Yahoo! JAPAN

兵庫「温楽ノ森」豪華テントでのグランピングと手ぶらで楽しめる食材付きBBQ。天然温泉「乙女の湯」も楽しめる!

おんせんニュース

写真:リバービューテント

豊岡市出石町にグランピングと天然温泉が楽しめる施設、温楽ノ森(おんがくのもり)が2020年7月にオープンしています!緑豊かな自然の中でのグランピングやBBQに温泉。アウトドアを満喫できそうです。

乙女の湯」は一度閉館してしまったのですが、温楽ノ森の温泉としてよみがえりました!地元の方には朗報ですね!!

豪華なテントで楽しむアウトドアレジャー

コロナ禍で注目を集めるアウトドアレジャーの中でも、テント設営でホテル並みのサービスが受けられるのがグランピングです。

大阪や神戸からは車で約3時間。温楽ノ森は日本最後のコウノトリの生息地として知られる豊岡市の緑豊かな自然の中に誕生しました。

約8600平方メートルの広大な敷地内でアクティブにレジャーを楽しんだり、自然に癒されながら静かな時間を過ごしたりと、それぞれの過ごし方で楽しめますよ。

設備やアメニティ、BBQの食材などすべて用意されているので、手ぶらでアウトドアライフを楽しめるので初心者も安心ですね。

写真:アウトドア初心者でも安心のグランピング

グランピングのテントは3種類から選べる!

温楽ノ森では、北欧の人気アウトドアブランド「ノルディスク」のテントでグランピングを楽しめます。

ノルディスクのコットンテントは大きく、ゆったりとした造りが特徴で、なおかつおしゃれなデザインがグランピングにぴったり。

定員大人3名、子供を含めると5名まで一つのテントに宿泊できます。テントの中には140cmのダブルベッドが2台。ゆっくりとふかふかの布団に寝られます。

アウトドアテーブルや椅子、テント内テーブル・スツールも用意されていて贅沢な時間を過ごせそう。電源コンセントは2口2か所にあります。

テント客室は次の3つから選べます。

●ビスタデッキテント

写真:ビスタデッキテント


高台のデッキにあり、よりインテリアにこだわったぜいたくなテント。テント内の写真がインスタ映えしそうですね。

●リバービューデッキテント

写真:リバービューデッキテント


川沿いに並んだテント。温泉棟から近く便利。夏にはもっとも涼しく過ごせます。

●チルアウトテント

写真:チルアウトテント


お手頃価格のテント。自然に囲まれたテントエリアに設置。

それぞれのテント内が暑くならないよう、置き型のスポットクーラーや送風機も用意されています。温楽ノ森のある豊岡市では夜間は夏でも平均気温24度になるため、快適に過ごせそうですね。

手ぶらで楽しめる食材付きのBBQが人気!

豪華なのはグランピングだけではありません。

手ぶらで楽しめるBBQでは、イタリアンのシェフが考案したメニューを堪能できます。但馬牛や但馬産の骨付き鶏もも肉、山陰の海鮮パエージャなど、地元食材をたっぷり使った食材付きプランが用意されているんです。

写真:地元食材を堪能できる豪華バーベキュー

ソムリエが選んだワインを飲みながら、楽しめるワンランク上のBBQは大人から子供まで満喫できそう。

食材王国但馬!手ぶらセットプラン」は1人5900円(税抜)。

食材を持ち込みすることもできますよ。車で5分のところにスーパーがあるので好きな食材でのBBQも楽しめます。

持ち込み BBQプラン」2000円(税抜)でグリル、炭、トング、紙皿、設備が利用できます。「持ち込み ドリンクプラン」1000円(税抜)では、クーラーボックス、保冷剤の提供可能です。

併設の天然温泉で疲れを癒せる

せっかくの豪華なグランピングでも、お風呂が遠く離れていると不便ですよね。

温楽ノ森では、天然温泉「乙女の湯」が併設されているので、温泉でゆっくり疲れを癒せます。

写真:人気の温泉、乙女の湯

2019年に閉館してしまった乙女の湯ですが、地元の人たちからの要望もあり、温楽ノ森の温泉としてよみがえりました。

広々とした大浴場、和庭園のようなしつらえの露天風呂でゆっくり過ごせます。泉質はとろりとした質感の美肌の湯です。昔ながらの脱衣ロッカーなどレトロな風情が残った温泉はほっとくつろげる空間。

日帰り入浴をすることもできますが、現在グランピングが大人気のため、宿泊客優先で入れないこともあるそうです。

そして今、人気の「テントサウナ」も体験できます。テントの中でストーブに薪を入れて温度を調整しながら楽しめるテントサウナ。

1回2名までの貸し切りで予約制となっています。乙女の湯の露天風呂のとなりに用意されているので、フィンランド生まれのテントサウナを体験してみてはいかがでしょうか。

歴史ある街、出石の観光やグルメも楽しめる

温楽ノ湯のある出石は、但馬の小京都とも呼ばれるほど、歴史的建造物が立ち並ぶ城下町です。

街を一望できる出石城跡、町のシンボルである時計台の辰鼓楼、古い木造家屋が並ぶ風情あふれる街並みなど、見どころがいっぱい。

写真:温楽ノ森から出石町の中心までは車で約5分

小皿に少しずつ盛り付けられた出石皿そばが人気グルメで、町には約50点もの蕎麦屋があります。お店ごとに味が違うため、食べ比べも楽しめますよ。

グランピングのあとは出石観光・そば巡りもぜひ楽しみたいですね。

※温楽ノ森の10月の予約状況は、土日は8割近く埋まっているそうですので早めの予約をおすすすめします!

(まとめ・文:mashiro、編集:Vermiliおん)

【関連記事】

おすすめの記事