Yahoo! JAPAN

オーブンで調理した七面鳥、それを見つめる生きた七面鳥の動画が物議醸す(米)

Techinsight

オーブンの前にやってきた七面鳥(画像は『MyPineapple 2021年11月25日付TikTok「Happy Thanksgiving」』のスクリーンショット)

毎年11月の第4木曜日はアメリカのサンクスギビングデー(感謝祭)だ。今年も多くの人が七面鳥の丸焼きを楽しんだようだが、飼育している生きた七面鳥がオーブンに入った七面鳥の丸焼きを目撃する動画がSNS上で物議を醸している。ジョークとして捉える人が多かったが、「ちょっと可哀そう」と非難する声もあがっているようだ。『New York Post』などが伝えた。

サンクスギビングデーは「七面鳥の日」とも呼ばれるほど七面鳥がイベントのメインとなる。伝統的なこの祝い方はアメリカ全土で恒例となっており、多くの人が七面鳥の丸焼きをこの日のディナーとして用意する。

今年のサンクスギビングデーだった今月25日、七面鳥の丸焼きを用意している動画がTikTokに投稿されると賛否両論のコメントが続出した。

投稿したのは「MyPineapple」というユーザーで、自宅のオーブンで七面鳥の丸焼きを調理している時の映像を捉えたものだった。半開きになったオーブンからは、こんがりと焼かれた大きな七面鳥の丸焼きが見えている。そしてその隣には、赤い顔と首を持つ生きた七面鳥が立っていた。

“ビッグ・レッド(Big Red)”と名付けられたこの生きた七面鳥は興味深そうにオーブンの中を覗き込んでいるが、自分と同じ七面鳥が焼かれる様子を見てどんな気持ちになったのだろうか。

撮影者は「どうしたの?」とオーブンの中を覗き込むビッグ・レッドに声をかけ、「大丈夫よ。あなたは彼を知らないんだし」となだめるようなコメントをしていた。

過去の投稿を見ると、投稿者は自宅で鶏やウサギ、ヤギなど多くの動物を飼育している様子だ。今回の動画に映っていたビッグ・レッドも自宅で飼育しているようだが、オーブンの中で焼かれていた七面鳥はお店で購入したものだと明かしている。

少々ショッキングなこの動画には今月28日の時点で600万件以上の「いいね」が届いており、コメント欄には「驚き過ぎて声も出せないみたいだね」「『洋服はどうしたの!?』って驚いているよ」「来年はこの七面鳥の番かな?」「来年の今頃までには逃げ出しているかもね」といったジョークや笑いの声が寄せられた。

その一方で「お願いだからそんなことしないでよ。悲しいし、本当に意地悪ね」「七面鳥は感覚のある動物だ。目の前で何が起きているのか理解していると思うし、悲しみの感情を抱いていると思う」「目の前で相棒を焼いてしまったのか」など批判的なコメントも少なくない。

投稿者はこうした批判の声に対して、「この子は全くトラウマにはなっていないし、私が焼いた七面鳥を食べさせないから怒ってすらいましたよ」とコメント欄で主張していた。

画像は『MyPineapple 2021年11月25日付TikTok「Happy Thanksgiving」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 iruy)

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. “ねないこだれだ”の影絵や狂言、人形劇も 宝塚ソリオホール『負けない忘れない3.11-ここから生まれる未来・びっくり箱 Part.11』宝塚市

    Kiss PRESS
  2. “ヒーター内蔵”の物干台で洗濯物がすぐ乾く! 部屋干しのお悩み解決♪

    価格.comマガジン
  3. 【ニトリ・3COINS・ダイソー】ベッド下に最適!「大容量&おしゃれ収納」使用レビュー

    ウレぴあ総研
  4. EMPiRE、『#EMPiREおかわり』企画の上位3曲予想! メンバーコラボインスタライブ実施決定

    Pop’n’Roll
  5. 島崎遥香、町長選挙・泡沫候補のシングルマザー役に挑戦! 舞台<政見放送>出演決定

    Pop’n’Roll
  6. 演出小川絵梨子のコメント到着 白井晃・高田聖子ら出演、だれかが"おはなしをする"お話、を描いた物語『アンチポデス』

    SPICE
  7. 新型コロナ 新たに新井小で児童10人の感染確認

    上越妙高タウン情報
  8. たんぽぽ・川村エミコが新型コロナに感染

    ナリナリドットコム
  9. IKKOが60歳の誕生日を報告 ファンからは「還暦に見えません」の声

    おたくま経済新聞
  10. 【ページめくりの達人!?】 お茶目な方法で飼い主さんの読書をお手伝いしちゃうゴールデン犬

    PECO