。
危うくスルーするとこでしたが、気の利く友人のおかげで2日にオシャレなパエリア恵方巻を食べることができました。
春の訪れとともにみなさまに幸福が訪れますように!

芥川賞受賞!宇佐見りんのデビュー作「かか」

「かか」作 宇佐見りん

さて今回は、先日「推し、燃ゆ」で芥川賞を受賞された宇佐見りんさんのデビュー作をご紹介します。

デビュー作といっても「推し、燃ゆ」の前作なので2作目にして芥川賞!
すごい新人さんです。

「かか」は気になりつつも未読でしたが「推し、燃ゆ」が候補に入ってからすぐに読みました。
ミーハーですね(笑)
でも読んでよかったと思います。

母と娘の切ない物語

主人公のうーちゃんは、離婚を機に心を病み自分も周りも傷つける母(かか)に翻弄されながら生きています。
母を憐れみ、憎み、そして愛しすぎて、かかの痛みがそのままうーちゃんの痛みになるのです。

祖母に愛されたかったかか、冷めた態度で運命を受け入れる従妹への嫉妬、唯一の心のコミュニケーションの場SNS、あらゆる場面への感情の表現力が素晴らしく読者の胸を衝きます。
きっと同じ境遇でなくとも共感できることがあると思います。

はっきょうは「発狂」と書きますがあれは突然はじまるんではありません。
壊れた船底に海水が広がり始めてごくゆっくりと沈んでいくように、壊れた心の底から昼寝から目覚めた時の薄暗い夕暮れ時に感じるたぐいの不安と恐怖とが忍び込んでくる、そいがはっきょうです。

その後に続くかかが発狂していく様子はまさにはっきょうでした。
独特の方言と文体ではじめは読みにくいと感じるかもしれませんが、読んでいると気にならないというかそれが「かか」であり、一気に読めると思います。
誰もが避けられない母から生まれたという事実、生まれてしまったという事実の重さをうーちゃんはどう受け止めるのでしょう。
痛切な愛と自立の物語です。

話題になった芥川賞受賞作「推し、燃ゆ」

「推し、燃ゆ」作 宇佐見りん

推しが炎上した。
ままならない人生を引きずり、祈るように推しを推す。
そんなある日、推しがファンを殴った。(「BOOK」データベースより)

推すことの喜びと苦しみと生々しい執着の描写、胸に突き刺さる表現力に注目です。

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. おやつを目の前に、合図を待つ柴犬4姉妹 → この後、とある子にコントのような出来事が!?

    PECO
  2. 命綱なしでバンジージャンプの25歳女性死亡、「飛んで」の合図を勘違いか(コロンビア)

    Techinsight
  3. 「言っておきたいことがある」淡白だった彼の本音【LINE事件簿 #102/距離感のミスマッチング7】

    LAURIER PRESS
  4. 京本大我主演、小池修一郎演出 ミュージカル『ニュージーズ』2021年秋、上演決定

    SPICE
  5. HKT48・リクアワ1位は5期生曲『真っ赤なアンブレラ』田中美久「後輩たちがすごいなと感じて嬉しい」 <HKT48 リクエストアワー セットリストベスト50 2021>

    WWSチャンネル
  6. HKT48・リクアワ35位に田中美久・矢吹奈子(なこみく)楽曲「生意気リップス」がランクイン!<HKT48 リクエストアワー セットリストベスト50 2021>

    WWSチャンネル
  7. 指原莉乃の友達“アミコちゃん”、誰にも見えない…

    ナリナリドットコム
  8. 指原莉乃の友達“アミコちゃん”、誰にも見えない…

    ナリナリドットコム
  9. HKT48[ライブレポート]リクアワで証明した多彩さと大いなる希望「5期生1人ひとりがHKT48に欠かせない存在になれるように頑張ります」

    Pop’n’Roll
  10. 矢野顕子、8/25発売アルバム表題曲 「音楽はおくりもの」、俳優・のんが出演するMV公開

    SPICE