Yahoo! JAPAN

ノスタルジックな空間に優しい音が響く古民家カフェ 有馬温泉街の築100年古民家カフェ「茶房チックタク」で魅力的なオムライスに出会いました 神戸市

Kiss

神戸電鉄「有馬温泉」駅から徒歩8分。築100年の古民家を改修したノスタルジックなカフェがあると聞いて、さっそく行ってきました。

カフェの名前は「茶房チックタク」(神戸市北区)。同店は、有馬温泉街のメイン通りを上がり「和菓子工房ありま」横の細い道の先、階段を上がった路地裏にあります。

通りから少し奥まったところにあるガラス戸から店に入ると、古き良き時代の雰囲気ながらも、どこか新しさを感じる空間が広がっていました。

ダークブラウンを基調とした店内はとても落ち着いており、設置された家具や建具はピカピカ……。「あれ?私、タイムリープした?」

そう感じてしまうくらい、店内の清掃が行き届き、築100年とは思わせない美しさがありました。

ふと目に止まった掛け時計。店名「チックタク」の由来になったものか聞いてみると、「『チックタク』は竹田邸からきています。」とオーナーの竹田さんが教えてくれました。

松竹梅の【竹(ちく)】と竹田宅の【宅(たく)】で"チックタク”。築100年の歴史がそのまま店名になったんですね!

店名を連想させるアンティークな時計は、ご友人からのプレゼントやオーナーがオークションなどで見つけたもので、30分ごとに優しい音を響かせます。あたたかみのあるその音に、自然と心が安らぎます。

そんな素敵なカフェでいただいたのは、オーナーこだわりの自家製ソースが活きる「自然たまごのオムライス」です。

「自然たまごのオムライス」1650円(税込)

自家製トマトソースのチキンライスにふんわりと優しいたまごがのり、その上には赤ワインとたっぷりの玉ねぎで煮込んだデミグラスソースがかかっています。魅力的なオムライスを前に気分が高まります。

三田高原の平飼いで育てられた「おもいやりたまご」を使用したたまごは、ふんわり優しい食感です。そしてそのたまごの下にあるチキンライスが、たまらなく美味しい!

「グラナパダーノチーズ」がトッピングされた部分は、より一層デミグラスソースの風味を引き立て、さらに旨味やコクが深まります。これはここでしか食べられない!

チックタクオリジナルブレンド珈琲が食事とセットでお得になるというのを見て、食後に珈琲をいただきました。

「チックタクオリジナルブレンド珈琲」638円(税込)※食事とセットで418円(税込)

神戸で有名な萩原珈琲さんから仕入れている珈琲豆は、チックタック用にブレンドされたもの。日頃コーヒーを飲み慣れない人でも飲みやすい、苦味や酸味を抑えた珈琲です。

「一人様でも気兼ねなく」というオーナーの想いが込められたカウンター席もあります。ハイキングや散策で疲れた時に立ち寄りたいですね。

15年前に一度止まってしまった店内奥のピンボールゲームは、奇跡的な出会いがあって今も現役。このピンボールが来店のきっかけになることもあるそうで、カフェにとって大切な存在です。

懐かしい雰囲気の中にも築100年とは思わせない美しさがある「茶房チックタク」。何度でも通いたくなる心地よい空間でした。またここで、優雅なカフェタイムを過ごしたいです。


場所
茶房チックタク
(神戸市北区有馬町820番地)

営業時間
10:30~16:00

定休日
火曜日

TEL
078-904-0512

【関連記事】

おすすめの記事