Yahoo! JAPAN

宮本亞門演出 オーストリア、日本の劇場を感動の渦に巻き込んだモーツァルトのオペラ『魔笛』待望の再演が決定

SPICE

2015年東京二期会オペラ劇場公演より

2021年9月8日(水)・9日(木)・11日(土)・12日(日)東京文化会館 大ホールにて、モーツァルト作曲のオペラ『魔笛』の上演が決定した。

このプロダクションは、演出家・宮本亞門の欧州オペラデビューとして、2013年オーストリア・リンツ州立劇場のシーズン・オープニングに世界初演された。プロジェクションマッピングの最新技術を駆使した、色彩豊かで躍動感あふれる『魔笛』のファンタジー世界は、「拍手が異様なほどいつまでも鳴りやまなかった」(クローネン新聞)、「『魔笛』の精神は価値ある姿で蘇った。宮本亞門とそのチームに特別な拍手を送りたい!」(ノイエス・フォルクス新聞)など、現地メディアからも高い評価を受け、ロングラン公演で連日満席を記録した。

宮本亞門

2015年の東京凱旋公演(東京二期会主催)でも連日の大入りとなり、特に若い世代からの支持が高く、東京公演の4日間では700名以上の学生の来場を記録するなど、これまでオペラ鑑賞に触れたことのなかった多くの人々から賞賛を贈られる公演となった。初演以来、再演を望む声の高かった本作が、ついに2021年9月に東京で実現する。

二期会は2022年に創立70周年を迎える。 当公演は、2021年から3年にわたって上演する二期会創立70周年記念公演』シリーズの一つであり、 2021-2022シーズンのオープニング演目でもある。
70年近くの二期会の歴史において、最も公演回数の多い作曲家がモーツァルトであり、中でも『魔笛』は今回で16回目。今回も、ザラストロ・妻屋秀和、タミーノ・金山京介、 パミーナ・嘉目真木子、夜の女王・高橋維、 パパゲーノ・萩原潤らプレミエキャストのほか、演出家からの信頼も厚い、東京二期会が誇る最高峰の歌手が集結している。

指揮にはリオネル・ブランギエ。1986年フランス生まれという若さで、すでにチューリヒ・トーンハレ管弦楽団の首席指揮者・音楽監督を歴任し、これまでに、ニューヨーク・フィル、ロサンゼルス・フィル、ロンドン交響楽団、ゲヴァントハウス管弦楽団ほかと共演してきた。欧米の一流オーケストラを席捲する新鋭が、この度、東京でオペラ・デビューを果たす。

リオネル・ブランギエ photo by Simon Pauly

オペラ『魔笛』は、主人公である王子タミーノと彼が心を寄せる娘パミーナが、高僧ザラストロから与えられた試練を乗り越え、愛を成就させるとともに、世界も平和に満たされていくという物語。今、世界が置かれている状況を考えると、コロナ禍にいる私たちは、まさに突然与えられた試練の前に立ちすくんでいるタミーノとパミーナであるかのようだ。

この度の再演に際して、宮本は「(『魔笛』にあらわれる試練とは)『最も恐ろしいものを見て、それでも二人で生きていくのか』という厳しい問いだと思う」と語り、タミーノがパミーナとともに試練を受ける決意をするところは「自分が最も愛する人とともに歩み、 愛を大切に生きていくということの宣言でもある」と語っている。


2015年東京二期会オペラ劇場公演より 撮影:三枝近志

2015年東京二期会オペラ劇場公演より 撮影:三枝近志

2015年東京二期会オペラ劇場公演より 撮影:三枝近志

2015年東京二期会オペラ劇場公演より 撮影:三枝近志

【関連記事】

おすすめの記事