Yahoo! JAPAN

Peel the Apple[インタビュー後編]逆境を共有する仲間と開くアイドル新章の扉「オーディションの悔しさを全部力に変えて、アイドルの天下を獲りたい」

Pop’n’Roll

Peel the Apple[インタビュー後編]逆境を共有する仲間と開くアイドル新章の扉「オーディションの悔しさを全部力に変えて、アイドルの天下を獲りたい」

26時のマスカレイドの新メンバーオーディションのファイナリスト8名によるPeel the Appleの結成の舞台裏に迫るロングインタビューの後編。本日は、オーディション落選直後に新グループへの加入を30分以内に決めることを迫られた際の心境を皮切りに、Peel the Apple結成に対する想い、これからの目標について思いのままに語ってもらった。大きな夢を目指して、ライバルたちとチームを組み、お互いに切磋琢磨しながらも、1度は大きな絶望を経験したPeel the Appleのメンバー。“選ばれなかった”という挫折を胸に抱きながら、再び、新しい夢に向かって歩みを始めた彼女たちの素顔に迫る。

撮影:曽我美芽
編集協力:竹内伸一

これは自分だけの問題なんだなって1人で決めました(田島櫻子) ファンの方や家族に恩返ししたいなってすぐに思った(春海りお)

――ニジマス新メンバーの結果発表のあと、楽屋に戻ったら、いきなり新グループ結成の話をされたんですよね。

黒嵜:
またパニックです(笑)。また頭が真っ白になりました。

山崎:
やっと涙が止まったのに、また涙が出てきて。

佐野:
部屋に入ったら、イスが並べてあったので、何かあるなとは(笑)。

黒嵜:
毛利(忍/26時のマスカレイドの初冠番組『26時ちょい前のマスカレイド』のプロデューサー)さんのことだから、何か大きなことを言われるんだろうなって(笑)。

佐野:
正直、ワンチャンあるかなって思いました(笑)。

――新グループへの加入は30分以内に決めなくてはいけなかったんですよね。

浅原:
めっちゃ考えました。1人じゃ決められないし。家族とかも関係してくるじゃないですか。“やりたいけど、どうしよう……”って。

――家族に電話した人はいますか?

田島:
しました。でも、話す言葉がみつからなくて“こめんね、ごめんね”ってずっと言ってました。“謝らなくていいんだよ”って言われて、それでまた泣いてしまって。最初に30分って言われて、まずはメンバーのみんなに相談したかったんですよ。でも、社長から“これは1人ひとりの問題だから”って言われて。それで“そうか、これは自分だけの問題なんだな”って1人で決めて、2階(新グループ加入を伝える部屋)に行きました。

山崎:
私は、全然気持ちが定まらなくて。

佐野:
複雑すぎるよね。どういう心持で行けばいいのか……。

山崎:
話を聞いて、部屋を出たあと、みんな階段でまた泣いて。

田島:
お互いに支えないと歩けなくて。

黒嵜:
でも、りおは迷わず行ったんですよ。私、めっちゃ尊敬してます。私も迷わずに行ける人生にしたい(笑)。

――春海さんがすぐに決断できた理由は?

春海:
なんでだろう……直感で、これは行くしかないって思って。ファンの方や家族に恩返ししたいなってすぐに思ったんです。

――どのくらいで決めたんですか?

春海:
えっと、どうだろう……どうだった?

黒嵜:
すぐに“えっ、行きたいんだけど、いいかな?”って(笑)。さすがです、すごいです、ホントに。

――春海さんは一般応募でダンスも歌も未経験なところからスタートしたんですよね。ここで夢を掴もうとすぐに決心できたんですね。

春海:
そうですね。

黒嵜:
すごい……。

田島櫻子(Peel the Apple)
春海りお(Peel the Apple)

やる気はあるけど、もう深いことは考えられるような状況じゃなかった(松村美月) “Peel the Apple”って言われて、やっと実感がわきました(浅原凜)

――それで、この8人が集まったわけですが、すぐに前向きに頑張っていこうというマインドになりました?

