Yahoo! JAPAN

犬にコーヒーは絶対に飲ませないで!危険な理由と飲んでしまったときの対処法

わんちゃんホンポ

犬にコーヒーを飲ませるのが危険な理由

犬にコーヒーを飲ませるのが危険な理由は、カフェインが含まれているからです。コーヒーに含まれるカフェインには、中枢神経を刺激する作用があります。

そのため、人間が飲むと眠気が覚めたり集中力が高まる効果があるとも言われています。しかし、過剰に摂取するとめまいや動悸・吐き気など健康被害が出る恐れがあるため、注意が必要です。

そんなコーヒーを人間より身体の小さい犬が飲んでしまうと、カフェイン中毒になる可能性が高いのです。とくに、持病がある犬の場合は死の危険性もあるのでコーヒーは絶対に飲ませてはいけません。

カフェインレスやコーヒーゼリーも要注意!

最近は、カフェインレスのコーヒーや紅茶も多く販売されています。しかし、カフェインレスとはカフェイン含有量が通常のものより少ないだけで、含まれていないのではありません。

また、コーヒーゼリーなどコーヒーを使用した食べ物にも注意が必要です。カフェインの危険はもちろん、糖尿や肥満などのリスクにも繋がってしまいます。

コーヒー以外にも、カフェインが含まれる飲み物や食べ物は犬に近づけないように注意しましょう。

犬がコーヒーを飲んでしまったときの症状

コーヒーは液体なので、中毒症状が出るのが比較的早いと言われています。犬がコーヒーを飲んでから1~2時間後に、以下のような症状が見られた場合は適切な対処が必要です。

✔興奮
✔尿失禁
✔嘔吐
✔下痢

また、中毒が悪化すると以下のような重い症状が出てくる可能性が高くなります。

✔重症
✔呼吸困難
✔痙攣
✔筋肉の硬直

【犬のサイズ別】摂取すると危険なカフェインの量

犬がカフェインを摂取してしまった場合、体重1kg当たり140mgが致死量といわれています。犬のサイズ別に計算した目安量は以下のとおりです。

✔超小型犬(4kg未満):140〜600mg程度
✔小型犬(10kg未満):700〜1300mg程度
✔中型犬(25kg未満):1400〜2500mg程度
✔大型犬(25kg以上):3000〜4000mg前後

ただ、上記は致死量となるカフェインの量ですので、少量のコーヒーでも中毒症状が出る場合があります。

また、商品によってもカフェインの含有量は変わりますので「少ししか飲んでいないから」と油断するのは禁物です。以下に、主な飲食物のカフェイン含有量をまとめましたので参考にしてみてください。

✔インスタントコーヒー:約60mg
✔コーヒー豆:約2mg(1粒当たり)
✔コーヒーゼリー:約40mg
✔紅茶:約30mg
✔ウーロン茶:約20mg

犬がコーヒーを飲んでしまったときの対処法

犬がコーヒーを飲んでしまったときには、すぐに動物病院を受診しましょう。とくに、カフェイン濃度の高いコーヒー豆やコーヒーの粉を直接食べてしまった場合には、急いで病院に連れて行ってください。

動物病院に着いたら、以下の点を伝えると診察もスムーズです。

✔コーヒーを飲んだ時間
✔飲んだ量
✔コーヒーの種類
✔具体的な症状

動物病院では、カフェイン中毒に対する解毒剤はないので症状を和らげる処置を行ってくれます。処置方法は犬の症状などによっても変わってくるため、自分で行うのではなく必ず動物病院で獣医師にみてもらいましょう。

また、症状が出ていなくても愛犬が少しでもコーヒーを飲んだ可能性がある場合には、動物病院に連絡するのがおすすめ。適切な対処法を仰ぎましょう。

万が一に備え、夜間や休日診療も受け付けている病院を探しておくと安心ですよ。

まとめ

カフェイン中毒を起こす恐れのあるコーヒーは、犬に絶対に飲ませないようにしましょう。「少しなら大丈夫」と思っていても、愛犬の命の危険に繋がってしまう可能性もあります。

飲みかけのコーヒーは放置せずすぐに捨てたり、コーヒー豆の袋を開けっぱなしにしないよう普段から意識して行動してみてくださいね。


(獣医師監修:平松育子)

【関連記事】

おすすめの記事