Yahoo! JAPAN

女神も魅了される果実!?ペルー生まれのスーパーフード【ルクマ】とは?

オリーブオイルをひとまわし

女神も魅了される果実!?ペルー生まれのスーパーフード【ルクマ】とは?

「ルクマ」という聞き慣れない果実。南米ペルーでは、美しい女神をも魅了する美味な果実として神話に登場するなど、古くから愛されてきたという。日本では最近スーパーフードとして注目が集まるルクマを紹介する。

1.ペルーでは日常食!ルクマの栄養素とは

ルクマはアンデスの亜熱帯地方原産のアカテツ科の果物で、標高
1000~2400mで栽培されることが多い。その形から「エッグフルーツ」と呼ばれることもある。アボカドのような種が中心に入っていて、南瓜のような鮮やかな色の果肉が特徴の果実だ。

ルクマには、β-カロテン、鉄分、亜鉛、ビタミンA・Cやカルシウムなどの豊富な栄養素が含まれているだけではなく、甘い果実ながらも低GIで、血糖値を上げにくいという特徴があるという。

2.自然の甘味を堪能するルクマ の食べ方とは

ペルーでは、インカ帝国時代から現在に至るまで、日常的に食べられているルクマ。食物繊維が多いので、生で食べると少しボソボソとした食感だが、メープルシロップのような甘味があり、さまざまなスイーツの材料として使われている。その中でも、エラード・デ・ルクマと呼ばれるアイスが有名だ。ペルーを訪れ、その味が忘れられなくなる人も多いという。

日本では、ルクマパウダーとしての流通がほとんどだ。パウダー自体にもしっかりとした甘さがあり、ヨーグルトやスムージーに入れたり、クッキーやパンケーキに混ぜたりと気軽に使える。カロリーが気になる人は、砂糖の代わりに甘味料として使うのもおすすめ。

結論

ルクマは、在日ペルー人のために少量ではあるが果実でも日本に輸入されているという。もしかしたら、ペルー料理店で、女神も夢中になったというこの果実を食べられるかもしれない。

【関連記事】

おすすめの記事