黒嵜:
いや、これからどうなるんだろうって……。

田島:
“やるか、やらないか”よりは“やる気があるか、ないか”だったんで、ちゃんとやるのかどうかわかってなかったんです。

佐野:
後悔したくないから行こうっていう感じだったんで、正直、まだ前向きにはなれてなかったですね。

堤:
ずっとニジマスさんになりたいっていう目標だったのに、それがなくなって“今後何をしよう”って真っ白になっていた時に“新しいグループ”っていう話が出てきたので、もう“それを掴むしかない”みたいな気持ちだったんですけど、掴んだものの、これからどうなるんだろうって。

松村:
やる気はあるけど、もう深いことは考えられるような状況じゃなくて。一旦、持ち帰って考えたいっていう気持ちでした。

――家に帰って、冷静になってからはいかがでした?

山崎:
うーん、悔しい気持ちもあったので……。

黒嵜:
とりあえず、眠れませんでした。疲れているのに。

佐野:
家に帰っても考えられないというか、何を考えたらいいのかわからない感じでした。

――そこから次に集まるまで、どのくらいの期間があったんですか?

浅原:
1週間くらい。

山崎:
これからどういう活動をしていくのかとか、グループのコンセプトについての説明がありました。

堤:
ライブのあとには、“このメンバーでグループを組みます”ってことだけだったんです。面談でやっと、どういう風に活動していくのかがわかって。でも、まだグループ名は教えてもらえなくて、その時も“どうしよう?”って思ってました(笑)。

――その次に集まった時にグループ名の発表があったのでしょうか?

浅原:
そうです。その時に名前が“Peel the Apple”って言われて、“おお~”って(笑)。やっとグループなんだっていう実感がわきました。

――英語のグループ名になるのは予想していなかったんですよね。

一同:
ホントに!

浅原:
ひらがな系でくると思ってました(笑)。

佐野:
毛利さんのことだから、ユニークな名前だろうなって思っていたら、王道で可愛い名前でした(笑)。

黒嵜:
名前の由来もしっくり来たよね。

松村美月(Peel the Apple)
浅原凜(Peel the Apple)

いろいろなことができるアイドルになりたい(佐野心音) 私、心霊現象ドッキリがやりたいんですよ(黒嵜菜々子)

――これから本格的に活動をしていくわけですが、理想としているアイドル像はありますか?

佐野:
いろいろなことができるアイドルになりたいですね。アイドル系の曲だけじゃなくて、聴かせる曲も歌いたいです。アイドルが好きじゃない方にも知ってもらえるような存在になりたいと思っています。

山崎:
私たちのよいところって、みんな仲がよいところだと思うんですけど、そこを大切にして、みんなと1つひとつ頑張っていきたいなと思います。

浅原:
合宿もしましたし、レッスンも一緒で、みんなで過ごす時間が長かったから。一緒にまたできるのは嬉しいです。

――今後、やってみたいことは何ですか? 初めての生配信番組で言っていた“座禅でバンジージャンプ”以外にあります?(笑)

一同:
はははは(爆笑)。

佐野:
“座禅でバンジー”は、ヤバい(笑)。

黒嵜:
バラエティ以外でやりたいことってことですよね?

――そうですね。でも、“座禅でバンジー”はやるんですか?

黒嵜:
やります!

田島:
いやだ~!

佐野:
やりたい人だけ、どうぞ。私は見守ってるから(笑)。

黒嵜:
やらせます!

堤:
こんな状況ですけど、1番に夢見ているのはライブです。

一同:
(大きくうなずく)

堤:
まだダンスの練習には入っていないんですけど、早く曲を完成させて、披露できる日が来るといいなって思います。

――曲といえば、現在<第1回PtAセンター争奪戦>が行なわれています。

堤:
これも突然発表されたんです。

黒嵜:
また仲間と戦う感じになるんだなと思うと、ちょっと……。

田島:
快くはない(笑)。

――まずは、センターになりたい人が自己申告するんですよね?

