Yahoo! JAPAN

釣り男子からの好感度もアップ? 女性が女性に教える『タイラバ』基本

TSURINEWS

タイラバでマダイをキャッチ(提供:塩塚ルミ/上天草市釣りライター)

女性筆者による女性読者のためのタイラバの基本をお届け。釣りトークに花を咲かせれば、釣り男子が喜ぶこと間違いなし!?

釣り男子の話は難解

釣り男子A:「この間デカイのきたのに、ラインブレイクしちゃってさー」
釣り男子B:「何ノットで組んでる?」
釣り男子A:「PE〇号とリーダー〇〇lbでFG」
釣り男子B:「俺はジギングの時はPRノットで組むようにしてる」

釣り男子のこんな会話、聞いたことありますか?釣りをしない女性がこのような会話を聞いても、正直理解不能。付き合い始めた彼が釣り好きで、よく釣りの話をされるけど、さっぱり意味が分からない。でも、分からない単語ひとつひとつを尋ねたら会話が弾まないだろうし……。

経験者でも難解

実際、子供のころから釣りをしてきた筆者でさえも、釣り用語をあまり知らずに釣りをしていたため、釣り用語満載の話を聞いても、よく意味が分からないままその場では何となくやり過ごし、あとで意味をネット検索するなんて時期もありました(笑)

せっかくなら釣り男子の話を理解したい!と思っている愛情深い女性の皆さん、会話を弾ませて、ちゃっかり釣り男子からのポイントアップも狙ってみてはいかがですか?今回は「タイラバ」のキホンを解説していきましょう。

タイラバの基本を知ろう(提供:塩塚ルミ/上天草市釣りライター)

大人気のタイラバ

軽めのタックル(道具)を使っていろいろな魚を釣ることができ、船釣りからスタートする初心者でも、手軽に楽しめる釣り方のひとつがタイラバです。釣果を求めるほど釣り人を考えさせる奥深さも人気の大きな理由でしょう。

タイラバの語源

そもそも、「タイラバ」って何?と疑問を抱く方もいらっしゃると思うので、語源を紹介します。何となく想像がつく方も多いと思いますが、”タイ”はマダイのことじゃない?そうです、マダイです。そして、”ラバ”はラバー(rubber)で、英語でゴムのこと。ラバーの付いた仕掛けでマダイを釣る。それが「タイラバ」です。

ラバーの付いた仕掛けでマダイを釣る(提供:塩塚ルミ/上天草市釣りライター)

タイラバの仕掛け

続けてタイラバの仕掛けについて解説していきます。

タイラバ仕掛け(提供:塩塚ルミ/上天草市釣りライター)

ヘッド

オモリの部分です。水深や潮の速さに合った重さを選びます。遊漁船に乗る場合は、事前に船長へ確認しておきましょう。形は丸型をベースに、アピール重視の角のある形もあります。カラーは、時期や天気、水深などによって効果的なカラーがありますが、定番のオレンジ、レッド系をメインに、まずはお好きなカラーでチャレンジするのもアリです!

ヘッド(提供:塩塚ルミ/上天草市釣りライター)

スカート

細いシリコンラバーが束になっていて、名前の通りスカートのようになっています。アピールするためのアイテムです。

ネクタイ

魚へアピールするのに大事なアイテムです。こちらも、ネクタイのような形をしていることから、名付けられています。ベーシックなストレートタイプや、波動を起こしてアピールするカーリー系のネクタイなど、形・長さ・カラーの違う物をいくつか持っておくといいです。

ネクタイ(提供:塩塚ルミ/上天草市釣りライター)

フック

長さの違う2本のハリス(釣りバリを結んでいるイト)にそれぞれハリが付いています。

フック(提供:塩塚ルミ/上天草市釣りライター)

初心者にはセット品も

タイラバは、パーツごとに自分好みのアイテムを選んでカスタムできる楽しみもある反面、初心者からすれば、どれを選べばいいのかよく分からないのに選択肢がありすぎて迷っちゃう……。そんな人には、ヘッド・ネクタイ・スカート・フックがセットになっている物、もしくはヘッド以外がセットになっている物がオススメ!ヘッドの重さだけはしっかり確認して、あとは、これ可愛い!これ釣れそう!と好みや直感を信じてみましょう(笑)

