Yahoo! JAPAN

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

保育園はかわいそうなんて古い!通うと得られるメリット3つ

コクハク

保育園に入れるのはかわいそうなこと?(写真:iStock)

 長男が0歳の時、地域の保育園の空き状況の問題もあって保育園の入所を決意した時、「そんなに早く入れる必要はない」とか「保育園はかわいそう」など、実にいろいろな感想をもらったのを鮮明に覚えています。

 女性の社会進出を妨げるのは、このような周囲の心無い一言だったりするものです。ここ何十年かで大きく子育てを取り巻く環境が変わりましたが、筆者の親世代は“子どもが小さい時は母親が面倒を見る”という考えを持った方がほとんどのように思います。

 今ではシングルマザーはもちろん、結婚していても、子どもがいても働いている女性は珍しくありません。しかし、世代の違いや育児に対しての価値観のズレで「保育園なんてかわいそう!」と言われてしまうママがいること、これは問題です。保育園に入ることは、「かわいそう」ではありません。そこで、保育園に入れて「よかったなぁ」と筆者が思っているメリット3つを紹介しましょう。

0歳から保育園児!? 卒園を控えたママが語る保育園のメリット3つ

保育士さんは子育ての大きな味方(写真:iStock)

 最初に断っておくと、筆者自身は保育園と幼稚園を経験しています。保育園も幼稚園もそれぞれの良さがあり、それぞれ思い出に残っています。保育園は近い将来、完全に「こども園」として移行する日が来るでしょう。

 息子を0歳から入園させた保育園は、早くも6年目。「保育園ってかわいそう」と言われたこともありますが、卒園を控えた上で保育園のメリットを追求していきます。

1. 親と離れることで得られる経験がある

 0歳の時から預け始めた長男ですが、親と離れることで得られることも多くあったと思っています。私自身、初めての子育てで育児の加減が掴めず、息子が困難な状況に陥ると可愛さのあまりすぐに手を差しのべたくなってしまっていました。

 でも、保育園では周りの子どもと平等に接してもらえます。「困難なことがあっても理由があれば見守る」という保育士さんの「見守る」という行為があってこそ、できることも増えたと思います。「可愛い子には旅をさせろ」という古い伝えがありますが、これは真意ではないでしょうか。

2. 子育ての相談先が増える

 保育園には息子のみならず、私もお世話になりました。育児と仕事の両立や夫婦関係がうまくいかない時(笑)、実に多くの悩みごとやつぶやきを保育士さんに聞いてもらえて、とても心強かったのを覚えています。

 夜泣きで辛い時も「眠い」と呟くと「今しかできない体験だから、それも懐かしいと思える日が来ます」と励まされ、とても安心できました。息子に普段から携わってくれている人が多くなったおかげで、一人で思い悩むこともなく大らかに育てることができているような気がします。私自身、神経質な面があるので、保育士さんの客観的な視点に助けられることは多かったです。

3. ママに余裕ができる

 保育園に預けている時は、当然、仕事をします。もしくは、なんらかの預けられない家庭的な事情がある人もいるでしょう。たとえば、私のママ友はママでもあり、大学生でもありました。このように保育園に子どもを預ける場合には、それぞれ相応の理由があることが良いところだと思います。仕事先に行けば大人がいます。子育て中には業務連絡であっても、会話をするだけでも嬉しかったりするんですよね。

 家庭以外にも居場所があるということは、ママにとっての余裕に繋がります。私も息子が生後半年までは子育てに追われていて、「息子への語りかけで1日が終わる」ということも多くありました。しかし、働き始めてからは子育てに集中しすぎることが防げたので、ノイローゼのようになることも少なかったです。たとえ出勤時であっても、荷物の少なさや神経を研ぎ澄ませて目をやる必要がない状況に、気が緩んだのを覚えています。

保育園入所前の「かわいそう」の言葉に意味はない

気にする必要はまったくなし!(写真:iStock)

「そんなに小さい時から保育園に入れてかわいそう」と言われることも多くありましたが、ママである筆者が我が子に対して「かわいそうに」と思うことはなかったです。私ができないような経験をたくさんさせてもらいましたし、0歳から6歳までの幅広い年齢層をもつ保育園は、息子のコミュニケーション能力を高めてくれたからです。

 ママが「保育園って、かわいそうなの?」と悩むほど、周囲は物事を考えて発言していません。なんとなく「ママと離れてかわいそうね」と思っているだけで、ママといることを推薦したい理由も持っていないことがほとんどです。「かわいそう」という言葉に振り回されず、ママらしく自分らしい人生を歩んでいってほしいと思います。

(東城ゆず/ライター・エディター)

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 郭元益から新たなパイナップルケーキ誕生!「ミニパイナップルカスタード菓子」

    TABIZINE
  2. 参加するのも命がけ? 関ケ原の戦いでツアー組んでみた

    Jタウンネット
  3. 堀ちえみ、息子に“ドン引き”されたファッション「徹底的に楽しむのが、私たち流」

    アメーバニュース
  4. 日本で唯一のミュージアム「なしっこ館」in 鳥取県

    シティリビングWeb
  5. 女優・今泉佑唯、ピーチ・ジョンの新ブランド・GiRLS by PEACH JOHNイメージモデルに決定「ずっとずっと夢に見ていた」

    SPICE
  6. 【てんやわんや妊婦】いろいろなキモチ #4コマ母道場

    ママスタセレクト
  7. ヘンリー王子&メーガン妃の王室離脱 米大物司会者オプラ・ウィンフリーは「1000パーセント支持!」

    Techinsight
  8. パンサー尾形の妻、“Matt化”した夫と娘の写真を公開「めっちゃいいじゃんっっ!!素敵!」

    アメーバニュース
  9. ぽっちゃり芸人・ももち、ダイエット外来へ行った結果「足が浮腫むなぁ…重いなぁ…と思っていましたが」

    アメーバニュース
  10. 杉崎美香アナ、皆藤愛子の誕生会での3ショットを公開「豪華な料理食べたの久しぶり~」

    アメーバニュース