Yahoo! JAPAN

ELLY、全面的にSHOKICHIをリスペクトも…“意外すぎる欠点”を暴露

anan総研

ELLY、全面的にSHOKICHIをリスペクトも…“意外すぎる欠点”を暴露

EXILE SHOKICHIさんとCrazyBoyことELLYさんのコラボ「KING&KING」。普段から仲が良いというお二人に、スペシャルタッグシングル『KING&KING』の制作秘話などいろいろと伺いました。

ananweb 編集部

――このプロジェクトが始まったきっかけを教えてください。

SHOKICHI(以下、S):よく一緒にサウナに行くんですけど、そこでELLYが誘ってくれたんですよ。’20年はパーフェクトイヤー(6年に一度開催されるLDHの祭典)だから、何かおもしろいことやって盛り上げていきましょうって。もう結構前だよね。

ELLY(以下、E):去年ですね。王道のエンターテインメントはそれぞれのグループで見せられるので、それよりはもっと刺激を与えられるものを作りたくて。それを誰とやるか考えた時、ダンスもできて、歌も歌えて、音楽も作れるSHOKICHIさんだなと。それで一回、ダメ元で声をかけてみようと思ったんです。

S:ダメ元っていうのは、完全に枕詞でしょう(笑)。

E:はい、ダメ元だなんて1ミリも(笑)。絶対にやってくれるだろうと思ってました。

S:これまでも何回かコラボさせてもらっているけれど、ELLYは僕のストロングポイントを伸ばしてくれるんですよ。かゆいところに手が届く感じというか。だから絶対に楽しくなるだろうなって。

E:いやー、嬉しいっすね。

――制作はどうされたんですか?

S:僕はグループでもソロでも自分のプロデュースで曲を作っているので、自分の枠を超えるためにも今回はELLYに委ねようと。歌詞とメロディは少し書きましたけど、楽曲の方向性はELLYが引っ張っていってくれました。

E:僕の作る音楽にのってきたら、絶対に新しいSHOKICHIさんを見せられるだろうなって。それプラス、世界で聴いてもらえる曲を作りたいというのがあったので、楽曲にはこだわりましたし、グルーヴをすごく大事にしました。

S:グループやソロでは戦略上、ポップに作ることを心がけてきたのですが、久しぶりに自分の持ち味というか、R&B色を全開に出せる曲を持ってきてくれたので、少年の時にやっていた音楽を思いっきり楽しめた感じです。

E:SHOKICHIさんの真骨頂出たー! って感じですよね。俺、「やった!」って思いましたもん。とくに2曲目の「AFTER PARTY」は、今市(隆二)くんに聴いてもらった時、「え、これ誰!?」って驚いていたくらい。

S:ダンスも本意気で踊りました。

E:あはは! 「AFTER PARTY」はMVもワンカットで撮ったんですよ。三代目JSBでもやったことがない初めての挑戦。

S:フルで踊ってるし、超疲れたよね。3回目でOK出たんですけど、僕を撮ってるカメラの後ろ側で、ELLYが見切れないように全力で走ってるのが見えて、僕が噴き出してNGになったり(笑)。

E:あれはやばかった(笑)

僕たちは、音楽がないと生きていけない二人。

――お二人のお付き合いはどれくらいですか?

S:もう10年くらい。初めて会った時、ELLYのエナジーのようなものが僕に突き刺さって。これはかっこいい人が入ってきたなと思いました。でも当時のELLYはLDHに入ったばかりで、会社のフォースの中で自分らしさを出しきれない部分があったんです。だから僕は、もっとELLYのスタイルでやったほうがいいよって。

E:そう。SHOKICHIさんが後押ししてくれたおかげで、僕のアーティストとしてのキャリアはどんどん進んでいったので、SHOKICHIさんは恩人なんですよ。そこから三代目JSBの「R.Y.U.S.E.I.」のダンスやソロの曲を生むことができて。

S:前に、二人で1時間ウォーキングしたこともあったよね。

E:SHOKICHIさんの家から目的地まで歩こうって。

S:SHIBUYA109の前で二人で写真も撮った(笑)。

E:サウナスーツでね(笑)。

――お二人とも、仲間やスタッフに愛される“いい人KING”という印象があるのですが、人とのコミュニケーションで心がけていることは何かありますか?

