Yahoo! JAPAN

「恋愛と結婚は別」“恋愛下手”な女性が良縁を掴む3つのコツ

ウレぴあ総研

恋愛が苦手というコンプレックスのせいで婚活を諦めたり、恋愛経験が少ないことで憶病になってしまったりして、婚活に消極的になっていませんか?

中には「生涯おひとり様かもしれない」という不安を抱いている人もいるはず。

そんな女性たちに共通してある結婚観が「男性に好かれて恋愛結婚したい」という、恋愛と結婚がほぼイコールでつながれているもの。

この価値観があるために相手の範囲が狭められてしまうことになり、「恋愛が下手だと結婚ができない」という思考につながってしまいます。

しかし、恋愛下手でも結婚している女性は少なくありません。

この記事では、恋愛下手な女性たちの婚活の事情を探り、結婚までの上手なステップを見ていきます。

事例に見る「恋愛下手な女性」が良縁を掴むコツ

事例1: 恋愛下手が持つ「素直」「正直」が武器に

OLの亜由美さん(仮名・29歳)。恋愛に奥手で直近の恋愛は5年前で1年未満で自然消滅してしまったそう。その経験から恋愛に対して消極的になったそうです。

「仲が良かった1歳下の妹が結婚したんです。出産して母親になってからとても幸せそうで……。妹に感化されて、結婚もいいなと、なんとなく出会い系アプリを試してみました」

マッチング3歳年上の彼は写真の10倍はかっこよく、礼儀正しく話も弾みとても楽しかったのだそう。

これまで恋愛の奥手だった亜由美さんは、彼と一緒なら別人のように朗らかになれると嬉しくなり、デートを繰り返しているうちに、交際を申し込まれました。

ところが亜由美さんは「彼のようなかっこいい男性が自分と付き合ってくれるなんて信じられない」と疑心暗鬼。そこで思い切って彼に交際を申し込んだ理由を聞いてみたのだそう。

彼に「これまでの女性の中で亜由美さんは一番誠実だから」と回答をもらって、やっと交際を始めた亜由美さん。

「でも次第に恋愛経験が豊富な彼に引け目を感じ、恋愛経験が少ない自分では物足りないのではないかと不安になりました。またこれまで彼と付き合ってきた女性たちに嫉妬してしまったんです」

お互いが100%をさらけ出せて、それを理解して受け止め合える関係を築いていきたいと思っていた亜由美さんはそれを彼に伝えました。

「彼はその考えに賛同し、好きになるとすぐに付き合いたくなる自分の恋愛観を説明してくれ、またこれまでの女性たちとの別れの理由を丁寧に教えてくれました」

安心した亜由美さんはその年に彼と婚約。それでも「交際した女性の数が多い」と時々過去の女性達に嫉妬してしまうそうです。

亜由美さんの場合は、素直さが男性の心に響いたのでしょう。

特に恋愛経験が豊富な男性ほど女性の素直さがまぶしいのです。恋愛に対する自分の考えを勇気を出して伝えたことも彼との関係を前進させましたね。

事例2: 恋愛感情にこだわらず我慢もしない!

無口で人づきあいが苦手な美夏さん(仮名・35歳)は、7年前に心配した母親からすすめられて結婚相談所に入会しましたが、「私には無理」と感じて退所。

恋愛下手になった理由のひとつは、中学生の頃から美夏さんが帰宅するまで父親が待っているなど、父親の干渉によることが大きかったこと。小学生の時に男子からのいじめに遭ったことも関係していたそうです。

30歳を過ぎてから「このままだと恋愛も結婚もできないと」という危機感を覚えて、実家を出て一人暮らしをしますが、1人になると今度は自己肯定感が低いことに気づいたそうです。

相手に踏み込めなく、また踏み込んでほしくないため、恋愛がうまくいかないのです。

一生おひとり様かもと諦めかけていた時に、7年前に退所した結婚相談所の担当者が、独立して個人仲人として開業の連絡があり、併せて主催の婚活パーティに誘われ、美夏さんは参加します。

パーティで複数回、一緒になった男性から「1対1で会ってみたい」というオファーがあり、最初は恋愛感情がなかったのですが、そこからゆるーい関係が半年以上続きます。

すれ違いがありましたが、一緒に暮らせるとわかってプロポーズを受けようとしますが、そのとき彼が転勤になってしまったのです。

今は美夏さんが「仕事をやめたくない」という主張を男性が認め、別居婚を続けています。

恋愛感情がなくても、相手からのオファーを受け入れて付き合っているうちにだんだんと情が湧いてくる。これは恋愛経験が少ない人に、良縁の兆しです。

チャンスを逃がさなかったこと、相手に仕事を続けたいと主張したことも我慢をしない結婚へと導いたのです。

事例3: まずは恋に対する手応えを見つける

10年間好きな人がいなかったwebライターの朋子さん(仮名・36歳)。

婚活は成り行き任せでしたが、だんだんと「結婚は面倒」と思うようになり、縁もなくなっていったそうです。

そんな最中、ライター仲間に誘われて芸人たちのオンラインイベントに参加すると、3歳年上の芸人で小さな会社の役員に惹かれます。イケメンでもなく、特に芸が面白かったというわけではないのですが、なぜか気になってしまった朋子さん。

その後、ライター仲間から彼も出演する少人数の芸人ライブに誘われ、終わってから彼も含めた仲間たちと一緒にご飯を食べながら話をしているうちに、恋をしてしまったのです。

オンラインもリアルもライブがあるたびに参加した朋子さんは、彼と少しずつ距離を縮めようとしたのですが、ライバルが現れたので、思い切って告白をしたそうです。

「婚約者がいると言われて、玉砕しました。でも10年ぶりに好きな人ができて、告白もできた」と話す朋子さん。すがすがしい気持ちになり、恋や婚活にも前向きになったそうです。

「恋と結婚は別もの」と割り切って行動することも大切ですね。

しかしその上でも自分自身に正直に行動して、相手との理想的な関係を打ち明けることによってより良い関係を築けることも多くあるのです。

もし、恋愛に対して臆病になっていたり億劫になっていたりする場合は、気負うことなく「恋と結婚は別もの」と考えることがむしろプラスに働くかもしれません。

(mimot.(ミモット)/夏目 かをる)

【関連記事】

おすすめの記事