Yahoo! JAPAN

三井E&Sとゼンリンデータコムが共同開発する「ドローンスナップ」対応機種にソニー製ドローン「Airpeak S1」が追加

DRONE

株式会社三井E&Sと、株式会社ゼンリンデータコムは、共同開発中であるドローン自動飛行点検ルート生成アプリ「ドローンスナップ」とソニーグループ株式会社のドローン「Airpeak S1」との連携が可能なことを確認し、ドローンスナップ対応機種に追加した

 今回、連携の確認のため、三井E&S大分工場内のクレーンを対象に、以下の実証実験を実施した。

実証実験の概要

実施目的

  ① ドローンスナップとのAirpeak S1接続性、飛行の検証  ② 点検箇所を撮影した画像の品質に関する検証

使用機材・サービス

  ① ソニー/ドローンAirpeak S1  ② ソニー/フルサイズミラーレス一眼カメラα ILCE-7RM5  ③ ソフトバンク/高精度測位サービス(RTK測位)「ichimill(イチミル)」

検証内容及び成果

 ① Airpeak S1とドローンスナップとの接続性、飛行の検証
ドローンスナップで設定した撮影予定画像と、同画角で撮影が可能であることを確認 ② 点検箇所を撮影した画像の品質に関する検証
目視点検に耐えうる画像を取得可能(0.3mmのクラックを確認可能)

各社役割

   ① 三井E&S:
    飛行ルートの設定及び現地でのドローン操作・点検作業   ② ゼンリンデータコム:
    ドローンスナップとAirpeak S1の連携プログラム作成   ③ ソニー:
    ドローン及びカメラの提供、ドローンスナップとAirpeak S1の連携支援

ドローンにて自動撮影した画像は、三井E&Sの製品である、港湾クレーン向け次世代遠隔モニタリングシステム「CARMS」やインフラ設備全般向けのドローン撮影画像管理ツール「ドローンスナップクラウド」にて、点検結果とともにクラウドに蓄積することで、効率的な運用管理が可能になる。

また現在、三井E&Sは、撮影した画像を解析することにより、自動で発錆の有無や錆の定量評価(点検箇所に占める発錆量を数値化)が可能になる技術も開発を進めているとしている。

三井E&S

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. Anduril社の超大型水中ドローン「Ghost Shark」、オーストラリアで初公開

    DRONE
  2. 【2024最新】奈良の人気カフェ30選!おすすめの町屋カフェやレトロ喫茶店

    PrettyOnline
  3. BYDのFang Cheng Baoブランド、ルーフにドローンドックを備えたEVコンセプトを公開

    DRONE
  4. 【上野駅徒歩5分】カプセルホテル「THE NELL(ザ・ネル)」に泊まってみたら自宅みたいな居心地で超快適だった

    ロケットニュース24
  5. 琳派の代表作「燕子花図屏風」は右から観る、根津美術館で毎年恒例の展示

    タイムアウト東京
  6. 20歳・黒嵜菜々子(Peel the Apple)がヌーディな色のインナーウェア、水着姿も公開 1st写真集から2点の掲載カットを解禁

    SPICE
  7. 厚切りジェイソンが「すけだら党」を結成!? アラスカ産スケトウダラ使ったカニカマの魅力伝えるキャンペーン

    舌肥
  8. 【京都ランチ】人気洋食メニューを一度に!実力派の穴場店「グリル ハナ ショコラ」

    キョウトピ
  9. ME:I、デビュー記念イベント「『MIRAI』 PREMIUM EVENT」を開催!ライブステージやトークショーで会場大盛りあがり!

    WWSチャンネル
  10. 【京都】和洋のスイーツ&紫陽花パフェ付き「紫陽花アフタヌーンティー」

    PrettyOnline