リラックス~♪犬がくつろいでいる時によくする仕草7つ - Yahoo! JAPAN

Yahoo! JAPAN

リラックス~♪犬がくつろいでいる時によくする仕草7つ

わんちゃんホンポ

犬がリラックスしているときに見せるカワイイ仕草

1.耳と耳の間が広がっている

犬の耳ってよく動きますよね。耳の動きには、犬の気持ちがあらわれています。耳と耳の間が広がっているときは、犬の気持ちが落ち着いている証拠です。逆に考えてみてください。犬が緊張しているとき、不安なとき、怯えているとき、警戒しているときなど、耳はどんな動きをしているでしょうか。後ろに倒していたり、横に倒していたり、耳をピンと立てて耳と耳の間が狭くなっていたりしますよね。

2.自分の手を舐める

お散歩へ行き、ごはんを食べ、お気に入りの場所で寛いでいるとき、自分の手を舐める仕草をすることがあります。お散歩にもごはんにも満足し、気持ちも落ち着き、まったりと寛いでいるところです。お手入れをしているようにも見えますよね。お手入れしているのかな~と思っていると、いつの間にかコロンと横になり、眠っていることもあります。

3.身体をくっつける

飼い主さんの身体に自分の背中やお尻をくっつけて寝転がったり、膝の上に顎をのせて寝転がったりするなど、飼い主さんの身体に自分の身体をくっつけて寛ぐことがあります。甘えたいときの仕草でもありますし、飼い主さんの身体に自分の身体をくっつけることで安心して寛げることから行う仕草でもあります。

多頭飼いをしていると、犬同士で身体を寄せ合い、寛いているときもあります。一人では少し不安だけれど、誰かがいてくれることで、落ち着いて寛ぐことができるということは、人にも犬にも共通しているようです。

4.あくびをする

犬があくびをするとき、いろんなサインがあらわれています。緊張しているとき、不安なとき、ストレスに感じているときにも、犬はあくびをします。リラックスしているときのあくびは、生理的なものなので、自然と出てしまうんです。

しきりにあくびをしていても、表情が穏やかであったり、寛いている様子であったりすることは、見てわかるはずです。眠そうにし、目を細めていることもあるかもしれません。

5.仰向けに寝転がる

不安な気持ちもなく、緊張することもなく、十分にリラックスして寛いでいるとき、お腹を見せて仰向けになり、ゴロンと寝転がることがあります。その仕草のままあくびをしたり、眠ってしまい、イビキをかいたりする犬もいます。いつ何が起こるかもわからない、いつ何者かが襲ってくるかもわからない、そんな状態であるにも関わらず、お腹を見せることができるのは、よほど安心できる環境で暮らしているのでしょうね。

6.ベッドから少し出ちゃう

あまりにもリラックスし過ぎて、ベッドから少し出ちゃう犬、多いですよね。思わず写真を撮ってしまいたくなるほどカワイイ仕草なのですが、頭に血が上っちゃわないかな、なんて飼い主さんを心配させてしまうような恰好です。逆に、頭ではなく、お尻が出ちゃう犬もいるようです。リラックスすると、なぜ少し身体が出ちゃうのか、犬自身にも飼い主さんにも謎です。

7.口が開いちゃう

ボーッと寛いでいるとき、口が少し開いていることがあります。声をかけると、口を少し開けたまま振り返るのですが、ちょっと情けない表情なところも可愛いです。口を開けていたからか、舌やヨダレまで出ちゃうこともあるんですよね。

まとめ

犬がくつろいでいるときによくする仕草には、

✔耳と耳の間が広がっている
✔自分の手を舐める
✔身体をくっつける
✔あくびをする
✔仰向けに寝転がる
✔ベッドから少し出ちゃう
✔口が開いちゃう

などのように、可愛い仕草・謎の仕草・面白い仕草などあります。中には、他の犬にはみられない、その犬独特な寛ぐときの仕草もあるかもしれません。独特な寛ぐときの仕草をお持ちのワンちゃん、ぜひ見てみたいです。

【関連記事】

おすすめの記事