初心者にはセットがオススメ(提供:塩塚ルミ/上天草市釣りライター)

タイラバの釣り方

いよいよタイラバの釣り方を解説です。

底取り

底取りは、多くの釣りの基本です。一度ボトム(底)に仕掛けを沈め、ボトムを基準に魚を誘い、ある程度誘い上げたらまたボトムに落とすという流れを繰り返します。慣れないうちは、ボトムに着いたタイミングが分かりにくいので、ライン(イト)やティップ(サオ先)をよく見て感覚を覚えましょう。

底取り後はすぐに巻き始める

岩礁や瀬のあるような海底がゴツゴツしたポイントでは、仕掛けを底に落としたままだと、根掛かり(海底の岩や海藻などの障害物にハリが引っ掛かってしまう現象)して、仕掛けを海底に残したままイトが切れてしまうことに繋がります。

底取りしてすぐ巻き始めるのは、そんな根掛かりを回避する目的もありますが、魚が沈んでいく仕掛けを追っかけている時があり(フォール中)、その場合、着底後にすぐ巻き始めないと、これはエサじゃないと見切られてしまいます。

ボトムを意識する

ボトムは、魚がくるチャンスが多いため、集中して臨むべし!ボトムをしっかり取れる釣り人は、やはり釣果も伴っています。それに、大物ほどボトムにいるんだとか……。

アタリがきてもアワせない

タイラバの場合、コツン、コツン、とアタリが出始めた時に、ロッド(竿)を持ち上げてあおったり、慌ててイトを速く巻いちゃったりするとハリに掛からないので注意です。コツンとなったら、それまでと同じスピード、もしくは少し速度を落として一定に巻き続けることが重要なポイントです。ちなみに、ジギングやエギングなど、アワセを必要とする釣りをしてきた私は、タイラバを始めたころ、癖でついついアワせちゃってました(笑)

タイラバで狙える魚

タイラバはマダイを狙うだけの釣り方ではありません。どんな魚が釣れるのでしょう。

マダイ

「百魚の王」とも言われる、タイラバのメインターゲットです。綺麗な白身で、刺し身はもちろん、お祝い事でお馴染みの塩焼き、あら炊き、鯛めしなどの和食をはじめ、カルパッチョやアクアパッツァなど、洋食とも相性抜群です。

マダイ(提供:塩塚ルミ/上天草市釣りライター)

根魚

カサゴやアカハタ、キジハタなどの高級魚もタイラバで釣れます。ハタ系はあまりスーパーなどでは手に入らない珍しい魚です。根魚は、姿を隠しやすい岩礁帯にいるので、ボトムを集中的に狙ってみましょう。

根魚(提供:塩塚ルミ/上天草市釣りライター)

大型青物も

仕掛けを回収するために速く巻いていたらゴンっと大きなアタリが!青物の代表格「ブリ」が釣れちゃうことも。このように、巻くスピードや狙う層をかえることで、大型の青物などが釣れてしまうこともタイラバの魅力です。

青物(提供:塩塚ルミ/上天草市釣りライター)

女性や初心者にもオススメ

最後に、なぜ女性や初心者にタイラバをススメるのか。その理由は、まずはエサを使わずにすむということ。エサを触ることに抵抗があったり、エサを上手く付けられなかったりといった心配がありません。

また、タイラバはアクション不要のただ巻き(ただリールを巻くだけ)でマダイなどのおいしい魚が釣れるのも魅力のひとつです。タックル(ロッド、リール)も比較的軽く、アクション要らずで体力があまりない女性でも、きっと楽しめますよ♪

この記事を読んで、釣りを始めたくなった女性の皆さん、手軽に始められるタイラバにチャレンジして釣り男子との釣りトークに花を咲かせながら、魚も男子のハートもがっちりキャッチして下さいね。

女性にもお勧めの釣り(提供:塩塚ルミ/上天草市釣りライター)

<塩塚ルミ/上天草市釣りライター>

The post釣り男子からの好感度もアップ? 女性が女性に教える『タイラバ』基本first appeared onTSURINEWS.

【関連記事】

おすすめの記事