Yahoo! JAPAN

世帯年収950万円の40代女性「子どもは私大、私立高、公立小。高校無償化や児童医療費補助など、ことごとく対象外」

キャリコネニュース

「税金は増える一方なのに、見返りらしいものはなにもない」

世帯年収が多いほど、裕福な暮らしができると考える人は多い。収入が多ければ、その分自分たちに使える金額が増えるからだ。最近では夫婦共働き世帯が増え、世帯における消費活動も日々変化している。

2019年の厚生労働省調べでは、平均世帯年収は552万円。それを上回る世帯年収800万円~1000万円はどんな生活感なのか。愛知県の40代男性(個人事業主/世帯年収950万円)は、実家で家族内同居をしている。(文:中島雄太)

「欲しいものがあれば何も考えず買えるが、贅沢品を買おうとは思いません。子どもが習いたいというものをすべて習わせることができているので満足です」

お金のかかる趣味はないけど、国家試験のために出費がかさむ

東京都の60代女性(サービス業/世帯年収950万円)は、夫と2人で暮らしている。「子どもがいないので、贅沢な暮らしをしています」と語る。夫婦ともに「お金の必要な趣味がない」としながらも、国家試験を受けるために出費が嵩むと続けた。

「書籍代で50万円。専門学校が授業料だけで、30万円。特別講習と模試で20万円と多額になります」

大阪府の50代女性(小売業/世帯年収950万円)は、夫との二人暮らしだが「なかなか貯蓄ができませんでした」と語る。理由として夫の転職を挙げたが、最近は年収も安定してきたという。

「今は基本的に夫の収入でやり繰りして、私の収入はほぼ貯蓄できています」

メリハリをつけて生活しているといい、「老後資金を貯めていけるように現在はしっかり計画を立てています」とも続けた。

「税金は増える一方なのに、見返りらしいものはなにもありません」

石川県の40代男性(小売業/世帯年収900万円)は、新築注文住宅に妻と2人で暮らす。

「車は夫婦でそれぞれ所有しています。地方暮らしのため、車がないと生活が成り立ちません」

男性は、「旅行は年に1回必ず行きます。ただし、それ以外贅沢はまったくできません」と語り、世帯年収の割に贅沢ができない不満を述べた。

神奈川県の40代女性(サービス業/世帯年収950万円)は、増える一方の税金に不満を述べる。

「子どもは3人いますが、それぞれ私立大学、私立高校、公立小学校に通っています。しかし、世帯年収が高いため、高校無償化や児童医療費補助など、ことごとく対象外です」

子どもたちはいずれも体育会系で、「学費以外にも遠征費や用具に出費が嵩みます」と続けた。「税金は増える一方なのに、見返りらしいものはなにもありません。そのため、旅行に行ったり、外食したりするなんて縁がありません」と胸中を吐露した。

※キャリコネニュースでは引き続き「あなたの世帯年収への不満を教えてください」などのアンケートを募集しています。

【関連記事】

おすすめの記事