Yahoo! JAPAN

551蓬莱が恵比寿に!?「羅家 東京豚饅」で創業者から継承された究極の豚まんを堪能

macaroni

551蓬莱が恵比寿に!?「羅家 東京豚饅」で創業者から継承された究極の豚まんを堪能

東京・恵比寿に豚饅専門店「羅家 東京豚饅」が誕生

2021年11月25日(木)、豚饅専門店「羅家 東京豚饅」が、東京・恵比寿に開店しました。これまで関西でしか展開してこなかった、豚饅の名店「551蓬莱」の味を東京でも楽しめるとしてSNSは騒然。オープン前から話題になっています。

macaroni 編集部もさっそく潜入。伝統の味を継承した豚饅の味をたしかめてきました。

大阪土産の定番「551蓬莱」の創業者の孫が監修した豚饅

「羅家 東京豚饅」は大阪土産の定番「551蓬莱」の創業者、羅 邦強氏の孫である、羅 直也氏が創業者の味を再現した豚饅専門店です。

手作りにこだわり、“できたてが命” というポリシーを受け継ぎ、創業者の味を再現した完全無添加の豚饅を販売。食べやすくてふっくらとした豚饅は、家庭はもちろん、差し入れやお土産にも最適です。

店内にはイートインスペースもあるので、テイクアウトだけではなくその場でも味わえますよ。まさに台湾の小さな飲食店を想起させる、風情のある看板が見事。

熟練の台湾人スタッフが毎日手包み

同店の豚饅はその道数十年、本場台湾出身の熟練スタッフの方々が毎日手で包みます。素早い手さばきで着々と包まれていく様子は圧巻。タイミングが合えば、店内のガラス越しにその姿を眺めることができますよ。

食べ比べ必至。「羅家 東京豚饅」のおすすめメニュー

メニューは「羅家 東京豚饅」と2種類の小さい豚饅。それから生地のみの「饅頭」、飲料類というラインアップです。小豚饅は単品ではなく、セットで購入することができるシステムのようですね。

もはや旨みの爆弾!看板メニュー「羅家 東京豚饅」

豚饅の具材は、厳選された質の高い豚肉と玉ねぎの2種類のみ!豚肉はことなる部位を3つ使用し、玉ねぎとバランスよく混ぜ合わせ、醤油や砂糖、塩などのシンプルな調味料で調味されています。

具材を包み込む皮は鮮度にこだわり、発酵のピークをコントロールすることで当日生産、当日販売が実現されているとのこと。玉ねぎザクザク。素朴なのにクセになる餡

豚饅を割ってみると、しっとりと艶めく肉の餡がお目見え。湯気とともにふわっと食欲をそそる香りが立ちこめます。具材と生地が分離せずに、しっかりとくっついている点にもこだわりを感じます。

豚肉の強い旨み、ザクザクとした玉ねぎの甘さ、皮のもっちり感、それらすべてが三位一体に。おいしいではなく「うまい!」と言いたくなる衝動に駆られます。さすがは「551蓬莱」の味が継承されているだけありますね。

海鮮の旨みが詰まった「XO蝦(えび)豚饅」

えびの食感と海鮮の旨みを最大限に生かした豚饅。ベーシックな豚饅の餡をベースに、通常の1/3サイズで作られた商品です。

餡には桜えびとむきえびの存在を確認、ほたての繊維もたっぷりと入っており、贅沢感がありますよ。その複雑な食感と味わいは、上質な中華料理を想わせます。

容赦ないパンチ力!やみつきになる「黒胡椒豚饅」

ひと口食べると驚き、「黒胡椒豚饅」の名に恥じないパンチ力です。ピリリと心地よい刺激が舌を刺激し、自分がみるみるうちにハマっていくのがわかりました……。

雑味のないスパイシーさを持つ黒胡椒は、豚の甘みと相性がよく、豚饅をさらなるおいしさへと昇華させます。余韻の残る口内に流し込む、台湾ビールがたまりません!

台湾のフレーバービールも提供

同店では定番の台湾ビールをはじめ、ライチやパイナップル風味のフレーバービールも提供されています。お持ち帰りはもちろん、店内のスタンディングスペースで豚饅をおつまみに飲むこともできますよ。

大阪でしか体験できなかった味を東京で

ついに東京でも楽しめるようになった「551蓬莱」の味。まだまだ豚饅の専門店は珍しいこともあり、これからさらに注目を集めていくに違いありません。お近くに寄った際は、ぜひ購入してみてくださいね。

店舗概要

恵比寿の新店情報はこちら▼

【関連記事】

おすすめの記事