Yahoo! JAPAN

高橋凛[インタビュー]VR作品でさらけ出した自然体のグラマラスボディ「まさに現実の私に近いと思います」

Pop’n’Roll

高橋凛[インタビュー]VR作品でさらけ出した自然体のグラマラスボディ「まさに現実の私に近いと思います」

透明感ある愛らしいルックスと美しいプロポーションで人気を集めるグラビアアイドル、高橋凛。今回、PICMO VRの見放題サービスに追加された『高橋凛が家政婦だから調子に乗って水着姿で身体を洗ってもらっちゃう、そんな世界。』、『高橋凛は同棲中の彼氏に毎日ビキニ姿を見せたりするらしい、そういう世界。』(制作:FANTASTICA)には、女優としても活動する彼女の魅力が凝縮されている。自然体で撮影できたというVR作品の内容や制作過程について、また30歳という節目を迎えた現在、そしてこれからについて語ってもらった。

取材・文:山本奈緒
撮影:曽我美芽

“わ、裸だ!”ってなりました(笑)

――高橋さんは、以前もVR作品に出演したことがあるんですよね?

高橋:
改名前に1度出演させてもらったことがあって、今回で2回目です。

――今回、オファーされた時はどう思いましたか?

高橋:
以前に出たのがもう4、5年前なので、今のVRはどうなってるんだろうっていう単純な好奇心と楽しみでいっぱいでしたね。

――映像の技術などはかなり進化していますよね。

高橋:
撮ったものをチェックさせていただいた時に、映像も音もすごくリアルで、私自身が本当に身近に、真正面にいるんじゃないかと思ったぐらいでした。改めて新鮮な気持ちで撮影に臨むことができましたね。

――作品のストーリーは高橋さんも一緒に考えられたんでしょうか?

高橋:
はい。打ち合わせで、今までどういう作品をやったことがあるのかをスタッフさんとお話しさせてもらって、やったことがない設定に決めていただきました。1つは家政婦さんで、もう1つは同棲中っていう設定です。自然体でいいよっていうことだったので。両方とも素の自分に近い感じで、セリフなども全部自由に話しています。

――セリフを考えるのは大変だったりしませんでしたか?

高橋:
でも、好意を寄せているご主人様とか、同棲中の彼氏とか、自分の中で妄想できたので(笑)、決められたセリフを話すよりもやりやすかったですね。

――VRはカット割りがなく1回で長い尺を撮るそうですが、それには戸惑いもなく?

高橋:
最初はミスしちゃいけないと緊張したんですけど、そこで起きたハプニングもちょっと笑えちゃうぐらい、楽しい作品にできたかなと。本当に楽しかったですね。その楽しさが勝っちゃって、カメラに向かって好きなように動いて話しかけることができました。

――作品ごとにお聞きしたいんですけれど、まず1つ目が『高橋凛が家政婦だから調子に乗って水着姿で身体を洗ってもらっちゃう、そんな世界。』。これはタイトルどおり、家政婦になるという面白い設定ですね。

高橋:
家政婦になって、例えば身体を洗ってあげるとかご飯を食べさせてあげるというのは大きな流れとして決めてあったんですけど、その洗い方だったり食べさせ方だったりは、指示なしで自分が思うようにやっているんです。

――ご主人様は怪我しているんですよね?

高橋:
はい。エアコンを直そうとして乗っていた台から落ちて骨折しちゃうんです。それで動けないから、私が全部周りのことをやってあげるっていう、ちょっと面白い理由から始まって(笑)。なかなかないシチュエーションなんですけど、私もプライベートだと尽くしてもらいたいと思いますし、気分屋なので逆に尽くしてあげたいと思うこともあるから、どっちの視点もわかって。自分がもしご主人様だったらこういうことをしてもらいたいっていうのを妄想して、それを忠実に再現したというか。こんなことを考えてるんだと思われると本当に恥ずかしいんですけど(笑)、そういうところもリアルに観てもらえるのかなと思います。

――衣装がメイドっぽいですよね?

高橋:
ちょっとセクシーなメイドの衣装を着ています。あとお風呂のシーンでチューブの黒い水着を着てるんですけど、自前で持ってきたものなんです。“これがいいんじゃないかな?”ってスタッフさんに提案したんですが、すごくいい画が撮れて。体を洗っている時に一瞬私が裸に見えるシーンがあるんですよ。ぜひその部分を探してもらって観てもらえたら嬉しいですね。肌もツヤツヤで綺麗に撮れているので。シャワーの音も鮮明に聴こえてきます。

――衣装はご自身で決められた?

