Yahoo! JAPAN

インクルーシブな公園に 玉縄で第1号、他も整備へ〈鎌倉市〉

タウンニュース

たまなわ児童遊園に設置されたサポート付きブランコ(市提供)

鎌倉市は、障害の有無などを問わず、誰もが一緒に遊べる公園の整備を進めている。今年3月には第1号として、インクルーシブ遊具をたまなわ児童遊園に設置。2022〜23年度で9020万円の予算を確保し、他の公園の環境も整えていく。

たまなわ児童遊園に新たに設置したのは、サポート付きブランコ。身体を器具で固定することで、姿勢の維持が難しい子どもでも安心して大きな揺れを楽しむことができる。障害の有無などに関わらず、誰もが遊べるインクルーシブな遊具で、市内での採用は初めて。市みどり公園課は、「整備された遊具でたくさん遊んで楽しんでほしい」と話す。

2006年に制定されたバリアフリー法を受けて、市は公園のスロープや水飲み場などを、高齢者や障がい者が負担なく利用できるデザインに随時更新してきた。今後は、耐久年数や劣化の具合によって取り換え時期を迎えた遊具を、インクルーシブ遊具に更新できないか随時検討していくとしている。

トイレや駐車場も

今回のインクルーシブ公園の整備費用については、「具体的な計画はこれから」とするが、公園内の遊具やトイレ、駐車場などを一体的にインクルーシブにする方法を検討。誰もが安心して遊べる公園づくりを推進していく。

鎌倉市は2019年に「共生社会の実現を目指す条例」を制定。住み続けた地域で、自分らしく生活できる社会に向け、取り組みを進めている。

【関連記事】

おすすめの記事