Yahoo! JAPAN

仕事も人生も満たす秘訣「ワークインライフ」の具体的な実践法

ウレぴあ総研

仕事場や働く時間を自由に選択しやすくなった近年では、「仕事」と「生活」を切り離す必要性が薄れてきました。

そんな中で注目を集めつつある「ワークインライフ」という考え方を知っていますか?

「ワークライフバランス」は聞いたことがあるけれど、「ワークインライフ」という言葉にはあまり聞き馴染みがない…という方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、近未来の新常識になるかもしれない「ワークインライフ」という考え方について詳しく解説します。

ワークインライフとは?

まずは、ワークインライフの概要について、ワークライフバランスとの違いについても確認しながら、詳しく見ていきましょう。

ワークインライフの意味

ワークインライフとは、簡単にいうと「人生や生活の中に仕事を溶け込ませる」という考え方を意味します。

長時間労働の慣習が根付いたかつての日本では、「仕事」と「生活」は対局の関係にあるとすることが一般的でした。

生活の主軸は仕事であり、人生における選択は仕事に支障がないものを選ぶ…という考えが常習化していたのです。

しかし、テレワークやフレックスタイム制度など、働き方が多様化してきた近年、「仕事」と「生活」は対局関係にはなく、「仕事(ワーク)は人生・生活(ライフ)の一部である」という考え方が広がりつつあります。

仕事を日々の生活に溶け込ませ、自身の理想の人生を実現できる働き方を選ぶ。これがワークインライフという考え方なのです。

ワークライフバランスとの違い

一見同じように思えるワークライフバランスとワークインライフですが、この2つは「仕事」と「生活」の関係性の捉え方が大きく異なります。

ワークライフバランスは、その名の通り仕事と生活のバランスを取ることを意味します。双方のバランスを整えることで、仕事と生活の充実度の向上を目指しているのです。

しかし、ワークライフバランスでは、仕事と生活はあくまでトレードオフの関係にあり、どちらかを優先させればどちらかが削られることになります。

一方のワークインライフは、仕事と生活を別のものとして捉えていません。ワークインライフでは、仕事は理想の人生を実現させるための要素であり、仕事と生活を調和させることを重要視しています。

仕事と生活が対極関係にあるか否か、これがワークライフバランスとワークインライフの端的な違いと言えます。

ワークインライフのメリット

ワークインライフを実現することで、私たちの生活に具体的にどのようなメリットがあるのでしょうか?代表的な2つのメリットについて説明します。

1. 仕事の生産性が上がる

ワークインライフを取り入れることで、仕事と生活を天秤にかけるストレスがなくなります。その結果、自ずと仕事へのモチベーションや満足度が高まり、日々の業務の生産性を向上させられるのです。

仕事の生産性が上がり、仕事へのやりがいを感じやすくなることは、最終的に人生の充実度を引き上げてくれます。

このような好循環を得られることは、ワークインライフの大きなメリットといえるでしょう。

2. 人生の幸福度(ウェルビーイング値)が上がる

私たちの多くは、日中の大半の時間を仕事に使っています。人生において大部分を占めるその時間の満足度が上がることは、人生の幸福度の向上に直結すると言えます。

人生の幸福度が上がれば自己肯定感も得やすくなり、日常のあらゆることを以前よりもポジティブに捉えられるようになるでしょう。

ワークインライフを実現することで、心がしっかりと満たされた状態になり、毎日を送りやすくなるのです。

ワークインライフを叶えるためのポイント

これまで説明したように、ワークインライフは人生を充実させる上で非常に大きな役割を担っています。しかし、いざ「ワークインライフを試してみよう」と思っても、具体的な方法があまり見えてきませんよね。

ワークインライフを実現させるためには、いくつかのポイントを押さえておく必要があります。そこで次は、ワークインライフを叶えるために重要な2つのポイントについて説明します。

1. 理想の人生をしっかりデザインする

ワークインライフを実現するには、そもそも自分自身がどんな人生を送りたいのか、事前に明確にしておく必要があります。

例えば「◯◯歳までは、子どもや家庭の時間を優先させたい」「◯◯歳までには独立して、毎月◯◯円稼ぎたい」など、人生の中で優先したいことや実現したい事項を、具体的にしっかりと思い描きましょう。

そうすることで、日々の生活の中で物事の優先順位がつけやすくなり、時間を無駄遣いせずにワークインライフを実現しやすくなります。

2. ワークインライフを実現できる仕事を選ぶ

ワークインライフを叶えるには、どんな仕事に身を置くかも非常に重要なポイントです。

これまでの日本企業に多く見られたような「決められた時間に決められた場所で業務をこなすことが必須」という働き方では、残念ながらワークインライフの実現は難しいでしょう。

自身の力を最大限に発揮しやすい環境というのは、個人ごとに異なることはもちろん、その日の体調やメンタルによっても左右されやすいものです。

そのため、ワークインライフを実現させるためには、柔軟性の高い下記のような働き方を選ぶことが大切です。

・テレワークやフレックス制度などの導入を積極的に行う企業に勤める
・独立して自由に働ける仕事に従事する

時間と場所にとらわれずに働ける環境が整った仕事に就くことで、自然とワークインライフを叶えやすくなるはずです。

「仕事は理想の人生を叶えるためのひとつの要素である」と考えることで、日々の充実度や幸福度がきっと高まるはずです。

ワークインライフを考え方の中枢に据えて、より“自分らしい人生”を送ってみてはいかがでしょうか?

(ウェルなわたし/杉井 亜希)

【関連記事】

おすすめの記事