浅原:
そういう決め方だとは正直思いませんでした(笑)。

田島:
ちゃんと聞けばよかった!

黒嵜:
次からはちゃんと聞きます(笑)。でも、やるからには、みんなで仲よくやっていきたいなとは思ってます。

田島:
もうホントに争いたくないの。落ちたつらさは、もうみんな経験しているので、これ以上は。平和にいきたいです。

――むしろ運営側に“君がセンターだよ”と決めてほしいと。

黒嵜:
それが1番楽なんですけど……。

松村:
今は箱推しさんもけっこういるから、順番がついちゃうのはね……。

浅原:
でも、前向きに捉えると、ツイッターとかYouTubeとか、いろいろ使ってやっているので、私たちのことを知らない人に見てもらえる機会にはなるのかなとは思います。

――大人はメンバー間の競争を仕掛けてくるけれど、メンバー同士はすごく仲がよいということですね。もう争うのは嫌だと。

田島:
嫌です!

黒嵜:
そうなんですよ。目標が“家族みたいに仲がよいグループ”なんで。

田島:
あの、もし同居したらっていう妄想がありまして(笑)、料理を作れる人が多いんですよ。りおちゃんと、もねちゃんと、みっちゃん(松村)と、(山崎)玲奈も?

山崎:
一応。

黒嵜:
(自分を指さす)

田島:
えっ、菜々子ちゃん、最近作るの?

黒嵜:
菜々子ちゃん、最近作る。しょうが焼き作る。

田島:
これだけ料理が作れる人がいるんですよ。で、凜ちゃんと私が皿洗いで。あ、ねちちゃんは?

黒嵜:
ねちちゃんは歌ってくれるから(笑)。

佐野:
実際に、もねちゃんとかに“歌って”って言われる(笑)。“え、急に?”って(笑)。

黒嵜:
このグループは、急が多いんですよ(笑)。

佐野:
これからもムチャぶりがあると思うので、耐性をつけていかないと(笑)。

黒嵜:
ドッキリもやってみたい(笑)。

――そんなこと言うと、本当にドッキリされちゃいますよ(笑)。

黒嵜:
仕掛けたいです(笑)。私、心霊現象ドッキリがやりたいんですよ。

堤:
なんでそんなにホラーが好きなの? やめてよ~(笑)。

佐野心音(Peel the Apple)
黒嵜菜々子(Peel the Apple)

私たちの気持ちが込められている「はじまりのはじまり」は、心を込めて歌いたい(山崎玲奈) ありのままでしか出せない魅力を、このグループにたくさん詰め込められたらいいな(堤もね)

――オリジナル曲はもうできているんですか?

一同:
はい。

田島:
レコーディングした「はじまりのはじまり」は、“ザ・青春”というか、これからこのチームで始まっていくぞっていう感じです。ここからがスタートだぞっていう。

黒嵜:
元気になる曲じゃない? 勇気が出る曲かな。

山崎:
オーディション期間中の私たちの気持ちが歌詞に込められていて。心を込めて歌いたいです。

――振り付けは、元GANG PARADEのカミヤサキさんなんですよね?

黒嵜:
楽しみでしかないです! カミヤさんが振り付けをしている動画を観たんですよ。なんていうんだろう、すごく愛着のわく振りなのかなって思いました。

――WACKの曲って、サビで一体感のある振り付けが多いじゃないですか。だから、PtAも、お客さんと一体感のあるステージになりそうですよね。それにカミヤサキさんはアーティスティックな面が強いから、PtAとの化学反応が楽しみです。

堤:
ほかのグループとはひと味違うダンスになると面白いなって思います。

浅原:
楽しみ!

――求められるものも大きそうですね。

黒嵜:
それはもう練習ですよね。

――今、個人で歌やダンスの練習はしているんですか?

