Yahoo! JAPAN

【2021東海】イカダからの大物狙い『泳がせ釣り』のキホン

TSURINEWS

イカダの泳がせ釣りでヒットしたヒラメ(提供:週刊つりニュース中部版・編集部)

五目釣りは特定の魚種にこだわらず何でもこいの気軽な釣りだが、イカダが舞台になるとそのスケールも大きくなる。今回は夢のあるイカダで、夢のある五目釣りを紹介したい。

イカダの五目釣り

イカダはとにかく魅力あふれる釣り場だ。堤防ほど頻繁に釣り人が入らず、魚影の濃さはその比ではない。またアジひとつとっても、釣れるサイズがひと回りもふた回りも大きなサイズが狙える。また水深もあるため、青物やマダカ、ヒラメなど大物の魚影も考えられないほど濃い。

回遊があれば青物も(提供:週刊つりニュース中部版 編集部)

今回はイカダの五目釣りというテーマだが、その中でも人気のアジと泳がせ釣りで狙う大物に焦点を当ててみたい。

大物を狙いの泳がせ釣り

イカダから狙う大物は、回遊があれば青物、スズキ(マダカ)、ヒラメ、マゴチ、マトウダイなど。ルアーでも狙えるが、確率でいえばやはり生きた小魚をエサにした泳がせ釣りに軍配が上がる。

マトウダイがくることも(提供:週刊つりニュース中部版 編集部)

泳がせ釣りのタックル

使うタックルは船でイサキやアジを釣る、オモリ負荷40~50号程度の船ザオにベイトリール、ミチイトはPEライン1.5~2号程度。先イト5号3mを介し、その先に泳がせ仕掛けをセットする。

タックル図(作図:週刊つりニュース中部版 編集部)

船釣りで使われるヒラメ用の泳がせ仕掛けでもいいが、シンプルな仕掛けなので自作もOK。ハリス6~8号を1mほど取り、親子サルカンを介して捨てイトは3号50cmほど。ハリは丸セイゴ16号に、孫バリはトリプルフックだ。

泳がせ釣りのエサ

エサは小アジ。現場で調達できれば最高だが、イカダで釣れるアジは総じて型がいい。エサに適しているのは10~15cmの小アジだが、イカダでは20cm以上の良型が釣れる場合が多く、エサには不向き。事前にエサ店で購入しておくのがベストだ。

大型魚との豪快なファイトを楽しもう(提供:週刊つりニュース中部版 編集部)

サオ1本につき、使うアジは5~10匹。2本サオを出すなら、20匹ほどは用意したい。またイワシ類はハリに刺すとすぐに死ぬので、エサには適さない。小サバでもいいが、よく走り回るので仕掛けが絡みやすいというデメリットがある。小アジが手に入らなければ、釣り堀でよく使われるウグイでもいい。

エサが大きければ親バリを鼻掛け、もしくは下アゴから上に通し、孫バリは背ビレの尾側、尻ビレの付け根に刺す。エサが小さければ、孫バリは打たずにフリーでチラせるか、切ってしまってもいい。

泳がせでの釣り方

ヒラメ狙いながらタナは底から1m。青物なら捨てイトを15cmまで詰めて底から水深の半分ぐらいまでを探っていく。いずれも置きザオでアタリを待つが、青物が掛かれば一気にサオごと持っていかれることも珍しくない。ドラグは緩めに設定しておき、尻手ロープは必ず付けよう。

底を狙えばマゴチもヒットする(提供:週刊つりニュース中部版 編集部)

アタリは明確だ。仕掛けを少しでも浮かせていれば、穂先が突っ込むとヒラメにしろ青物にしろ、エサをくわえて反転した証拠。ここでゆっくり大きくサオを起こしてアワせる。

前アタリはエサのアジが、大型魚の接近に脅えて暴れる。その後、ガツガツと穂先をたたくアタリはアジをくわえている状態。ここでアワせても高い確率でスッポ抜けてしまう。ここから反転して魚が走るが、ここがアワせどころだ。

