Yahoo! JAPAN

生活困窮者に支援 JAはだの 米50キロを寄付〈秦野市〉

タウンニュース

白米を手渡す山口代表理事組合長(右)

秦野市農業協同組合(山口政雄代表理事組合長、以下JAはだの)が12月28日、秦野市に白米50キロを寄付した。同日、秦野市を代表して山本隆浩福祉部長らがJAはだの本所を訪れ、山口代表理事組合長から受け取った。

山本福祉部長は、「コロナの影響で生活困窮者が例年より増加している。なかでも食べるものがない深刻な状況の人も多く、いただいた白米は食料援助に使わせていただきます」と感謝を述べた。市によると生活困窮者の相談件数は2020年4月から11月までで1302件。前年同時期の7・8倍になっている。

【関連記事】

おすすめの記事