Yahoo! JAPAN

【美味しさ倍増】ゴージャス炒飯 3選

asatan

【美味しさ倍増】ゴージャス炒飯 3選

あんかけON! ~ 敦煌

出典:https://asatan.com

ところは買物公園。中心街では希少にして貴重な中国料理店だ。
お昼はお得なランチメニューもあって、サラリーマンで賑わう人気店でもある。
もちろん本格中華も。品数は結構ある。

で、ここの炒飯。ファンがいるほどの旨さだが、それをさらに美味しくしたものが存在する。

あんかけチャーハン(950円)

見た目、中華丼のように見えるが、これがあんかけのかかった炒飯。
他に美味しいものON !の炒飯ラインナップには、麻婆豆腐をかけたマーボチャーハン(950円)がある。
ちなみに、スタンダードな炒飯が700円だから、けっこうなゴージャスぶりだ。

出典:https://asatan.com

あんは、硬すぎずゆる過ぎず、さすが専門店。風味はやや濃い目かな。
こういうのを見るとすぐに「うずらの卵」の存在を気にするヒトがいるが、ちなみに、残念ながら入ってない(笑)

出典:https://asatan.com

ゴージャスを語るその前に、同店の炒飯は、元来とても旨い!ということをお断りしておく。
チャーシューの風味が効いて味わい深く、食感しっとり。
じゃあパラパラじゃないの? いえいえ、ご覧の様に飯粒一つひとつに油がまわってる、これがパラパラ炒飯。
たまに水分少な目な飯粒を強火で撹拌したようなものに遭遇するが、あれはパラパラじゃなく、「ぱさぱさ」だ。

出典:https://asatan.com

この味わい深き炒飯にあんが絡めば、旨さが増幅。
両者の相性の良さは至極のもので、互いが互いを引き立てて旨いことこの上なし。
これ、前述のパラパラ炒飯だから成せる業と筆者は勝手に絶賛する。
悪戯に溶け合わないところに、味わいの「冴え」があるんだな。

出典:https://asatan.com

とかなんとか言ってるうちに、あっという間にビールも蒸発。
旨い炒飯はこれだから困る(笑)。

お店情報

店名:中国料理 敦煌
住所:旭川市5条通8丁目
電話:0166-26-4300
営業時間:11:00〜21:00
定休日:不定
駐車場:なし

餃子をON! ~ さとう家

出典:https://asatan.com

暖簾にはラーメンを掲げているが、食事メニューの多さから誰もが大衆食堂と信じて疑わない(笑)。
だって、メニューは豊富、かつ旨い!
なので魅惑の炒飯も確かに存在するのである。

餃子チャーハン(700円)

何かがON!のメニューはほかに、目玉チャーハン(650円)が。
ふつうのチャーハンは550円。
ちなみに、餃子定食は600円。餃子単品(10個)が500円。餃子も炒飯もと中華好きなお方にはリーズナブルで有難いメニューかも。

出典:https://asatan.com

まず、土台の炒飯だが、味わい濃い目な家庭的な炒飯といった感じ。福神漬けが添えられたところに親近感を覚えてしまうのは筆者だけだろうか。
福神漬けはカレーより、むしろ炒飯と相性が良い。

出典:https://asatan.com

一方、餃子はあっさりテイスト。薄皮仕立てで、あんも柔らかくソフトな食感だ。
うんうん、炒飯の味が濃い目な分、両者の味わいのバランスは絶妙、といったところか。
もとより、炒飯は量的にボリュームがあるので、餃子は控えめで結果オーライ。

ところで、両者を別皿にせず一緒にしたのはなぜか。
ここまで書いてふと思った筆者。
この餃子をスプーンで突き崩して、餃子のあんを炒飯にまぜて食べたら、ひょっとしたら美味しいんじゃないか。
次回、訪ねた時に試してみようか。

お店情報

店名:さとう家
住所:旭川市東光12条1丁目
電話番号:0166-37-8737
営業時間:11:00~21:00
定休日:月曜
駐車場:あり

エビフライON! ~ こぐまん

出典:https://asatan.com

ラーメンをメインに食事メニューもバラエティ盛りだくさん。加えて、ボリュームの良さにも定評のある人気店。
近文駅での撮り鉄の行き帰りにも便利(筆者の都合です)。

有難いことには、炒飯にもバラエティがあって、腹ペコには悩ましい。

海老フライチャーハン(1000円)

エビフライも漢字を使うと格調ありげですな。
ソースはフライにかけた状態で供される、この画像がいわゆるデフォルトの状態。

ほかに、カツチャーハン(950円)なんてのもあって、これは大いに迷う。
ちなみに、ふつうの炒飯は700円。

出典:https://asatan.com

衣はやや厚め。サクッとむちっとかぶりつけば、中からエビがプリプリと。
エビフライって、昭和生まれの筆者には「ごちそう」の代名詞のひとつ。いまだ、そういう刷り込みがあるものだから、この炒飯はゴージャス以外の何者でない。トンカツと比べてどっち?という点でも、エビフライでしょうか(笑)。そんな意味でもこの食べ応えは堪らない。

出典:https://asatan.com

炒飯の味わいは、しっとりあっさり。
それだけに、ソース味のエビフライとは取り合わせが良く、エビフライ定食を食べるようなテンポで食べ進む。
最初の画像もそうだが、器は実は見た目より深さがあって、その分、ボリュームは満点。

お店情報

店名:こぐまん
住所:旭川市錦町15丁目
電話:0166-74-4539
営業時間:05:00~08:00/11:00~14:00/17:00~20:00
定休日:月曜
駐車場:あり

満腹後記

いかがでしたか。
小食なお方や、ダイエット中の方にはちょっと目の毒なボリューム感だったでしょうか(笑)。
でも、アレンジの効くところにある炒飯の楽しさというのがあると思います。
皆さんもぜひ、たまには、ゴージャスにいかがでしょう。

【関連記事】

おすすめの記事