高橋:
今回出てくる衣装は、スタッフさんがズラっと並べてくださったものの中から、好きに選ばせてもらったんです。同じ形とか色にならないように選びました。ただ、お風呂のシーンだけは、もう絶対これしかない!って。肩の紐がないチューブ型の方がよりいいと思って、これどうですか?って持ってきました。肩が素肌の方が、裸だ!ってなるので。狙い通りちゃんと撮れてたので良かったです。

――裸かも?ってなるのはドキドキしますね。

高橋:
私も取材の前に改めてもう1回観たんですけど、“わ、裸だ!”ってなりました(笑)。ドキドキしちゃうと思います。

――もう1つの『高橋凛は同棲中の彼氏に毎日ビキニ姿を見せたりするらしい、そういう世界。』は、同棲中の彼氏に水着姿を見せるというコンセプトですよね。

高橋:
これは、私が彼女だって本当に思ってもらえるよう身近な感じを意識してやらせてもらいました。大好きな彼氏に早く会いたすぎて、“レースクイーンの衣装の上にパーカーを羽織って帰ってきちゃった!”っていう設定で。本当に会いたい!っていう心理を表現しました。翌日はポリスの衣装というコスプレ風になってます。

――レースクイーンとポリスをセレクトした理由は?

高橋:
普段あんまりコスプレはやらないんですけど、その中でもどんなコスプレをしたことがあるかをスタッフさんにお話しして。レースクイーンとポリスはやったことがなかったので、これにしましょうっていうことになりました。なので、普段観られないコスプレ姿が楽しめるのと、さらなる見どころを自発的に話しちゃうんですけど(笑)。3パターン目のシーンで、ベッドの上で彼氏にマッサージをして、一緒にチュッパチャップスを舐めてキスするっていうのがあるんです。VRでキスシーンをやられてる方は多いんですけど、私はチュッパチャップスを舐めた後すぐにキスをしていて。その甘さが伝わってくるくらいリアルな感じで観てもらえると思います。ここは推しポイントです! チュッパチャップスを舐めている音も間近に聴こえるので、咀嚼音とはまたちょっと違うかもしれないんですけど、そこもリアルなんじゃないかなと。

――そういった音の演出にもこだわっているんですね。そのベッドの上の衣装もセクシーですね。

高橋:
最近、ネグリジェじゃないんですけど、キャミソールみたいなのを着て過ごしているんですよ。いつ自撮りしてもいいようなものを着てるので、まさに現実の私に近いと思います。

――いろんな意味でリアルなんですね。

高橋:
撮影は夏場だったんですけど、『高橋凛が家政婦だから調子に乗って〜』の方は、お風呂もそうですし、家政婦としていろいろ動くので、けっこう汗をかいているんですね。その汗を拭くことをしていないので、それもリアルに観てもらえると思います。

――撮影中のハプニングなどはありましたか?

高橋:
『高橋凛は同棲中の彼氏に〜』で、ポリスの衣装を脱ぐ時に、ボタンが引っかかってなかなか脱げなくって(笑)。VR って一気に撮っちゃうのでミスできないっていうのがあるから、本当に焦っています。DVDだとそういうシーンはカットされちゃうんですけど、今回は“ちょっと恥ずかしい”っていう照れ笑いも観れちゃいます。おっちょこちょいなんですけど、そんなハプニングもまたいい感じに転んだので、和んで観てもらえたらいいですね。

高橋凛

目標は“歳を取らないこと”ですね

――高橋さんの素敵なプロポーションは今回のVRでも堪能できますが、体型維持で普段気にしていることはありますか?

高橋:
最近は自粛期間があって、毎日の楽しみが食べることになっちゃってたので(笑)。このままだと私の性格上、絶対自粛明けに大変なことになると思って筋トレを始めました。それを毎日継続しているのと、ボディクリームをこまめに塗ったりとか、より一層気をつけてます。

――筋トレはどういうことをやってるんですか?

高橋:
プランクっていう体幹を鍛えるトレーニングと、スクワットを200回やってます。

――200回!? それはすごい!

高橋:
“あーっ!”って言いながらやってるんですけど(笑)。あとは腕立てもやってますね。

――裏側にはストイックな努力があるんですね。あと個人的に気になったこととして、高橋さんのTwitterのヘッダー写真が猫のチンチラですよね? 

高橋:
そうです!

――私も昔、チンチラを飼っていたので勝手に盛り上がって、大福ちゃん(高橋の飼い猫)のInstagramもチェックさせてもらいました。

高橋:
専用のインスタを作っちゃったんです。毎日たくさん写真を撮っちゃうから、自分のインスタと分けようと思って。すごく可愛くて……溺愛してるんです。ムクムクしててお日様の匂いがするから、よく顔を押し当ててます(笑)。

――気持ちわかります! 長毛種は手入れが大変ですけど、ムクムク感が堪らないですよね。

高橋:
そうなんですよ~。猫トーク、盛り上がりますよね! 猫は神様です(笑)。

――それから、YouTubeチャンネルも始められたんですよね?

高橋:
自粛期間が始まったくらいに開設したんですけど、編集も全部自分でやっていて。新たな趣味を見つけた感じで、楽しくマイペースにやらせてもらってます。

――編集までご自身でやってるんですね。

高橋:
はい、映像自体の編集もそうですし、字幕をつけたり、落書きしたりとか、全部やってます。まだまだ納得いかないので、これからいろいろ工夫をしてやっていきたいですね。

――今後、挑戦してみたい分野はありますか?