取り込みは必ずタモで。イカダは水面まで近いので、そんなに柄が長いものは必要ないが最低でも45cm以上の枠のものを用意したい。

アジを狙おう

最も人気のある魚種、アジ。堤防と同じくサビキ釣りで狙うのが定番だが、サイズが大きいので少しハリが大きめ、ハリスが太めの仕掛けを選ぼう。

イカダのアジはサイズがいい(提供:週刊つりニュース中部版 編集部)

アジ釣りのタックル

ハリは5~6号、ハリス0.8~1.1号ぐらいが目安だ。

タックル図(作図:週刊つりニュース中部版 編集部)

また堤防のようにまきエサカゴは下に付けず、船釣りのように仕掛けの上にセットする。カゴは船釣りで使われるタイプで、仕掛けを下ろしている間は水圧でフタが閉じ、上へシャクり上げるとフタが開いてまきエサが出るタイプがお勧めだ。このタイプを使えば、効率的に底付近でまきエサをまくことができる。

仕掛けの下にはオモリをセット。水深にもよるが、10~20号程度を用意しておけばいいだろう。

アジの釣り方

釣り方だが、基本的にアジは底狙い。仕掛けを底まで落とし、シャクってまきエサのアミエビをまいてアタリを待つ。あまり上層まで浮くことはないので、仕掛けは上げても底から1~2mまで。

食いが悪ければ、ハリに小さめのオキアミを刺すのもいい。またどうしても食いが渋い場合は、船でよく使われる吹き流し仕掛けがお勧めだ。市販の吹き流し仕掛けでもいいが、テンビンはそんな大きなものは必要なく、ボートのキスで使われるような小型のテンビンでもいい。

オモリを付ける位置にカゴを付け、その下にオモリを付ければOK。さしエサはオキアミだ。

足場が良いので子連れでも安心(提供:週刊つりニュース中部版 編集部)

イカダというフィールドは、かつてクロダイの独壇場だった。だが、今では大物から小物、五目釣りまでさまざまな釣りが楽しめる。なんといっても自分だけの空間で、周りの目の目を気にせずのんびり釣りができるのが魅力だ。疲れたら昼寝するもよし、仲間同士でのんびり弁当を食べる時間も至福の時間だ。

<週刊つりニュース中部版 編集部/TSURINEWS編>

この記事は『週刊つりニュース中部版』2021年5月7日号に掲載された記事を再編集したものになります。

The post【2021東海】イカダからの大物狙い『泳がせ釣り』のキホンfirst appeared onTSURINEWS.

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 「ボールじゃん…」オヤツを貰えると思ったラブが鼻で押し退けたのは好物のスイカ。勘違いの内容が可愛すぎ!【動画】

    Retriever Life
  2. 『RISING SUN ROCK FESTIVAL』が昨年に続き開催中止

    SPICE
  3. イケてるハーツ[レッスン密着レポート]約2年ぶりの東名阪公演に向けて燃やす闘志「イケてるハーツらしさ全開のハッピーなライブに」

    Pop’n’Roll
  4. 【後編】「ひとりっ子はかわいそう」の声にウンザリ。他人の家庭に口を出すのはなぜ?

    ママスタセレクト
  5. パーティーシーズンに着たおめかし服を自宅でキレイにお洗濯

    マイカジ
  6. 純情のアフィリア、6/19より全国ツアーチケット販売開始!

    Pop’n’Roll
  7. 美川憲一、YouTubeで「美川憲一のおだまりチャンネル」を開設 「10代の方達は美川のこと知ってるかしら?」

    Ameba News
  8. 丸山桂里奈が“全身タイツ”姿「着てみたら最高」

    ナリナリドットコム
  9. 丸山桂里奈が“全身タイツ”姿「着てみたら最高」

    ナリナリドットコム
  10. 【久留米らーめん】クセの無い豚骨スープにニンニクを投入したら勝ち ~よかろうもん 台原MEGAドン・キホーテ店~

    宮城仙台散策マガジン せんだいマチプラ