Yahoo! JAPAN

青森の「民藝」に出会う【つがる工芸店(青森市)】

まるごと青森

青森の「民藝」に出会う【つがる工芸店(青森市)】

思想家の柳宗悦が、名も無き職人の手から生み出された日常の生活道具を「民藝(民衆的工藝)」と名付けたとされています。
今回は、青森県内の民藝品を中心に、全国各地の民藝品を取り扱うお店をご紹介します。

現代日本民窯地図

「つがる工芸店」は、柳宗悦の思想に共鳴、昭和17年に日本民芸協会青森支部を結成し、県内の民芸の研究や職人の育成に力を尽くした相馬貞三氏が、昭和24年弘前市の土手町に開店、その後昭和28年には、同市山道町に移転し、営業しておりました。現在は、娘婿の會田秀明さんと美喜さん(相馬貞三の娘)がお店を引き継ぎ、平成17年に青森市に新築移転し、営業しています。

店舗外観

創業者の相馬貞三氏は、棟方志功と交流があった(美喜さんの記憶では、志功さんはよく家に来ていて、貞三さんととても仲が良かったそうです)ことから、現在も使われているお店の包装紙は、棟方志功のデザインとなっています。

棟方志功デザインの包装紙

お店の1階と2階には、職人の手仕事により作られた、美しく、使いやすくて、かわいい、そしてどこか懐かしい、民藝品があちらこちらにあり、全部欲しくなってしまいました。

店内の様子(1階)

店内の様子(2階)

ここからは、つがる工藝店で取り扱っている青森の民藝品の一部をご紹介します。

ウメノハナ・クルミなどの多彩な幾何学紋様が美しい「南部菱刺し」

菱刺しのセンター

「津軽の馬鹿塗り」の異名をもつほど手間と時間をかけて丁寧につくられる逸品「津軽塗」

津軽塗のお箸

素朴で温かみがある鳩笛が優しい音色を奏でる「下川原焼土人形」

下川原焼土人形

津軽の風土を表すような素朴ながらも独特な味わいがある「津軽焼」

津軽焼の器

勇壮な武者が舞う津軽の伝統的な凧「津軽凧」

津軽凧

丹念に編み込まれ、丈夫で使うほどになじむ「あけび蔓細工」

あけび蔓細工のかご

男性が女性のために、材料や襟の模様を吟味して製作した「伊達げら」

伊達げら

厳しい北国の自然の中で生きてきた女性の知恵の産物「こぎん刺し」

こぎん刺しのかばん

つがる工藝店が北洋硝子と協力して製作した日常使いのガラス器「津軽ガラス」

津軽ガラスのアイスクリーム皿

すっかり民藝品のとりこになってしまい、時間が経つのも忘れて見入ってしまいました。
なお、會田さん夫妻は高齢のため、基本的に1月から3月までは冬季休業(お電話で営業について、お問い合わせをお願いします。)4月から12月までは、月6日だけの営業となりますので、お店に行く際は、お電話(つがる工芸店(電話)017-743-7009)により事前に営業を確認していくことをおすすめします。

みなさんもお気に入りの民藝品を探しに行きませんか。

by R279

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. ダークチョコレートの最高峰『カカオ100%』新登場 アミュプラザ小倉「リンツ」

    北九州ノコト
  2. ひろゆき、旧統一教会との関わり否定した高市大臣に自論「嘘ついてるのか、調査能力のあるスタッフが1人もいないのか、どっち?」

    New's Vision
  3. 【紹介】酷暑と都会の喧騒から逃れる、緑に囲まれた「東京からアクセス抜群のAirbnbリスティング6選」

    ソトコトオンライン
  4. 韓国ドラマ「覚えて楽しい韓国語」ランキング

    ランキングー!
  5. <男尊女卑:共働き同居ヨメ>夫は下戸。嫁だけ晩酌「不機嫌アピールで威嚇する義母」【まんが】

    ママスタセレクト
  6. 【取手市】障害者と共生する社会を目指して「あいサポート運動」スタート

    ちいき新聞
  7. 「博多駅で朝食ならココ!」明太子・高菜・ご飯・味噌汁《ぜ〜んぶ食べ放題で580円〜》

    UMAGA
  8. 堀田真由、ゼクシィCMに大河ドラマと活躍も「全くバレなくて」

    ナリナリドットコム
  9. 橋本環奈、声バレ多く「笑った瞬間にザワッてなる」

    ナリナリドットコム
  10. 全国巡回中のノラネコぐんだん展、広島県の筆の町・熊野で開催!8月6日(土)~9月25日(日)

    ソトコトオンライン