高橋:
お化粧が大好きなので、それ関係の動画はどんどんやってみたいですね。あとカラーコーディネーター、色彩系は興味があるので勉強できたらなって。ファンの方はもちろんですが、いろんな人に楽しんで観てもらえるようにしたいなと思っています。

――昨年は事務所を移籍し改名をして、今年は30歳を迎えるという、高橋さんにとって今はターニングポイントの時期なのかなと思うんですが、これからの目標は?

高橋:
目標は“歳を取らないこと”ですね。芸能の世界って綺麗な方がたくさんいらっしゃって、みなさん美しく歳を重ねられている。私もそういう風に年を重ねて仕事を充実させたいなって。男性にも女性にも好いてもらえるようなタレントさんになりたいですね。

――この先の予定は?

高橋:
今、『奈落の花』という主演映画を撮影していて、9月26日にメイキング上映会があります。10月18日には映画『10LDK』の上映イベント、10月30日から11月1日は舞台『だめんず・ウォーカー』に出演させてもらいます。

――お忙しいですね。

高橋:
ちょっとバタバタしちゃうんですよね、この前まですごく暇だったのに(笑)。でもお芝居も大好きなので嬉しいです。

――今後もいろんな分野で挑戦していくという感じでしょうか?

高橋:
そうですね。いろいろ挑戦して、周りの人たちから使って良かった、好きになって良かったって思ってもらえるような、満足度100%のタレントになりたいです。

――最後に、今回のVR作品についてメッセージをいただけますでしょうか。

高橋:
みなさんとの距離感を意識して、表情や動き、セリフを工夫してみたので、ぜひ私を身近に感じていただきたいです。VR はいろんな部分が観えるんですけど、PICMO VRは見放題サービスで、さらに最初は14日間無料なので、1回目は顔中心、2回目は胸中心とか、視点を変えて観てもらうのもすごく楽しいと思います。何回でもたくさん観てください!

高橋凛

作品情報

『高橋凛が家政婦だから調子に乗って水着姿で身体を洗ってもらっちゃう、そんな世界。』

今にもこぼれ落ちそうなHカップグラビアアイドル高橋凛ちゃん出演VR第2弾! 家政婦となった凛ちゃんが怪我をして動けない僕のために、歯磨きやマッサージなど献身的にお世話してくれる。Hカップが大胆に露出したビキニ姿で僕の身体を洗ってくれた後は、グラビアが見たい僕のために凛ちゃんがグラビアポージングの実演。ご主人様気分で味わえる凛ちゃんの献身的なご奉仕と豊満ボディをお愉しみください。

【配信情報】
配信日:PICMO VRで見放題配信中
収録時間:30分
メーカー:ファンタスティカ
コンテンツタイプ:3D/音声:バイノーラル録音作品

『高橋凛は同棲中の彼氏に毎日ビキニ姿を見せたりするらしい、そういう世界』

今にもこぼれ落ちそうなHカップグラビアアイドル・高橋凛と同棲中しているシチュエーション。彼氏が大好きだから仕事が終わればすぐに帰ってきて、その日のグラビア衣裳を目の前で披露してくれる。柔らかバストを惜しげもなく超接近させる。オフの日は彼氏と一緒にゴロゴロ。マッサージしてくれる優しさと、キュートな笑顔に癒される。

【配信情報】
配信日:PICMO VRで見放題配信中
収録時間:30分
メーカー:ファンタスティカ
コンテンツタイプ:3D/音声:バイノーラル録音作品

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 飼い主に『お帰りのチュウ』をせがまれ首をグイン…。反らしてまで拒否ったゴールデンがあからさま過ぎ、泣きそう【動画】

    Retriever Life
  2. 今さら聞けないアジングのキホン:誘い方とジグヘッド形状の関係とは

    TSURINEWS
  3. 洗濯直後の靴下を人質に、めっちゃ悪い顔で誘ってくる柴犬。もちろんこのまま『靴下綱引き大会』開催へ。【動画】

    柴犬ライフ
  4. (ママ…!)外に出た飼い主を追いかけ、フェンス越しに見送るダックス。後ろ姿が切なすぎて見ていられない【動画】

    ダックスフンドライフ
  5. 【セリア】いっきに外せる「ピンチハンガー」めっちゃ便利。物干し革命では?

    東京バーゲンマニア
  6. 2298gで産まれた赤ちゃんを見た実母が「このままずっと小さく育つかもよ」と一言。心配するべき?

    ママスタセレクト
  7. 【専門医監修】 他人事じゃないから知っておきたい 「乳がん」との向き合い方

    ミキハウス 出産準備サイト
  8. 2019年の神回から1年…「M-1グランプリ2020」決勝放送日が12月20日に決定!

    おたくま経済新聞
  9. 約40年間、変わらぬ味と雰囲気。赤羽の『純喫茶 デア』でよき時間を愉しむ

    さんたつ by 散歩の達人
  10. 旬を迎えた秋の『戻りガツオ』 そもそもどこから「戻ってくる」の?

    TSURINEWS