Yahoo! JAPAN

【地上波初放送】賛否両論の『トイ・ストーリー4』もう受け入れられた? 今こそ過去シリーズを観返そう

ウレぴあ総研

トイ・ストーリー4 © 2022 Disney/Pixar

映画『トイ・ストーリー4』が、2022年6月24日(金)、金曜ロードショーにて地上波初放送されます。

新作映画『バズ・ライトイヤー』の公開が控える今、「トイ・ストーリー」シリーズを観直して、もう一度『トイ・ストーリー4』と向き合ってみませんか?

『トイ・ストーリー4』から3年、新作が映画館で公開

2022年6月24日(金)の金曜ロードショーでは、映画『トイ・ストーリー4』が地上波初放送されます。

これは、1週間後の2022年7月1日(金)にディズニー&ピクサー映画『バズ・ライトイヤー』が公開されることを記念した放送です。

映画『バズ・ライトイヤー』は、「トイ・ストーリー」シリーズとして3年ぶりの劇場公開作品。

バズ・ライトイヤーが誕生するモデルとなった人物を描く物語です。

ウッディがジェシーたちと出会い、自分のオリジナルが出演していた作品を見つけたように、バズにもオリジナルの作品がありました。

『トイ・ストーリー』の頃のアンディが人生を変えるほど夢中になっていた映画の主人公がスペースレンジャーのバズ・ライトイヤーで、ウッディはそのスペースレンジャーのおもちゃを貰ったのでした。

おもちゃのバズやウッディの物語ではありませんが、バズの名セリフが聞けたり、ザーグが登場したり、「トイ・ストーリー」シリーズとの繋がりを感じさせる作品になることでしょう。

『トイ・ストーリー4』もう受け入れられた?

『トイ・ストーリー4』が日本で公開されたのは2019年7月12日(金)。

公開から3年が経ち、ついに地上波で放送されます。

賛否両論が巻き起こった『トイ・ストーリー4』。

『トイ・ストーリー4』公開当時、ウレぴあ総研ディズニー特集では「『トイ・ストーリー4』の結末を、受け入れられたか? 」というReaders Researchを実施しました。

ディズニーファンの回答は、約6割が「受け入れられない」というものでした。

「受け入れた」「受け入れられない」が共に約4割で、約2割が「いつかは受け入れたい」と回答していました。

あれから3年。

映画館で観て以来、2度目を観ていないままという方も多いかもしれません。

そして、賛否両論の評判を聞き、結局まだ未鑑賞のままという方も多いでしょう。

ここでもう一度、「トイ・ストーリー」シリーズと向き合ってみませんか?

ウッディとバズの物語を振り返ろう

『トイ・ストーリー4』について、公開当時の「いつかは受け入れたい」という意見を読んでいくと、ウッディの選択は良いと思うが、バズのその後のことを考えると…という意見がいくつもありました。

映画『バズ・ライトイヤー』は、バズの原点とも言える物語です。

バズにとっての『トイ・ストーリー4』のその後の物語を受け入れられなければ、彼の原点も安心して観られないでしょう。

もう一度、バズの物語を振り返ってみましょう。

『トイ・ストーリー4』公開当時と大きく変わった環境は、ディズニープラスが始まり「トイ・ストーリー」シリーズ過去作品が手軽に観られるようになったことです。

アンディがバズを欲しがり、ウッディとバズが出会い、友情を確かなものにしていく、『トイ・ストーリー』から『トイ・ストーリー3』までの物語。

そして、『トイ・ストーリー3』でアンディは、どういった気持ちでウッディとバズの未来を選んだのか。

改めて時間が経って、自分の人生の立ち位置も変わってから、地上波放送される『トイ・ストーリー4』を観れば、違う景色が見えてくるかもしれません。

そうすることで『バズ・ライトイヤー』を鑑賞する姿勢も変わってくるかもしれません。

他にも、『ハワイアン・バケーション』『トイ・ストーリー・オブ・テラー!』など『トイ・ストーリー3』の後、ボニーの家での話を描いた短編作品も、ディズニープラスで視聴できます。

ディズニープラスのオリジナル作品として、『トイ・ストーリー3』でいなくなったボー・ピープを描く『ボー・ピープはどこに?』も配信中です。

改めて、皆さん『トイ・ストーリー4』の結末を、受け入れられましたか?

投票は引き続き受付中です。

『トイ・ストーリー4』は2022年6月24日(金)地上波初放送
「トイ・ストーリー」シリーズ各作品はディズニープラスで配信中
『バズ・ライトイヤー』は2022年7月1日(金)劇場公開

(ディズニー特集 -ウレぴあ総研/林田 周也)

【関連記事】

おすすめの記事