E:なんか、いい人KINGっていいですね(笑)。

S:僕は自分が傷つきやすいというか、気にしぃなので、相手にそういう思いをさせないために言い方には気をつけてます。今の冷たく聞こえちゃったかなとか、自分の発言で後悔することもよくあって。メールもすごく考えます。一言だとしても何度も打ち直したり、絵文字はこれじゃないなとか。

E:あはは! わかるけど、そこは俺と違うところなのかも。俺は結構言うタイプなんですよ。ただ、自分が何か変なことを言っちゃった時は、すぐに謝ります。「ごめん、まじごめん」って。あと意識しているのは、その人の一番いいところしか見ないってことですかね。何かあったとしても、でもあそこはめっちゃ素敵だし、それ以外はどうでもいいかなって。

――では、お二人が思う、お互いの愛されポイントはどこですか?

E:先輩に対してこんなこと言うのもあれですけど、SHOKICHIさんは好きなことにまっすぐで、無邪気な少年みたいなんです。

S:ELLYもそうだけどね。でも彼の場合はELLYワールドのようなものがあって、みんなそこに竜巻のように引き込まれていくんです。ELLYが言うなら、それよさそう! みたいな。そういうカリスマ感があって、みんなELLYのことが大好きなんです。

――お互いの尊敬するところは?

S:やっぱりELLYは自分が好きなことに対して好奇心を持って追求し続けるところですね。キャリアを積んでいくと、飽きたり、情熱が尻すぼみになる人もいますけど、ELLYにはそういうところがない。本当に音楽が好きなんだろうなと思います。

E:SHOKICHIさんもそういう人。仕事だからとかじゃなくて、本当に音楽が好きだから作りたいという情熱をめちゃくちゃ感じる。LDHの中でも僕らは音楽がないと生きていけない二人なんです。リスペクトする部分はもう全部。顔も頭の中も。ここが微妙ってところが何もないんですよ。

S:いや、欠点でできてます。

E:欠点があるとしたら、かわいい女の子に弱いところ(笑)。

S:めちゃめちゃ弱いです(笑)。

E:僕もそうなんですけど、女性に弱いのが欠点です(笑)。

エグザイルショーキチ 1985年10月3日生まれ、北海道出身。ソロシンガー、EXILE、EXILE THE SECONDのボーカル&パフォーマーとして活躍中。アーティストへの楽曲提供も行う。

クレイジーボーイ 1987年9月21日生まれ、青森県出身。ヒップホップアーティスト。ELLY名義で三代目 J SOUL BROTHERSのパフォーマーとしても活躍。公式YouTubeチャンネルも人気。

KING & KING EXILE SHOKICHIさんとCrazyBoyこと三代目 J SOUL BROTHERSのELLYさんによるコラボエンターテインメント。「FLY LIKE A DRAGON」「AFTER PARTY」「RAKUEN」「CHASIN’」の4曲入りとなる待望のスペシャルタッグシングル『KING&KING』が発売中。

※『anan』2020年10月14日号より。写真・内田紘倫(The VOICE) スタイリスト・jumbo(speedwheels) ヘア&メイク・大木利保(B.O.N/SHOKICHIさん) MAX(CrazyBoyさん)取材、文・菅野綾子 衣装協力・Ralph Lauren purple label 撮影小道具協力・アワビーズ バックグラウンズファクトリー

(by anan編集部)

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 異端児だからこそ生まれるアイデアで、最高のエスプレッソを提供

    料理王国
  2. フワちゃんのボケにツッコめず、さんまが謝罪

    ナリナリドットコム
  3. フワちゃんのボケにツッコめず、さんまが謝罪

    ナリナリドットコム
  4. 【栃木県那須黒磯ドライブVOL.2】ふらっとひとりツアー ~CHUS・Pino cafe&meal~

    宮城仙台散策マガジン せんだいマチプラ
  5. 北仙台駅目の前!コスパ抜群の焼肉屋さんのランチへGOGO ~スタミナホルモン食堂 食樂 北仙台駅前店~

    宮城仙台散策マガジン せんだいマチプラ
  6. ウエンツ瑛士、留学から帰国後「怒るようになった」

    ナリナリドットコム
  7. ウエンツ瑛士、留学から帰国後「怒るようになった」

    ナリナリドットコム
  8. 【NEWS】焼きたてカスタードアップルパイ専門店「RINGO」×「シルバニアファミリー」コラボ企画第二弾!~仙台駅2階 12/14(月)より~

    宮城仙台散策マガジン せんだいマチプラ
  9. KREVA、「Fall in Love Again feat. 三浦大知」MV公開 “人との距離をとっても心の距離は遠ざけない”思いを映像化

    SPICE
  10. KEMURI、ニューアルバム『SOLIDARITY』より「Blue Moon」のMVを公開

    SPICE