Yahoo! JAPAN

あの人のキャラは「クソ野郎」!?シリーズ最新作『FARGO/ファーゴ:カンザスシティ』インタビュー映像到着

海外ドラマNAVI

海外ドラマNAVI

Amazon Prime Videoチャンネル「スターチャンネルEX -DRAMA &CLASSICS-」(以下「スターチャンネルEX」)では大人気ドラマの最新作『FARGO/ファーゴ:カンザスシティ』が1月29日(金)より日本独占配信となる。そのキャスト&スタッフが語るインタビュー映像が先行解禁となった。

インスピレーションを与えた映画『ファーゴ』のコーエン兄弟も製作総指揮として参加する本シリーズ。今シーズンは1950年のミズーリ州カンザスシティを舞台に、裏社会で対立する黒人犯罪組織とイタリア系マフィアの攻防を、本シリーズ特有のシニカルなユーモアと共にハードボイルドな雰囲気で描く犯罪ドラマとなっている。

この度到着した特別映像では、クリス・ロックをはじめとしたキャストに加え、クリエイターのほか、脚本・監督・製作総指揮も兼任するノア・ホーリーら"ファーゴ・ファミリー"が集結し、作品の魅力について語っている。


主人公のロイ・キャノンを演じるクリスは「僕が演じるロイ・キャノンという男は、アメリカンドリームはともかく、金が武器になると知っていた」と役柄について説明するとともに、「シリーズ最高の出来だ。壮大なスケールで描いている」と作品の出来に自信を見せる。ロイと敵対するイタリア系マフィアの長男を演じるジェイソン・シュワルツマンは、自身の役を「クソ野郎」とバッサリ。作品については「『FARGO/ファーゴ』の過去3シーズンすべてを足したスケールに等しい」と、クリスと同じく太鼓判を押す。

そして作品のカギを握るキャラクターを演じるベン・ウィショーは「ファーゴはアメリカ史を掘り下げる作品だ」と発言。建国以来、様々な人種や国家的なルーツを持つ人々の、生業、家族、故国への思い等が交錯してきたアメリカを描いている点を強調した。

毎シーズン異なるキャラクターと独立したストーリーで構成されたアンソロジー・シリーズは、この第4弾もブラックユーモアあふれる、安定の面白さのコーエン・ワールドが展開する。「他にも見どころはあるが言いたくない」とジェイソンが言う本作は、過去シーズンを見ていなくても楽しめるので、ぜひその見どころを直接確かめてみてほしい。

20世紀のアメリカ中西部ミズーリの町カンザスシティでは、移民の歴史とともに裏社会の実権を握る組織もユダヤ系、アイルランド系、イタリア系と変遷した。そしてかつてから対立する組織間の協定関係を証明するため、互いの息子を交換するという習わしがあった。1950年、ロイ・キャノン率いる黒人の犯罪組織が台頭すると、伝統に習い、先にこの地を牛耳っていたドナテロ・ファッダ率いるイタリア系マフィアと互いの息子を交換する。その矢先、ドナテロが大ケガを負い...。

■『FARGO/ファーゴ:カンザスシティ』配信情報
配信:Amazon Prime Videoチャンネル「スターチャンネルEX -DRAMA & CLASSICS-」
字幕版...1月29日(金)より毎週金曜一話ずつ更新(※第1話・第2話のみ1月29日同時配信)
※本作品のオンデマンド配信は<各エピソードにより、配信初日から27日間の期間限定>となります。ご注意ください。
※BS10スターチャンネルでは4月以降の放送予定です。

(海外ドラマNAVI)

Photo:

『FARGO/ファーゴ:カンザスシティ』
© 2021 Metro-Goldwyn-Mayer Studios Inc. FARGO (Year 4)
© 2021 MGM Television Entertainment Inc. and FX Productions LLC. Based on the film “FARGO” FARGO is a trademark of Orion Pictures Corporation. All Rights Reserved.

【関連記事】

おすすめの記事