田島:
ボイトレは毎週みんなやってます。これからダンスっていう感じです。

――最後にそれぞれ今後の目標を聞かせてください。

浅原:
新メンバー発表の時は、これで終わりなんだと思ったんですよ。でも、これから頑張っていくからには、本気でやりたいし、素敵な最高のグループになって、みんなを楽しませられるようになりたい。頑張ってパフォーマンスをもっともっと練習して、いつかライブができるようになったら、“最高”って言われるように頑張っていきたいです。

田島:
事務所の先輩に、SILENT SIRENさんとニジマスさんがいるので、私たちも期待されていると思うんです。サイサイさんもニジマスさんもSNSとかで“Peel the Apple、頑張ってね”って言ってくれているので、応援してくださるファンの方や先輩を裏切らないように、みんなで最高のパフォーマンスをしたいと思っています。

山崎:
このグループは本当に居心地がよくて、私の居場所があってすごく大切にしたいなって思うので、グループのためにも、メンバーとして1つひとつのことを頑張っていきたいなと思います。

佐野:
ニジマスのオーディションでは悔しい思いをしたので、その悔しさを全部力に変えて、このグループでアイドルの天下を獲りたいです。何ごとも全力でチャレンジしていきたいと思います。

堤:
新メンバーとしてではなくて、私たちが新しいグループなので、自分らしくいられると思うし、だからこそ、ありのままでしか出せない魅力を、このグループにたくさん詰め込められたらいいなと思っています。

松村:
私自身は自分を出すのがあんまり得意じゃなくて、不安になったりすることもあるんですけど、この活動にかけていますし、グループを大きくしていきたい。新しいことにもみんなで挑戦して、たくさんの方に知ってもらえるように、みんなの個性があふれるよいグループにしていきたいなと思っています。

黒嵜:
みんな個性が強いので、その個性を生かせるグループにしたいと思っています。それと、家族みたいに仲がよくて、何でも言い合えるし、さらけ出せるようなグループにしたいと思っているので、みんなで上を目指して頑張りたいです。

春海:
日本の誰もが知っているような……メンバーのことも知っているような、すごく大きなグループになりたいです。個性も出しつつ、グループとしても魅せられるグループになりたいなって思っています。

山崎玲奈(Peel the Apple)
堤もね(Peel the Apple)
Peel the Apple

インフォメーション

Peel the Apple最初の表題曲センターは誰の手に!?
<第1回PtAセンター争奪戦>開幕中!

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 小野大輔、TOKYO FM新番組『Delightful Days』が10月3日スタート 喜びのコメントが到着

    SPICE
  2. 「A3の持ち手付きケース」が300円!! 家の整理にも便利そう。

    東京バーゲンマニア
  3. Chelmico、「どうやら、私は」ミュージックビデオが完成

    SPICE
  4. 【9月21日プロ野球公示】阪神が浜地真澄と中田賢一抹消、岩田稔とエドワーズを登録、DeNAは京山将弥を登録

    SPAIA
  5. ハナコ岡部大が朝ドラ「エール」で評価急上昇!ライバルは“共通点だらけ”のハライチ澤部佑

    日刊ゲンダイDIGITAL
  6. 大森隆志さんが明かす「サザン時代の自分は地上2m上をフワフワ浮いていた」【ロフト創業者が見たライブハウス50年】

    日刊ゲンダイDIGITAL
  7. 草刈正雄さん コロナ禍で考えた家族と仕事「後悔のないよう思いを伝えたい」【#コロナとどう暮らす】

    日刊ゲンダイDIGITAL
  8. 藤原紀香の評価に変化…夫・片岡愛之助「半沢直樹」での躍進が追い風に

    日刊ゲンダイDIGITAL
  9. Gカップのきれいなお姉さんフミカを直撃「今ではTバックが一軍ショーツです!」

    日刊ゲンダイDIGITAL
  10. 小野大輔・鈴村健一・森久保祥太郎・寺島拓篤ら15組が出演 『おれサマー』ライブ速報写真&セットリストが到着!

    SPICE